CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

子育て

公開日:2020/01/17

夕ご飯を食べていると、ポッチーちゃんから電話がありました。
「お父さんの顕微鏡、まだある?」
「顕微鏡?引っ越しするときに、もう使うこともないからと処分したわ。」
「あらあ、それは残念!実はね、パルパルがミクロの世界に興味があって、ウィルスを見てみたいと言うの。」
「お父さんの持っていた顕微鏡はウィルスは無理だったなあ。細菌までは見られたかもしれないけど。まあ、どっちみち無いから見ることはできないけど。パルパルはそんなことまで興味を持っているの?」
「そう、興味を持つ範囲が広いのよ。だからそれに応えてやりたくてね。数千円のものなら買えないこともないけど、数万円ともなるとなかなか出せないもの。」
「せめて髪の毛とか見るんだったらそんなに高くなくてあるだろうけど。ウィルスや細菌なんて危ないし、どっちみち無理無理無理。」

私たちがお金持ちで、いくらでも与えてあげられるのならいいけど、年金暮らしで、しかも国民年金ときているから、厚生年金の半分しかもらえず、今日を生きていくのがやっとの状態。
ポッチーちゃんは我が家の経済状態がよくわかっているので、「買ってやって」とは決して言いません。
ホイホイ調子よく与えておいて、後から「お金がなくなったから面倒見て」と言われるのが一番困ると言います。
特に「住むところに困って自分たちのところに転がり込んでこられるのが一番迷惑だから、それだけはやめてね」と、釘を刺されています。

パルパルは鉱物や人体にも興味を持っているし、ダンゴムシは自分で育てているのでとても詳しく、「ダンゴムシ博士」と呼ばれているようです。
分子の構造模型も好きなようだし、元素にも興味を持っているといいます。
「元素の周期律表なんか与えておけば覚えるんじゃない?今覚えていたら後がラクだよ。」
「うん、結構覚えていて、アクチノイドが何たらかんたら言ってるよ。」
「水兵リーベボクノ船・・・って覚えたもんだよね。うんと7番目の元素はなんだったっけ?」
「7番目・・・窒素だって言ってるよ。」
「すごいね。」

パルパルは自分の興味を持っていることに関しては、ぐんぐん知識を吸収しているようですが、興味を持っていないことにはまったく何もする気はないようです。
ポッチーちゃんは「学校に行くようになると、算数の解き方でも学校で習う以外の解き方をしても認めてもらえないなので、あの子、きっと落ち込むと思うわ。学校が合わない子みたいな気がする。」と言っていました。

パルパルは図鑑が好きで、教えたこともないのに漢字を自然に覚えていて、一人で図鑑にかじりついているといいます。
「大きくなったらノルウェ-の森の毒タケになりたい」と言っていたパルパルは、どうすれば「ノルウェ-の森の毒タケ」になれるのか、これから大きくなっても考えるようになるでしょうか。

「子育ては面白い!」と、ポッチーちゃんは言います。
私も二人の子供を育てて、それぞれ違う性格で、ものの見方や考え方も全く違う子どもを見て、とても面白いと思ったことはありました。
でも子どもを育てるのが苦手だった私は、面白いと思うより、大変だと思うほうがはるかに多かったです。
特にバイト君は学校でケンカばかりしていたので、呼び出されたり、ケガをして病院に連れて行ったりで、彼の小学校時代はいい思い出などありません。
でも今だから、あんなこともあったと、懐かしく思い出すこともできます。

子育てを楽しんでいるポッチーちゃんは、今の私のように歳を重ねたとき、「大変だったけど楽しいことのほうが多かったし、育て甲斐があったわ。」と言うようになるのでしょうか。
小さな子どもが苦手で嫌いだった私と違って、子どもが大好きで一緒に遊ぶのが好きなポッチーちゃんだから、きっとそう言うでしょうね。

何もしない時間

公開日:2020/01/13

バイト君が暮れに帰ってきたとき、パソコンの中に入っているゲームをタスクバーに出してくれました。
私が遊びやすいように、との配慮です。
短時間で終わる、ちょこっとしたゲームも大好きな私は、パソコンを観るたびに、遊んでしまいます。

めいさんは朝から晩までテレビですが、私はちょこっとゲームを長々と続けていました。
朝から晩まで飽きもせず続けて、イヤにならないかと他人は思ってしまうでしょうけど、猪苗代にいた時と違って、のんびりした感覚が何とも言えず気持ちがいいのです。
時間に追われることもなく、これといったこともせず、時が通り過ぎていくのを楽しむ感覚です。
(でも1日が速い!1週間が速い!1か月が速い!1年が速い! ← 何もしないから速く感じてしまうのでしょうけど)

私に残された時間はあとどれだけだろうかと、ふと立ち止まって考えることはありますが、解放されたこの自由な時間を、何もせずに過ごしているのが今一番の幸せな時間です。
ま、そのうちに何かしたいと思うようになるでしょうが、今は今のこの時間を大切にしたいと思っています。
何もしないで1日を過ごすということが猪苗代時代の夢でした。
その夢が叶った今は、身も心もとても喜んでいるように感じます。

何もしない時間というのは、やっぱりいいなあ!

