CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

花びらの道

公開日:2014/05/21

IMG_8566

県道7号線の「赤うし亭」から山道をずっとずっと上って行くと、ケーナインヒルズに辿り着きます。
途中に桜並木があって、昨夜の雨で花びらがほとんど散って、道がピンク色に染まっていました。
花びらの絨毯の上を車の通った跡が残り、ちょっと残念。
もう少し出掛けるのが早かったら、タイヤ痕のない写真が撮れたのに。

 

IMG_8575

ケーナインヒルズの前の桜はまだ散らずにへばりついているものもありますが、葉っぱが目立ってきて、桜の時期はもう終わりになってきました。
でも残っている桜もきれいです。

きれいだなあ、といい気分になって家の中に入ると、ここは現実の世界です。
「めいさん、トイレ?」
「うん。」
「ぶぶち?」
(うちではめいさんのウンチは特別 『ぶぶち』 と言います)
「うん。」
「うわっ、きちゃな(汚い)。くっさいんだから~。」
「アンタのは臭くないのかよ。」
「うん、私のは麗しいバラの香り。」
「うそつけ!」
こういう会話を毎日しています。
バカみたいでしょ?
(バカですが)

五月晴れ

公開日:2014/05/19

五月晴れの爽やかな1日でした。
猪苗代湖もきれいに見えます。

こんな日はご飯を食べたりお茶を飲んだりするのも猪苗代湖を見ながらがいいのか、外で風を感じながらがいいのか迷います。
 結局は美しく見える猪苗代湖を見ながら、ダイニングで食事とお茶にしました。

 

IMG_8558

ダイニングから東を見ると、西葉山の森が見えます。

 

IMG_8555

南を見ると、猪苗代湖が見えます。
うっとり見とれるいい眺めでした。

業者の人たちが来ると、いい夢を見ているところをたたき起こされるみたいでがっかりです。
はぁ~。

風と雨

公開日:2014/05/17

IMG_8533

昨夜は風が強く、夜中に目が覚めました。
雨も降っていたようです。
この風と雨で、桜の花はだいぶ散ってしまいました。
駐車場にはまんべんなく桜の花びらが雨に濡れています。

 

IMG_8534

まだ残っている桜もありますが、葉も目立ちます。
(これは葉っぱが先に出るタイプです)

 

IMG_8539

残っている桜はまだ見られますよ。
ほら、こんなにきれいです。

今日は朝から肌寒く、上に何か羽織っていなければならないほどでした。
夕方3時前の館内の気温は16℃、外気温はたった7℃でした。
これじゃあ寒いわけですよね。

 

IMG_8554

雨のおかげで、森の緑は一層鮮やかになりました。
1か月前とは大違いです。

これからは緑がさらに濃くなり、はみ出すほどの緑の衣装を身にまとうようになります。
6月は森が一番美しく映える季節です。

6月というと「梅雨」のイメージが濃くて、猪苗代まで足を運びたくないと誰しも思うでしょ?
ところがどっこい!
6月の猪苗代は雨が少ない。
6月の中旬まではほとんどと言っていいくらい雨は降りません。

しかも東京が雨なら猪苗代も「梅雨」だと思われているらしく、観光客の数が少ない。
だからどこに行っても比較的空いていてスムーズに観光できるのです。

ユーモレスクの「燃え立つ若葉の5月の庭はエメラルドに映えて・・・」という歌詞は、西葉山では6月がぴったり。
6月の花嫁もここなら雨に濡れなくてよさそうです。

フーマの陣地

公開日:2014/05/16

IMG_8301

ケージ(私たちは座敷牢と読んでいます)のそばに薄い布団を敷いたところはフーマの陣地です。
フーマは昼、ここで寝たり、遊んだり、私たちをながめています。
(とにかく寝るのが大好きで寝てばかりいます)

ところがフーマったら、私たちが部屋にいなくなるとめいさんの万年床にやって来て、ちゃっかり寝ていることがあるのですよ。

先日はめいさんの枕で寝ていました。
「なっちん、なっちん、見てごらん。フーマがオレの枕をして寝ているよ。」
見てみると気持ちよさそうに寝ています。
このまま寝させてやりたいのですが、もちろんめいさんから叱られて自分の陣地に戻ります。

私はフーマが何をしてもかわいくて仕方がありません。
私がフーマを叱ることは全くないので、私にはストレスがなく、孫を猫かわいがりするおばあさんのような感じです。

小さな発見

公開日:2014/05/14

毎日が同じこと送り返しで、これといって特別なことは起こらない平凡な日々ですが、この「日常」が歳を取るにつれ、とても大切なもののように思えてなりません。
いつもと同じで変化のない生活はつまらないものと思いがちですが、変化がない生活だからこそ、ちょっとの変化が目に留まるのです。

 

IMG_8511

昨日まで蕾だったワイルドストロベリーの花が今日、あちこちに咲き始めました。
ケーナインヒルズのワイルドストロベリーはかたまって咲かず、あっちこっちに点々と咲いています。
昨日まではみんな蕾だったのですよ。
それがたった1日で、一斉に咲き始めたのです。
歳を取ると、こんな些細なことが楽しみになって来るのですよ。

 

IMG_8519

昨日まで蕾だったものが今日咲いたのはワイルドストロベリーだけではありません。
裏庭のヤマツツジも昨日までは蕾だったのに、これもたった1日でこんなに咲きました。

 

IMG_8528

裏庭と言えば、ワラビです。
わりとかたまって生えているので摘みやすく、採るのも楽しみです。
これからは毎日、ワラビばかり食べる日が続きます。
ケーナインヒルズの裏庭のワラビは太くて柔らかくて、みそ汁やお浸し、煮物などとてもおいしくいただけます。

 

nobiru

青物がちょっとだけ欲しい時に重宝なのがこのノビル。
冷奴や納豆にもちょこっと乗せます。
私は今晩のおかずとしてノビルと白菜、人参、キャベツや玉ねぎ、それに(冷凍庫の中の整理をしたので)イカと海老も一緒に炒めて八宝菜風にしました。
松葉のようなノビルが彩りよく、おいしそうに見えました。
(実際においしかったらしく、めいさんはとろみのこびり付いたお皿をなめ回していました)

 

IMG_8517

IMG_8516

森の緑が増してきました。
緑色の見事なハーモニーです。


毎日少しずつ変化していく辺りの景色を眺めながらの暮らしは、贅沢そのものです。
自然は心を豊かにしてくれます。
貧乏な田舎生活を満ち足りた思いにしてくれるのは、やっぱり自然なのですね。
(でもお金があればもっと楽しいのですが・・・貧乏はつらいですから)

変化のない日常も、ちょっとしたことの発見で楽しくなります。
私はその「ちょっとしたこと」を見つけるのが上手なようです。

PAGE TOPへ