CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

きれい♪!

公開日:2015/10/22

IMG_2288

周りの景色は毎日少しずつ変わって行きます。
沢沿いのオレンジ色っぽい黄色の葉は、はっとするほどきれいです。
(実際はもっときれいです)

 

IMG_2290

前庭のドウダンツツジも赤くなりました。

 

カメムシも今のところそれほどでもなく、拍子抜けしていますが・・・
そのうちこんなところにも、あんなところにも、と毎日緊張しながら過ごす日が続きそうで怖いです。

 

カメムシ

公開日:2015/10/19

IMG_2286

2~3日前からカメムシが出るようになりました。
稲刈りはほとんど終わっていますが、カメムシは集団でまだ刈られていない田んぼの稲穂にかじり付いているらしく、そんなに数多く飛来してはいませんが。

昨日、お掃除のSさんが40匹は取ったと言っていましたが、こんなのはまだまだ序の口。
この頃はお天気のいい日が多いので、毎日ヒヤヒヤしながらカメムシの様子を窺っています。
だって押し寄せてくるときは何千という数ですからね。

昨年、カメムシが入らないようにする施工法のリーフレットが来て、お金があったら今年はしたいな、と思っていましたが、私の腕の手術などがありお休みをしていた期間が多かったので、お金はスッカラカンでまた見送ることにしました。

でも昨年施行されたところがあって(ここはケーナインヒルズと比べられないくらいかなり多量のカメムシが来ます)、「その後カメムシはどうなりましたか?」と聞いたら、「やっぱり入って来ます」とのこと。

って言うことは、してもしなくても同じってことかな。
お金があってもやっぱりやめておこうかな。

LEDは虫が嫌うということなのに、カメムシは平気で明るいところに飛んできます。
ブンブンと羽音が大きいのですぐにわかります。
そのうちにポトンと下に降りてきて、床をわがもの顔で歩き回っています。

カメムシと目が合うと、相手もギョッとするらしく、ピタッと歩行が止まります。
(でもそのうちに歩き出しますが)
で、ガムテープで取ってゴミ箱行きとなります。

これからカメムシと同居する毎日が続くと思うと、ゾゾゾッとします。
だって寝ている時でも頭の周りをゴソゴソ這い回っている時がありますからね。
考えただけでもゾッとするでしょ?

秋です。

公開日:2015/10/16

朝晩、ずいぶん寒くなって来ました。
栗の季節は終わりました。
今年もよく実って、毎日のように食べることができました。
栗=秋 のイメージがあって、秋をそのまま丸ごと食べているようで、心の中もホックホク。
今では実の落ちてしまった栗の木を感謝しながら眺めています。

 

IMG_2269

磐梯山も上半分は茶色に染まって来ました。

 

IMG_2261

西葉山はだんだん秋色が濃くなって、周りの景色が華やかに見えます。
裏庭も賑やかになって来ました。

 

IMG_2270

表の駐車場も、緑が秋色に押されてきました。

 

IMG_2244

桜の葉が落ちて、溝の中も赤や茶色の葉っぱでびっしり埋まっています。

 

IMG_2250

ケーナインヒルズに来るときの桜のトンネルも、秋は赤い葉っぱで染まります。
春の桜の花もいいけど、秋の桜の葉の色もきれいです。

秋も深まり稲刈りが終わると、ある晴れた日にどっさりと佃煮にできるほど飛んで来るのがカメムシです。
稲刈りはちらっと見る限り半分以上は終わっていますが、まだ刈ってない田んぼもあります。
このお陰でまだ大量のカメムシは飛来して来ませんが、稲刈りが終わるとどっと押し寄せて来るので頭痛のタネです。
あ―、考えただけでもぞっとするなぁ。


久々にめいさんの句:
紅葉に  時を忘れた  蝉ひとつ

10℃の爽やかさ

公開日:2015/10/05

朝ゴミを出しに行くと、このままずっとお外にいたくなるほど爽やかでした。
温度計を見てみると10℃。
10℃とはこれほど気持ちいい温度だったのかと改めて思いました。
だって普通なら10℃は寒いです。
1枚しか着ていなかったのにこの気持ちのいいこと。

手摺りを触ってみるとそこはやはり10℃の世界。
冷たく感じました。
でも手が熱かったのでこの手摺りさえ気持ちよく、しっかり冷やすことができました。

めいさんにそのことを話すと、
「肉だのサザエだの食べて、エネルギーがあり余っているんだね。えぇこと。」
と、自分が食べることができなかったので皮肉っぽく言われました。
(めいさんは昔から食べることにいかけては人一倍執念深いです)

 

PS: 例年より1週間早く猪苗代湖に白鳥がやって来ました。

バーベキューパーティー

公開日:2015/10/04

IMG_4448

お天気に恵まれた今日、東京雪谷の友達のおうちでバーベキューをしました。
集まったのは昔一緒に染付をしていた仲間5人です。
H邸は閑静な住宅地にあり、おうちは広くきれいで、テラス部分はゆったりしていて、お外でバーベキューをするのには絶好の場所でした。

炭火で牛肉(とろけるほど柔らかかった)はもちろん、イカやシシャモ、サザエまで焼いて、スパークリングワインで乾杯!
テーブルの上にはたくさんの食べ物であふれていたのに、「おいしい、おいしい」とみんな笑顔で食べてしまいました。

そして「お腹いっぱい」と妊娠中のように大きくなったお腹をさすりながらも、甘いものは別腹。
お料理上手なYさんの作ってきた大きなプリン(カラメルソースがおいしくて、もちろんプリンもおいしくて)を「なんで鬆が立たなくて、こんなにきれいにできるんだろうと」感心しながら食べ、やはりYさんお手製のゼリーを味わい、たまたま私が買ってきたモロゾフのハロウィンのパンプキンプリンと粉砂糖でネコの絵の描いてある濃厚なチーズケーキを舌に乗せ、びっくりするほど大粒のブドウのナガノパープルをほおばり、とびきりおいしい紅茶(こんな紅茶を毎日飲みたい)を何杯もお代わりして、みんな大満足。
帰る頃にはみんな何 ㎏か体重が増えて、重いおなかを抱えながらふうふう言っていました。

それにしても他人の家ってどうしてこんなにきれいに片付いているのでしょうね。
私など人が来るから片付けなくっちゃ、と思っても片づけるのではなく隠すだけ。
だからまたすぐに散らかります。

毎年さくらの会で伺っているYさん宅もいつ行ってもこの上なくきれいに片付けられていて、きれいなお花があちこちに飾ってあります。
(私など人が来てもお花を飾るような心の余裕はありません)

おうちに辿り着いた私は、フーマやめいさんに迎え入れられても、その喜びより、ものの散らかっている現実を見て気持ちは どよ~~~ん。
ああ、何でうちはいつもこんなに散らかっているのだろう。
まるで夢のように楽しかった舞踏会から帰って来たシンデレラのようでした。

PAGE TOPへ