CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

かわいいチキンラーメン

公開日:2014/03/25

IMG_7158    IMG_7160

昔々のチキンラーメン、100円ショップでリニューアルして売っています。

1袋に小さいラーメンが3個入っています。

これがまたかわいくて、手軽で、小腹が空いたときなどにちょうどいい。

 

ダヤンのカップに入れてお湯を注いで(これがまたジャストフィットの大きさ!)、スプーンでササッとほぐして、すぐに食べられるので待ち時間はほとんどナシです。

2分待つように書いてありますが、2分も待つ必要はありません。

 

同じように売っていた「きなこもち」はなくなっていました。

今のところ入荷の予定はないようです。

 

お客様に100円ショップよりリオン・ドールの方が安いと教えてもらってからは、そこでばかり買っていましたけど、リオン・ドールでも今「きなこもち」は売っていないのですよ。

(100円ショップでは105円、リオン・ドールでは98円。 7円の差は大きいです)

私のささやかな楽しみがなくなってしまってガックリです。

フーマとジャンヌ

公開日:2014/03/24

フーマは男の子ですがとても優しい性格です。

きつく叱られるとガックリして、気が小さくなって、次の指示になかなか従えません。

この子は褒めて自信を持たせると伸びるタイプです。

 

同じ訓練所に、ジャンヌという気の強い女の子がいたそうです。

この子は「和田アキ子」と言われていたほど態度もデカく、最初のユーザーさんと合わなくて訓練所に戻されてきた出戻り盲導犬でした。

 

フーマはこのジャンヌがとても苦手だったようです。

外で共同訓練をする時には車に乗って街に出掛けるのですが、フーマが先に車に乗っていても、ジャンヌはササッと入って来て、自分のユーザーさんではないめいさんの膝にちゃっかり顎を乗せて来るので、フーマは落ち着かず、小さくなっていたそうです。

 

ところがジャンヌが先に車に乗っているところにフーマが来ると、フーマは車に乗ろうとはしないので、とても手こずったとのことでした。

 

フーマは男の子なのでジャンヌより図体が大きいのに、気が弱いのです。

何だか今の世相を反映しているみたいで、笑ってしまいました。

女の子は犬社会でも強いのですね。

 

ジャンヌは今、津軽のユーザーさんのところにいます。

フーマは猪苗代に来て、ジャンヌと離れ離れになったのでほっとしているように見えました。

 

ところが、ところが。

この猪苗代にもジャンヌはいたのでした。

めいさんの歩行訓練中にフーマに声を掛けたり、オモチャで気を逸らしたり。

気持ちよく寝ているのにつつき起こしたり。

気が休まりません。

 

ジャンヌ・なち子はジャンヌと同様、フーマにとってイヤな存在のようです。

めいさんが盲導犬を連れて戻ってきました。

公開日:2014/03/18

昨日、めいさんが盲導犬のフーマを連れて戻ってきました。

早速、訓練士さんも一緒に、ケーナインヒルズの館内の歩行訓練をしました。

 

今日は館内の歩行訓練もしましたが、散歩にも行き、訓練士さんと警察や役場などのあいさつ回りに行ってきました。

(私は疲れて寝ていました)

 

ここ数日間、フーマが来るというのでめいさんの部屋の掃除や片付けで私は疲れていましたが、めいさんの顔を見るとよけい疲れます。

フーマはお利口さんでかわいくて、来てくれたのは嬉しいのですが、「めし男」のめいさんの顔を見るだけでため息が出て、疲れもドッと出て来ます。

今まで自分のペースでやって来て、とても平和で幸せな日々だったのに、めいさんがいるだけで今までの幸福感は崩れ去りました。

 

さて、日本盲導犬協会の訓練士さんはとても丁寧で、面倒見がいいです。

めいさんを車で猪苗代まで送ってくださったばかりか、(ケーナインヒルズに泊まらずに)毎日仙台から通って歩行訓練をしてくれます。

階段や通路も今まで訓練してきたところと少し勝手が違っていて、フーマは混乱してしまうこともあるようで、やはり最初は訓練士さんがついていなければならないのです。

 IMG_7077

フーマも違う環境に慣れるのに一生懸命のようです。

夜になるとすぐに眠くなるみたいです。

(昼間もよく寝ていますけど。 私と似ていますね)

めいさんとフーマはいつも一緒。

寝る時はめいさんの部屋のケージに入って寝ます。

電話

公開日:2014/03/13

よくこれほど寝られるものだと感心するくらい、今日も寝ていました。

昨夜からずっと寝て、ちょこっと起きてネコの世話をして、朝ご飯を食べて寝て、昼ご飯を食べて寝て、夕ご飯を食べてネコの世話をしてまた寝て、8時から10時まで最終回の科捜研と緊急取調室を見て、今までスパイダーソリティアをして・・・

