CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

箱根駅伝

公開日:2021/01/03

昨日と今日はテレビにかじりつき、箱根駅伝を見ていました。
感動しました。
「諦めない」ということが、こんなにも奇跡を引き起こすということが。

駒澤大学の最後の巻き返しは圧巻でした。
1区の16位からササっと順位を上げ、ずっと2位で創価大学の後を走っていて、3分以上の差があるからこのままきっと2位だな、と思っていたところの反転攻勢。

創価大学は1位をキープしていたのに、最後の最後で残念な結果になってしまいましたが、選手は辛そうな顔をしながらも走り切りました。
私はマラソンが小さいころから苦手で、走るとお腹が痛くなったり、呼吸が苦しくなったり、足が痛くなったりで、マラソンのある日は朝から憂鬱になっていました。
だから辛くても走り切るこの選手に、エールを送っていました。

青山学院は往路12位からよくここまで粘りました。
ここまで来られたのもよい監督とチームに恵まれたからこそ。
常日頃からお互いを信頼し、励まし、励まされている普段のチームの顔でした。

「諦めない」ということが、こんなにも素直に結果となって表れるとは。
何でもすぐに諦めてしまう私にとって、「諦めない」という言葉を深く噛みしめることができた箱根駅伝でした。

明けましておめでとうございます

公開日:2021/01/01

明けましておめでとうございます。

 

IMG_1255

2021年の元旦は天気も良く、歩くとほこほこして気持ちがよかったです。
小鳥の森公園のめいさんとフーマです。

今年は私たち二人だけのお正月。
今日はゆっくり起きて、好きな時にお節を食べて・・・
と思っていたのに、いつもと同じ時間に起きて、いつもと同じ時間に食事でした。
いつもと全く変わらない、いい1日でした。
こんな日々がずっと続きますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

大晦日

公開日:2020/12/31

私の故郷、鳥取県米子市は大雪で、30㎝以上積もったそうです。
あの雪の積もる猪苗代でさえ、22㎝だというのに。

でも大晦日の雪は情緒があって、私は好きです。
いつも大晦日には「かさじぞう」の話を思い出します。
雪がなければ、この話も作られなかったと思います。
私にとって、大晦日=「かさじぞう」です。

 

IMG_1225

今、私たちのいる房総半島はお天気がよくて、散歩をするのもうってつけ。
空は青く、これが大晦日かと思うほどです。

外は寒いのに、歩いていると汗がにじんできます。
今日は蓮池公園に行き、めいさんはベンチで休み、私とフーマは蓮池の周りをぐるっと1周しました。

階段を下りて、池の水を眺め、階段を上って元の道に出ると、フーマのスイッチが入って、フーマはくねくね激しいスキップをしながらぐるぐる回り始めました。
嬉しいとよくこんなふうにはしゃぎます。
いつもみかん山ばかりで、ここまで連れてきたことはなかったので、新しい景色が新鮮で嬉しかったのだと思います。
さて、今年もあと数時間になってきました。
1日の終わりを惜しむより、1年の終わりを惜しむ方が比重が重いです。
「今日も1日が終わった」よりも「今日で今年が終わった」という方が重く感じるのは、365日分の思い出が詰まっているからですね。

コロナで始まりコロナで終わった2020年でした。
大変な思いをした人たちが大勢いることに心が痛みますが、コロナが人類に警告を与え、いろいろと考えさせられたことも確かです。
仕事の仕方も変わって行きました。
少しだけでもいい方向に目を向けるようにしていけたらと思っています。

今年もありがとうございました。
2021年もよろしくお願いいたします。

クリスマスイブの日

公開日:2020/12/26

クリスマスイブの日、寝る直前までリピリピとパルパルはインターネットでサンタの配達状況を確認していたらしい。
そしてパルパルは
「なんと!今年は史上初!サンタがあのISSに接触したんだって!!」と興奮していたという。
国際宇宙ステーションにサンタが来たらしい。
「サンタさんとトナカイ、酸素ボンベしょってないけどだいじょうぶかなあ。」
「無重力空間でプレゼント、バラバラにならないのかなあ。」
「魔法の力でなんとかなるのかなあ。」
小学校1年生のパルパルはとても心配していたそうな。

私もサンタさんの動きを追っていましたが、ラオスのビエンチャンのあたりで眠くなって寝てしまいました。
それにしても移動距離と配ったプレゼントの数は、目まぐるしい速さで書き換えられていきます。
一体橇には何人のサンタさんが乗り込んでいるのだろう、トナカイは時速何キロで走っているのだろうと、頭の中は???でした。

バスのブザー

公開日:2020/12/22

 

IMG_1208降りるときに鳴らすバスのブザー。
今では取り付けられていることが当たり前になっています。
座っている時でも、上に手を伸ばさなくていいように、低い位置にも取り付けられています。
私はこのブザーがどれほど有難いものなのか、バスに乗るたびにいつも思います。

私は子どものころからシャイで、人前に出ることは苦手というか、キライ。
たくさんの人がいるところでは、必要な時でも声を出すことができず、自分の思っていることを伝えることができませんでした。(これは今でも同じ)
いつも言いたいことを喉の奥に飲み込んでしまっていました。

私は小学校の時引っ越しをしたのですが、引っ越し先が同じ市内だったこともあり、転校せずにそのまま同じ小学校に通っていました。
バスに一人で乗ったことがなかった私は、
「バスから降りるときには、大きな声で『降ります!』と言うんだよ。でないとバスは誰も降りる人がいないと通過してしまうからね。」といろいろな人から同じことを言われ、バスに乗って、果たして学校に無事に着くことができるのだろうかと、不安で仕方がありませんでした。

私は自分の降りる停留所が近づいても、「降ります」なんて言える子どもではありませんでした。
それで「手の届くところにブザーがあったらいいのに」と、いつも思っていました。
子どもでも簡単に手の届くところにたくさんブザーが付いていたら、運転手さんにわざわざ「降ります」なんて言わなくても済みますからね。

停留所が近づくと、いつもドキドキして、汗がじわっとにじんできます。
「運転手さん、私、次で降りるから停まってください」心の中で叫びます。
でも声に出すことはできません。
バスが停まってくれると、私はいつも安堵の息を吐くのでした。

運転手さんは降りる人がいる時は、素振りでわかっているのですね。
私は降り口であるバスの前扉、運転手さんの左手にある扉までゴソゴソモジモジしながら歩み寄り、待っているので、私が次で降りる事を察してくれていたのです。

きっとこのブログを読んでいる人たちは、私がこんなにもシャイだったとは思ってもいないでしょうね。(今でもシャイです)
今ではどのバスにもブザーが取り付けられていて、私のような人は本当に救われています。
きっと私と同じ思いをした人が提案したのだろうと、勝手に思い込んでいます。
それにしてもこのブザーは便利!

PAGE TOPへ