CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

10℃の爽やかさ

公開日:2015/10/05

朝ゴミを出しに行くと、このままずっとお外にいたくなるほど爽やかでした。
温度計を見てみると10℃。
10℃とはこれほど気持ちいい温度だったのかと改めて思いました。
だって普通なら10℃は寒いです。
1枚しか着ていなかったのにこの気持ちのいいこと。

手摺りを触ってみるとそこはやはり10℃の世界。
冷たく感じました。
でも手が熱かったのでこの手摺りさえ気持ちよく、しっかり冷やすことができました。

めいさんにそのことを話すと、
「肉だのサザエだの食べて、エネルギーがあり余っているんだね。えぇこと。」
と、自分が食べることができなかったので皮肉っぽく言われました。
(めいさんは昔から食べることにいかけては人一倍執念深いです)

 

PS: 例年より1週間早く猪苗代湖に白鳥がやって来ました。

バーベキューパーティー

公開日:2015/10/04

IMG_4448

お天気に恵まれた今日、東京雪谷の友達のおうちでバーベキューをしました。
集まったのは昔一緒に染付をしていた仲間5人です。
H邸は閑静な住宅地にあり、おうちは広くきれいで、テラス部分はゆったりしていて、お外でバーベキューをするのには絶好の場所でした。

炭火で牛肉(とろけるほど柔らかかった)はもちろん、イカやシシャモ、サザエまで焼いて、スパークリングワインで乾杯!
テーブルの上にはたくさんの食べ物であふれていたのに、「おいしい、おいしい」とみんな笑顔で食べてしまいました。

そして「お腹いっぱい」と妊娠中のように大きくなったお腹をさすりながらも、甘いものは別腹。
お料理上手なYさんの作ってきた大きなプリン(カラメルソースがおいしくて、もちろんプリンもおいしくて)を「なんで鬆が立たなくて、こんなにきれいにできるんだろうと」感心しながら食べ、やはりYさんお手製のゼリーを味わい、たまたま私が買ってきたモロゾフのハロウィンのパンプキンプリンと粉砂糖でネコの絵の描いてある濃厚なチーズケーキを舌に乗せ、びっくりするほど大粒のブドウのナガノパープルをほおばり、とびきりおいしい紅茶(こんな紅茶を毎日飲みたい)を何杯もお代わりして、みんな大満足。
帰る頃にはみんな何 ㎏か体重が増えて、重いおなかを抱えながらふうふう言っていました。

それにしても他人の家ってどうしてこんなにきれいに片付いているのでしょうね。
私など人が来るから片付けなくっちゃ、と思っても片づけるのではなく隠すだけ。
だからまたすぐに散らかります。

毎年さくらの会で伺っているYさん宅もいつ行ってもこの上なくきれいに片付けられていて、きれいなお花があちこちに飾ってあります。
(私など人が来てもお花を飾るような心の余裕はありません)

おうちに辿り着いた私は、フーマやめいさんに迎え入れられても、その喜びより、ものの散らかっている現実を見て気持ちは どよ~~~ん。
ああ、何でうちはいつもこんなに散らかっているのだろう。
まるで夢のように楽しかった舞踏会から帰って来たシンデレラのようでした。

ネズミ捕り

公開日:2015/10/02

「薪の中でゴソゴソ音がするから、ネズミだと思うよ。放っておくと大変だからネズミ捕りを買って来て。」
めいさんが言いました。

私が薪のところに行ってみると確かにゴソゴソ音はしますが、それは虫が木を食べているような音なので、
「ネズミとは違うよ。きっと薪の中にいる虫が木を食べている音だよ。」
と言いましたが、頑固なめいさんは承知しません。
「絶対にネズミだ。」

IMG_2233

で、仕方なく100円ショップに行って、粘着性のネズミ捕りを10個買ってきました。
半分に切って、薪の周りに置いて、

IMG_2236

反対側の出口の方にもびっちり敷き詰めました。
「もし本当にネズミだったら引っかかるかな?」

半分恐々、半分興味津々でネズミが引っ掛かるのを待ちましたが・・・
今日で何日目になるんだろう?
全く引っかかる気配はありません。
薪の中ではまだゴソゴソと音がしています。

「ほうらね、ネズミでなくて虫なんだよ。」
私が言っても、めいさんは頑として、
「いや、ネズミだ。」
と言って聞きません。

めいさんって、いつもこうなんだな。
変なところが頑固なのです。
もともとDNAで入り込んでいた頑固さが、歳を取って来てからよけいに出て来るようになりました。

裏庭の栗

公開日:2015/09/26

IMG_2208

秋色も次第に増し、緑だった裏庭も少し賑やかになりました。
秋と言ったら栗。
栗は私にとって、秋そのものです。

 

IMG_2206

今日初めて栗拾いをしました。
テラスに大きな実が9個落ちていたので、下に行けばもっとあるかと思ったら・・・
あれまぁ、お掃除のSさんが拾った後だったので、ほとんどありませんでした。

お客様のお見送りをしているとき、Sさんが裏庭の方からやって来て、
「栗、たくさん落ちてた。」と言ってカンガルーのように大きく膨らんだポケットから、栗を出して私のポケットに入れてくれました。
それでも少しはあるかもしれないと、お客様を見送った後に長靴を履いて裏庭に行ってみましたが、栗拾いの好きなSさんの後には、ほとんど栗は見当たりませんでした。(6個拾っただけでした)

 

IMG_2210

初栗の収穫はこれだけ。
粒は大きくておいしいです。
胴回りをはかってみたらほとんど11㎝で、11.3㎝のものが数個ありました。

これだけの栗、栗ごはんにすると思ったでしょ?
皮をむくのは面倒だし、栗そのものを味わうのなら、やっぱり塩水で茹でて食べるのが最高。
うちの栗は甘くて、秋の味がしますよ。

エゾゼミ

公開日:2015/09/19

晴れた日には(曇りの日にも)朝早くからセミの鳴き声がします。
夏の間は数多くのセミが一斉にジージー鳴くので、かなりの騒音でした。
今では夏ほどではないにしろ、結構うるさいです。(でも私にとっては快音です)

IMG_2199

このセミはエゾゼミと言います。
町なかにはいなくて、標高の高い高原に棲んでいます。
春にはこれより小振りのエゾハルゼミが鳴いていました。
どちらも背中に大文字のWと小文字のxを背負った、かわいいセミです。

「まだこんなに大きな声で鳴いているなんて、よっぽど伴侶が見つからないのね。 モテないんだね、かわいそうに。」
(セミは短命なので、実際は土の中から這い出るのが遅かったセミたちが今鳴いているのでしょうけど)
「めいさんはよかったね。 いい奥さんと結婚できて。 アンタはしあわせ者だわぁ。 私なんかめいさんと結婚してから不幸の連続だったもんね。」

めいさんは「またかよ」とでも言うように、すごすごと家の中に入って行きました。

PAGE TOPへ