 

フーマは家事がお好き?

公開日:2020/01/06

IMG_3624

フーマは家事をする私の姿をよく見ています。
掃除機をかけるときには目で追っているし、炊事をするときには台所の入り口でじっと私のすることを見ています。
台所で冷蔵庫を開けて食材を出したり、まな板の上で刻んだり、それらを鍋やフライパンを使って調理する様子を飽きもせず、じっと見ています。

「フーマ、お母さんのしていること、面白そうでしょ? フーマが人間だったら、きっとお母さんの仕事を手伝ってくれるだろうにね。こうして野菜を取り出したら、トントントンと包丁で切って、炒めたり煮たりして食べるんだよ。フーマはドッグフードだけしか食べないから、出来上がったものをフーマに食べさせてあげることはできないけどね。ほ~ら、できた!楽しそうでしょ?面白そうでしょ?フーマもしたいでしょ?」
私は料理をするのは嫌いだけど、フーマが見ているとわざと楽しそうにします。
フーマはお母さんと同じことをやってみたくて、ウズウズしています。(私にはそんなふうに見えます)

不思議なことにフーマは台所には入って来ないのですよ。
「ここは来ちゃダメ」と言ったことは一度もないのに。
ケーナインヒルズの厨房にも入ろうとはしませんでしたね。
確かフーマがケーナインヒルズにやって来た時、ペンションの中を案内したことがありました。
この時「厨房と客室には入らないでね」と言ったような気がします。
フーマは言いつけを忠実に守って、厨房と客室には絶対に入りませんでした。

お家が変わっても、台所に入ってはいけないとインプットされているのでしょうね。
おりこうさんです。

今日から普段通りの生活通りです。

公開日:2020/01/04

昨年のお正月は引っ越しで大変だからと、初めてお重に入ったお節料理を注文しました。
京都祇園の料亭の(というか、この料亭が監修した)お節でしたが、これが結構おいしく、量もあって、今年も同じところから同じものを取ることにしました。

暮れの何かと忙しいときに、お節を作ろうとすれば、買い物から始まり、あれも要る、これも要る・・・で、買い物するだけでもうくたくた。(私は食料品の買い物は好きではないのです)
冷蔵庫はパンパンで、入りきれないものはそのあたりに積んでおくことになるし、またそれを料理するのはとてつもなく労力が必要。

昨年ラクをした手軽さが忘れられず、今年もお節は購入しようと、毎月努力して少しずつお金を貯め続けた甲斐があって、暮れの慌ただしさもそれほど感じることなく、お正月はまったりすることができました。

ケーナインヒルズ時代は年末年始がとにかく大変で、今から思えばよくやったものだと、その頃の自分に感心してしまいます。
ただでさえ忙しいのに、めいさんが緊急入院したりすると、面会にも行かなければならず、寝る時間さえありませんでした。
よく体をこわさなかったものです。
しなければならないと思うと、気力が普段の何倍にもふくれ上がって、できてしまうから不思議なものですよね。(今は全く腑抜けになって、何かしようという気はゼロ)

昨日でお節もなくなり、今日から普段通りの生活に戻りました。(と言っても大して変わり映えはしませんが)
三が日何事もなく過ぎ去り、ホッとしています。

一番のお年玉

公開日:2020/01/01

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年のお正月は本当にのんびり、ゆったりできました。
昨年は荷物の山(今でも2階は段ボールがうず高く積まれたままです)に囲まれ、座る余地もないほどでしたが、今年は目の色を変えて片付けや掃除をしなくてもよかったので、気分的に余裕のあるお正月でした。(こんなの初めて)

お昼ごろ、バイト君の運転する車に乗って、フーマも一緒に近くの神社にお参りしてきました。
そのあと少し遅いお昼を食べ、お茶を飲んでまったりしてから、バイト君は帰って行きました。

片付け物をしていると、ピンポ~ンとチャイムが鳴りました。
出てみて・・・びっくり!
一瞬目がおかしくなったのかと思ってしまいました。
だってそこにいるのは紛れもない、フーマのパピーウォーカーさん。
奥様の実家(静岡県)に行った帰りに寄ってくれたのでした。

フーマは嬉しくて嬉しくてたまりません。
尻尾をぶんぶん振り回しながら跳びついていました。
ケーナインヒルズをクローズするとき以来ですから、フーマは懐かしい人たちに会えて、喜びを体中で表していました。
私たちも嬉しかったけど、フーマは幼い日々を一緒に暮らした特別の人達ですから、嬉しさ一入だったことでしょう。

ほんの数分の間でしたが、この時間はフーマにとっても私たちにとっても、とても濃い時間になりました。
フーマにとって何より嬉しい、一番のお年玉になりました。

PAGE TOPへ