CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

フーマのまぶた

公開日:2014/05/10

フーマと同じラブラドール・レトリバーを連れたお客様から、「フーマは二重まぶたですね」と言われました。

IMG_8289

言われてみると確かにフーマは二重まぶたです。

 

IMG_8293

寝ている時には二重になっていません。
お客様に言われるまでは、二重になっているところは、たまたまその部分の色が濃くなっているのだと思っていました。

犬にも一重まぶたや二重まぶたがあるなんて知らなかった~。
犬はみんな一重まぶただとばかり思い込んでいましたから。

早速ネコのまぶたを見に行きましたが、うちの子たちはみんな一重でした。
きっとネコはみんな一重だと思いますよ。

蕨が出てきました。

公開日:2014/05/07

warabi

「蕨が出ているの、知ってますか?」
お掃除のSさんが言いました。
「えっ、もう蕨が出てるの?」

土手を見ると痩せ細った蕨が空に向かってひょろんと伸びていました。
土手のワラビは茶色っぽくて細いけど、裏庭のワラビは太くて立派で柔らかい。
もしかしたら裏庭にも出ているかもしれないと思って行ってみると、そんなに多くはないけれど、お味噌汁に入れるほどの量はありましたよ。( いちばん上)

 

看板のところの桜は散り始めました。
そよ風に乗ってひらひらと舞う姿はとてもかわいらしく、私は桜吹雪の真ん中に立って花を見上げていました。
咲く桜もよし、散る桜もよし。

sakurafubuki地面に落ちた花びらがきれいだったので撮りました。


sakurafubuki3
アスファルトに桜の木の影が映り、面白い写真になりました。
日の当たるところと桜の木の影のコントラストが鮮明で、影絵を見ているみたいです。


sidareシュガーガーデンでは枝垂れ桜が満開です。

 

nanakamadoナナカマドの葉っぱは緑色を増し、枝先に緑色の塊がちょんちょんついているのがきれいです。

 

sawa沢の水の流れも速くなり、春を満喫しているようです。
やっぱり春はいいなあ。

今日も寒かった

公開日:2014/05/06

昨日も寒かったけど今日も寒い。
朝9時半ごろに温度計を見ると10℃でした。
暖かさに慣れた体にはこの寒さは身に応えます。
風が吹いているから余計に寒く感じます。

東京から来られたお客様はここがこんなに寒いとは思わなかった、と口々におっしゃいます。
半袖を着て来たけど、羽織るものを持って来てよかったともおっしゃっていました。

でも、私だってたったこの前まで半袖を着ていたのですよ。
5月にこの寒さになるとは思ってもいませんでした。

蔵王に行かれたお客様はとても寒かったと言って戻って来られました。
何と0℃だったそうです。
これでは真冬ですよ。

天気はよかったけれど今日も寒い一日でした。

寒かった子どもの日

公開日:2014/05/05

子どもの日だというのにこの寒さ。
一日中曇りで、それにわずかだけれど雨も降りました。
(パラパラとまではいかなくて、パッくらいでした)
昨日までは半袖の人もちらほらいたというのに、今日はちょっと厚めの上着が必要です。

IMG_7945

ケーナインヒルズの桜は満開です。

IMG_7936

お客様から「天鏡台・昭和の森の桜もきれいに咲いていますよ」と教えてもらったので行ってみると、ご覧のとおり咲いていました。
この桜が散っても次の桜が咲いてくるので、まだお花見はできます。

IMG_7938

町営牧場の白樺並木の桜も満開です。
白樺の葉も緑になって桜ととてもよく合います。

 

IMG_7946

森もちょっとだけ緑が増してきました。
これから日一日と緑が濃くなり、目を休ませてくれるようになります。

善養寺さん、素晴らしい演奏会をありがとう

公開日:2014/05/03

「5月2日は心が満たされる日になると思います」
とホームページの「お知らせ」に書きましたが、平日だったせいかお客様は集まらず、善養寺さんだけの宿泊となりました。
(ご家族4人で来られたので、私としてはとてもやりやすい数でしたが)

ああ、もったいない!
だって善養寺さんはピアノを、お父様は尺八を聴かせてくださったのですよ。
ピアノと尺八の共演はとても素晴らしく、生演奏なので迫力がありました。
(お父様もNHKの「邦楽百選」で独奏をされたことのある方です)
お母様は確か三味線やお琴の先生。
本当の音楽一家なのです。

私は今まで実物の尺八を見たことがなかったのでとても珍しく、また穴の大きさがかなり大きくてびっくりしました。
それに穴の数が少なくて、どうしてこんなに穴がないのにいろいろな音が出るものなのか不思議でたまりません。

善養寺さんは小学校1年生の時に作曲した「一寸法師」の組曲も披露してくれました。
これにはもう大感激!
小学校1年生の時に作曲したものというだけでも感心するのに、その曲はプロの作曲家並みの出来ばえで、「素晴らしい」の一語に尽きます。
私などアニメーションを見ながら聴いている感覚に陥り、とても楽しかったです。

観客はめいさんとフーマ、ぴっぴと私だけでしたが、フーマもぴっぴもおとなしくじっと聴き入っていました。
みんなとても贅沢なひとときを過ごしましたよ。 

善養寺さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。
本当に心に残る楽しい夕べでした。

善養寺さんんは東京藝大3年生で作曲科に在籍しているそうなので、まさに作曲家の卵です。
これからますます活躍の場が広がることと思います。
応援していますよ!

PAGE TOPへ