CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

足型のトロフィー

公開日:2015/05/17

IMG_1852

これはめいさんの骨折した足を巻いていたギプスの一部です。
退院するときに看護師さんがめいさんの荷物の中に入れておいてくれたものです。
「トロフィーだと思って飾っておいてね」

こんなしょうもないものをもらっても・・・
飾っておくなんてことは絶対にないのに・・・

病院側にしてみればこんなものは医療廃棄物になって、しかもかさばって料金ばかり掛かる困った代物なのでしょうね。
明日はゴミの日。
捨ててしまおう ♪

緑の映えるいい季節です。

公開日:2015/05/14

日本各地で30℃を越えたところも、雪が降ったところもあったようですが、西葉山はさわやかで気持ちのよいお天気でした。

 

IMG_1817

天鏡台の桜は散ってしまいましたが、ケーナインヒルズの玄関前の遅咲きの八重桜は、しがみ付いて散ろうとしないものもあり、淡いピンクがきれいです。

 

IMG_1835

ねっ、きれいでしょ?

 

IMG_1846

何日か前にワラビが出て来た、と思っていたのに、もうこんなに採れました。
これからはワラビ料理が毎日続きます。

 

IMG_1844

森の緑は日々に濃くなり、目に優しく映ります。
何か月もの間雪に耐えじっと動かなかった大地が、草木を茂らせ花を咲かせる春。
大地のエネルギーが一気に爆発する春は、私が一番好きな季節です。
辺りの景色は、まるでマジックでも見ているように日々変化していきます。

めいさん退院。ふうっ~、いやだなあ。

公開日:2015/05/11

めいさんは昨日インターベンションから元気に退院しました。
飲み薬がいっぱいあって、おなかの足しになりそうなくらいです。

めいさんが戻って来てから、私の体調が悪くなりました。
かなりの間なかった肩凝りがまた始まり、いつでも眠気に襲われています。

「ごはんはまだ?」の言葉にビクビクし、ご飯が終わるとホッとします。
でもその安堵も束の間、また次のご飯の支度が待っているのです。

これって私にとって恐怖ですよ。
「今までの何もしなくてもいい、私のペースに合わせた生活に戻してくれー」と叫びたいです。

めいさんまた入院

公開日:2015/05/07

めいさんはリハビリをするようになってから心臓に負担が掛かるようになりました。
昨日わかまつインターベンションクリニックに入院して、今日手術をしました。
今回はバルーンで広げるだけでステントは入れなかったので、いつもよりは時間が短かったように思います。

手術後に説明に来た先生は
「心筋は全くやられてないですよ。」と感心した様子。
「結構しぶといんですね。」
「お父さん、頑張っていますね。 今、お風呂の掃除はしていますか?」
「いえ、全くしていません。 雪かきもしていません。 大事にしています。」
「それはよかった。」

明後日退院の予定です。
それにしてもよくあちこち悪くなって行く人だなあ。
でもその割には元気で、なかなかあの世に行こうとしません。
まだ食べ足りないものや飲み足りないものがあるのかしら?
この世にしがみついて生きているのは、結局のところめいさんは食欲を満たすことだけに執着しているのだとしか思えません。
(別に早く死ねと言っているわけではありませんからね)

色を変える桜

公開日:2015/05/03

IMG_1789

表の庭の白い花を咲かせていた桜が、昨日何となく淡いピンク色になっていることに気が付きました。
今朝外に出てその桜を見てみたら、今日ははっきりとピンク色になっていました。
白い桜もだんだん色が変わって来るのかな?

 

IMG_1802

 看板のところの桜は、咲き始めた時は薄いピンクでだんだん色が濃くなって行きます。
左側は咲き始めたばかりの花。 右側はもうそろそろ散って行く花です。
これと同じことが白い花だった桜の木の中で起こっているのでしょうか?
でも真っ白い花がピンク色に変わるなんて、今年初めて見たような気がします。

 

IMG_1746

めいさんが退院した4月30日の桜と比べてみたらよく分かります。
これが4月30日のもの。

 

IMG_1790

そしてこれが今日の写真です。
枝垂れ桜は白っぽくなり、白い山桜はピンク色になっています。

 

IMG_1792

さて、看板のところの桜はもうほとんど散ってしまいました。

 

IMG_1797

それと入れ替わるように、森の緑がだんだん濃くなっていき、葉も日に日に大きくなってきています。
これからの森はエメラルド色に染まります。
6月は葉も茂り、森が膨らんだように迫って来ます。

ああ、いい季節だこと!

PAGE TOPへ