と、ざっと1日を振り返っても、これといったことをしていない無意味な日を過ごしていました。

(コウちゃんにしてみれば、こんなに時間の無駄使いをするなんて考えられないでしょうけど)

 

ところが。

これが私にとっては至福の時で、充実していて、満足感いっぱいなのです。

 

途中悪夢にうなされた時がありましたけどね。

そのとき掛かってきた電話に救われました。

普通は寝ているときにかかってくる電話は邪魔くさいものです。

でも今日掛かってきた電話は悪夢から現実に引き戻してくれる天使の電話のように思えました。

 

悪夢の中で私はお客様のために料理を作っていました。

ところが食材がない上に、思うように作れないでいたのです。

お客様は夕方まだ明るいうちからダイニングで料理が出てくるのを待っていました。

2時間待って辺りが暗くなっても、私はまだ料理が出来上がっていませんでした。

 

厨房の中で、サラダを作ろうとしたのに、そのサラダも肝心のレタスさえない!

仕方なくホウレン草の軸を使ったり、それをやめて少量しかないキャベツをきざんでみたり、イチゴを飾ったり、スプラウトを散らしてみたりしてみましたが、なかなか思うようなものが作れなくてイライラしていました。

 

いつも使うお皿もなくて、お皿捜しからしなければなりませんでした。

いつも作っているニンジンのスープも、早く煮えるようにみじん切りにしたのに、ガスに火が付かず煮ることさえもできません。

(いつもはみじん切りにして煮ることはありません)

豚肉も下ごしらえさえしてなくて、ボールの中に肉の塊のままで入っています。

 

お客様は暗い中、黙って待っていました。

私は料理のことで頭がいっぱいで、明かりのことなど気が付きませんでした。

「すみませんでした。 電気を付けます。」

ぱっと明かりが灯り見てみると、テーブルの上には紙ナプキンも塩さえも出ていませんでした。

 

慌ててテーブルの上のものを出し、厨房に戻ると、さっき作ったばかりのサラダはしおれ、イチゴは赤い汁を出し、汚らしくなっていました。

これじゃサラダにならない。

今から買い物に行けないし・・・

 

これを救ってくれたのが電話でした。

この時の電話ほどうれしかったことはありません。

 

私は料理の夢をよく見ます。

たいてい朝で、目覚ましが鳴って、でも起きるのが面倒で、もうちょっと、あと5分、いえあと3分だけでも寝ていたいというようなときによく見ます。

その時は仕方なく起きて、お米を洗って炊飯器にかけ、野菜を刻んで朝食の用意をしています。

あ~、いやだなあ。 ご飯作るの。 もっと寝ていたいのに~。

 

その時、なかなか起きてこない私を見かねて、めいさんが、

「おい、なっちん、時間だぞ。 ご飯作らないと。」と言って起こしてくれます。

ああ、もう7時前。

起こしてくれためいさんに感謝しながら身支度を整え、厨房に向かいます。

そして嫌いな料理に取り掛かるのでした。

 

夢の中でも料理をして、目を覚ましてから実際にまた料理をして、嫌いなことを2度も続けてしなければならないなんて・・・最低。

怪物

公開日:2014/03/11

東日本大震災からちょうど3年目。

新聞もテレビもこの関係のものがやっぱり多いな。

 

あの異常な揺れは体がまだ覚えています。

震度の低いものでも、地震のテロップがテレビに映し出されるたびに、建物の下からうねるように這い出して来る怪物の姿が頭をよぎります。

 

今日めいさんから電話がありました。

盲導犬のフーマ君が必要なものを買いたいと。

 

うわっ、もうめいさんが帰って来る。

「めし~、めし~」の声のない、この静かなしあわせに満ちあふれている空間にまた、あのむさ苦しいめいさんが帰って来る・・・

 

「めいさんいなくてホッと安心」していた広々とした心の空間まで、あーあ、めいさんの声を聞いたとたんに急に萎み始めてしまった・・・

 

心を乱すめいさんは、私にとって怪物と同じ。

地の底から這い出して来る怪物ではなくて、上からのしかかってくる圧迫感のある怪物。

 

東日本大震災とめいさんが重なって、どんよりとしたよどんだ空気が辺りに立ち込めてきました。

まだ帰ってこなくていいのに~。

82 / 82« 先頭...102030...7879808182

PAGE TOPへ