ケーナインヒルズについて

トップページケーナインヒルズについてケーナインヒルズ誕生までお世話になった人たち

ケーナインヒルズ誕生までお世話になった人たち

ロゴマーク X氏(娘の友人)

ロゴ

どんなロゴマークにしようかと頭を悩ませていた時、娘に話すと、「なんで私に言ってくれなかったの?私にはデザイナーの友達が5~6人いるよ。その中でいちばんいい人に頼んでみるよ。でもその人は忙しいから、なかなか作ってくれないと思うけど。」
仕事の合間に作ってくれたので、2か月かかりましたが、出来上がったものを見てびっくり!「コロ(みっくを育てた犬)とみっく(CANINE HILLS の看板ネコ<2009年11月4日虹の橋を渡りました>)みたい!」
みっくは寒い日はコロのおなかの中にすっぽり入り、暖かい日にはコロの背中に乗って日向ぼっこをしていました。コロが亡くなった時も、みっくはコロの上に乗っていました。
「マウンテン・バ-ニーズとロシアン・ブルーの組み合わせで」とお願いしてはいましたが、出来上がったものは、まさにコロとみっくでした。
一度見たら忘れられないかわいいロゴマークです。とても気に入っています。
X氏は今では海外の会社のロゴマークも作っている、才能豊かな人です。

CANINE HILLSイメージ曲作成 Y氏(娘の友人)

♪『 CANINE HILLS 』SOUND

プロの作曲家。
なかなかのイケメンです。
テレビCM, 歌手の歌う曲の作曲など、たいていの人は聞いたことがあると思うのですが、名前は秘密です。
タダで作ってもらったので、音楽事務所に知られると困るからだそうです。
娘が西葉山のイメージを言うと、すぐにピアノを弾きながら、わずか30分で作ってくれ、CDに焼き付けてくれました。
CANINE HILLSの情景がよく表れている、心落ち着く、いい曲です。
左の▶ボタンを押すと再生できますので聞いてみてくださいね。
トップページ右上部の ♪『 CANINE HILLS 』SOUND からもお聞きいただけます。

もん(紋次郎)【看板犬になれなかった番犬】

※もんは2012年7月30日、16歳7カ月でしあわせに虹の橋を渡りました。

もん

もん

【プロフィール】 1996年2月に廃車置き場で拾った犬 (たぶん)山羊座
【もんより一言】 看板犬にはなれなかったけど、セキュリティのお仕事はきちんとできたよ。

茨城にいた時めいさんが村の予防注射で村内を回っていた時に、廃車置き場で見つけた子。
目は黄土色で目つきは鋭く、恐そうな顔をしていた。
近くに小学校があり、廃車置場の前の道は通学路だったため、大きくなって子どもたちを咬むといけないので連れて帰ることに決めた。
フードを持って行き、廃車の前に置いたが、おなかが空いているのに人の気配がすると出て来ようとはしない。私たちが姿を隠すと出てきて、あたりを見回し、誰もいないとわかるとすごい勢いでフード食べ、食べ終わるとすぐに中に引っ込んで姿を消してしまう。
3日目に『長岡の味噌饅頭』をやると、何回目かに手の平に乗せたものを食べたので、すかさず引っ張り出し、家に連れて帰った。
そのころ、家にはみっくを育てたオス犬のコロ、ネコのみっく、オスの白色レグホンの白ピヨがいた。友達ができて「もん」は大喜び。早速はしゃぎ回って遊んでいた。
2月の寒い木枯らしの吹く日にうちにやってきたので、『木枯らし紋次郎』から名前を取って、「中村紋次郎」と命名。通称「もん」。ときに「もんもん」「もんち」とも呼ばれていた。悪いことをした時や、なかなか言うことを聞かない時は「ばかもん」。(2009年にヤマカカシをやっつけてからは「マングース紋次郎」とも呼ばれるようになった。)
当時、村内では泥棒が出没して、街道筋はだいぶ被害を受け、犬を飼っていた村長宅も狙われ、中には300万円盗まれた家もあったという。それで「もん」は番犬として飼われるようになった。
15歳になるまで落ち着きのない子だったが、誰とでもお友達になりたがる、甘えん坊の、愛すべき存在だった。お客様のワンちゃんに鼻っ面を咬まれても、滴り落ちる血をなめながら尻尾を振っていた姿は忘れられない。
(どういうわけか、もんは90%以上のワンちゃんから嫌われる存在でもあった)

みっく(みっくむーん・にゃあにゃ)【初代看板ネコ】

※みっくは2009年11月4日、21歳5カ月でしあわせに虹の橋を渡りました。

みっく

みっく

【プロフィール】 1988年6月に迷い込んできたネコ (たぶん)ふたご座
(後にみっくは隣町の議員さんのところのネコと判明)

バイト君が拾ってきた雑種の犬、コロに育てられた。
みっくは自分はコロと同じ、「犬」だと思っていたので、6年間外で鎖につながれ、コロと一緒に暮らしていた。
寒い日はコロのおなかの中にすっぽり入って頭だけを出し、暖かい日はコロの背中に乗って日向ぼっこ。
コロと始終一緒にいたので、「オスワリ」「オテ」「チン」もできるネコになった。
コロのおかげでワンちゃんは好きだが、ネコちゃんはきらい。
背中に「スヌーピ-」の柄のある愛嬌たっぷりの初代看板ネコ。
亡くなった「もん」を育てたネコである。

PAGE TOPへ