CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

会津山都寒晒しそばまつり

公開日:2015/03/23

21日と22日は第18回会津山都寒晒しそばまつりでした。
私たちは22日、すなわち昨日、お掃除のSさんと(外出許可をもらって)めいさんも一緒に行ってきました。(めいさんは車椅子)
ポッチーちゃんとリピリピ、パルパルもたんこぶのようについてきました。

 

IMG_1633

会場は山都体育館。
12時前に着いたときにはもう、席がなかなかなくて、確保するのが大変でした。
遠く大阪から、この寒晒しそばまつりのためだけに来ている人がいると聞いて、それほどの価値があるのかなあ、と思っていましたが・・・

 

IMG_1631

おいしかった~!!!
私は特にさらしなそばと田舎そばのかけが気に入りました。
カメラを持ってきたのも忘れて夢中で食べていたら、気が付くと最後のさらしなそばしか残っていない状態でした。
それほどおいしかったです。

寒晒しそばというのは、1年で最も寒い大寒の頃、極寒の渓流にそばの実を浸し10日ほどしたら引き上げて、さらに20日ほど寒風に晒して自然乾燥させたそばのことだそうです。

私たちが食べたのは「食彩コース」。そば4種類と郷土料理です。パンフレットによると:
さらしなそば(一番粉)
そばの実の中心部分の15%程度しか採れない粉だけを使って打ったそば
色が白く、透明感があり、甘みが強く、弾むようなコシを楽しむそば
あらびきそば(一番粉・二番粉・三番粉)
会津のそば品種「会津のかおり」を製粉する際、石臼をゆっくり回して丁寧に製粉したそば粉で打ったそば
粗い粉と細かい粉が混ざっているため、味もよく食感も優れている
高級そば店で供されるタイプのそば
田舎そば(二番粉・三番粉)
主に二番粉、三番粉と使って打つそばを山都では田舎そばと呼ぶ
食感は荒々しいがそばの香りや味が強く、温かい汁に入れてかけそばにしたり、大根おろしと一緒に食べたりする
郷土料理
フキノトウ・タラの芽・饅頭のてんぷら
こづゆ・鰊の山椒漬け・へそ大根の煮物・刺身コンニャク
※へそ大根は輪切りにして茹で、真ん中に棒を差して寒風に晒して作る保存食

そば好きには何とも言えない贅沢なそばでした。
わざわざ食べに来た甲斐があったというものです。
そば大好きの、たんこぶのようについてきたポッチーちゃん、リピリピとパルパルも大満足でした。

そばスイーツがあったのでこれも食べてみました。
そばシフォンケーキとそばプリンは絶品でした。
パルパルは「あっ、あー」と言って、しきりにそばシフォンをねだっていました。

昨日は疲れてブログを書かずに寝てしまいました。
来年も山都のそばまつりに行きま-す。

春の楽しみ

公開日:2015/03/21

IMG_1629

5日前に窓の上の方まで雪で塞がれていたのに、この暖かな毎日のおかげで、こんなにも雪が解けてきました。
道路もアスファルトが顔を出し、暖かい空気に頬擦りしているようです。

でも猪苗代はまだ雪で真っ白です。
郡山は全く雪はありません。
30kmちょっとしか離れていないのに、会津と中通りはこんなにも違うのですね。
渋谷の フード・ショーのサイゴンでいつも食べるベトナム料理。
今日はブン・ボー・フエとちまき。
これがおいしいんだなぁ。
東南アジアの料理は私の口によく合います。

今年もまた来月初めに「さくらの会」が田園調布の友達のところであります。
この友達はずっとインドネシアに住んでいたことがあり、お料理もお菓子もとても上手。(プロ並み)
行くといつも東南アジアの料理を作ってくれます。
これがまた楽しみ。

桜よ、咲け咲け。
楽しみをいっぱい持っておいでね。

また痛み出した腕

公開日:2015/03/18

腕の調子がいいと思ったのも束の間、昨日の朝目覚めてからずっとまた痛くて、うんうん唸っていました。
ちょっと動かしただけでも筋が痛くて、またグローブのような手に戻ってしまいました。
(ぽにょぽにょして、指の下にえくぼができて、赤ちゃんの手を醜くしたような手です)

やっと来た春が戻ってしまったような気になって、へこんでいました。
箸を握ることもできず、左手でフォークで食べています。

痛みのある筋を揉みほぐして、夜はやっと手を握ることができるようになりましたが、動かすとまだまだ痛くて何もできません。
でも切ったところの傷は調子よく、きれいになって来ました。

春が来た

公開日:2015/03/16

お天気がよくて、絶好の病院通いの日でした。
外は1℃でしたが、ずいぶん暖かく感じます。

町立病院に入院中のめいさんはインターベンションへ、私は会津中央病院へ、めいさんの予約時間に合わせて一緒にタクシーで出掛けました。
今日はリピリピとパルパルもインターベンション近くのたんぽぽ園に行く日だったので、タクシーはぎゅうぎゅう詰めでした。
(子どもがいるとやたらと荷物が多くなるのです)

めいさんは順調。
私も順調で、抜糸をしてもらいました。
(くの字形に切ったところは17針、黒い糸で縫い合わせてありました)

傷口はきれいに塞がっていましたが、まだ醜く腫れていて、左の正常な腕と比べると、これはいったい誰の腕かと勘繰りたくなるような別人のような腕です。
骨を削り、筋も筋肉も切って縫合してあるので、治るのには3週間くらいかかるとのこと。
これからは毎日少しずつリハビリをしなければなりません。

まだ腕は痛くて、心の傷も癒えてはいないのですが、なんとなく心も体も軽くなった気分です。
まるでお天道様にあふれるほどのエネルギーを注入してもらったよう。
やっと春が来たな、と思った1日でした。

雪で閉ざされた館

公開日:2015/03/15

今日はお天気がよくて、屋根から雪の塊が気持ちいいくらいにドスーン、ドスーンと落ちてきます。
たった1日でこんなに落ちてきました。

 

IMG_1614

これはダイニングの南側。 窓の上まで雪があります。

IMG_1617

こちらはダイニングの西側のテラス。 かなりのものでしょ?

 

IMG_1625 IMG_1627
玄関と来れば、この通り。 どこから出入りしたらいいのやら。

今年は3月になってもこんなに降ったのだから桜の便りは遅くなりそうだと思うでしょ?
でもケーナインヒルズはいつも5月5日には桜は咲きますのよ。
GW最終日辺りは今年も咲いていると思います。
八重できれいだから見に来てね。

PAGE TOPへ