CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

オニオングラタンスープ

公開日:2015/04/10

IMG_1655

さて、今日はお湯を注ぐだけでできる、おいしいオニオンスープのご紹介です。
ピルボックスジャパン株式会社が販売しているものです。
きっとご存知の人も多いはず。
田園調布のYさんからいただいたものです。

インスタントでこれほどおいしいなんてすばらしい!

夜鷹

公開日:2015/04/08

元中学校の校長がフィリピンで13歳から70歳まで12600人の女性を買春していたというニュースを聞いて、
「よ~やるわな。 70歳のばあさんなんて、オレなんかゴッツォサンだわ。」
めいさんがあきれたように言いました。

「でもさ、ここでもばあさんの夜鷹がいるんだわ~。」
「病院に?」
「うん。 真夜中に音もなく入って来て、『ここで寝させてもらえませんか』って言うんだよ。 オレ、その時本当にゾッとしたよ。 オバケかと思った。 慌てて看護師さんを呼んで、来てもらったら、『あーら、〇〇さん、ここは男の人のお部屋よ。 〇〇さんのお部屋に戻りましょうね』って連れて行かれたからホッとしたけど。 病室は夜中でも薄明かりが付いているから、光めがけて飛んで来る夜鷹みたいなもんだよ。 本当に怖かったな。」

どうもこのおばあさんは部屋を間違えて入って来たようだけど、車椅子で音もなく入って来て、「ここで寝させてもらえませんか」なんて言われたら、誰でもびっくりするだろうな。
めいさんでもゾッとすることがあるんだ。

お花見

公開日:2015/04/06

4月3日、米子東高65期の女子会でお花見に行ってきました。
行先は新宿御苑。

待ち合わせ場所の新宿駅新南口できょろきょろあたりを見回して、まだ誰もいないことを確認して持って来たナンプレをしようと、いい場所がないかな、と探していました。
あった、あった。
左側の人は文庫本を読んでいたし、右側の人たちは誰かと待ち合わせをしているみたいだったし、ここがちょうどいいや。

間もなく左側の人の友達が来たらしく、話をする声が・・・
聞き覚えのある声にふと顔を上げると、何だ、左隣の人はTさんで、来たばかりの人はFさんでした。
Tさんと私はお互いに気が付かなくて、ずっと隣り合わせで待っていたのです。

他の人たちを待っていると、3人のグループがやって来てTさんに話しかけました。
親しそうに挨拶をするので、私たちも「こんにちは」と会釈をしました。
そのうち、Tさんのことを「あべさん」と呼ぶので人違いしていることに気が付きました。
「ごめんなさい」
その人達が去った後に、私たちは大笑いをしました。

暑くもなく、寒くもなく、ちょうどいいお花見日和でした。
皆が手分けして敷物や飲み物、料理を持って来てくれました。
(私はたまたま茨城の干し芋を持参。 気の利かない私は何かを持って行くなんてことはめったにありません)
お料理の先生がいて、いつものようにいろいろ作って来てくれました。
いちご大福や桜餅も彼女の手作りです。
みんな大きな口を開けて食欲も会話も弾むこと弾むこと。
もちろん桜はきれいでしたが、久し振りに友達と会えて会話が弾むのがなんとも心地よく、楽しかったです。

 この日は温室に行ってみました。
もちろん私は初めてです。
「ミッキーマウスノキ」という名前に引きつけられて見てみると、どこがミッキーマウスだ、というようなものがぶら下がっていました。
これではまるでユデダコノキ。
赤いウィンナーソーセージで作ったようなタコに似ています。
(「タコノキ」というのがあったけど、これもどこがタコノキ?って感じでした)

それと入口に、カブにもしゃもしゃと緑の毛が生えたような植物がありました。
硬いカブのみたいに見えて、煮て食べるとおいしそう。

写真を撮って来たけど、スマホに替えてから使い方が分からず、メールが送れませんでした。
そのうちにアップできたら、と思っています。

 

さて次の日は毎年恒例の「さくらの会」。
田園調布のYさんの家でわいわい騒いでこれまた楽しい時を過ごすはずでしたが・・・
行ってみると呼び鈴を何度押しても返事がなく、門を開けて中に入ると玄関に鍵が掛かっています。
また呼び鈴を押して、やっぱり誰も出ないので、今度は外階段で2階のテラスに行ってみました。
おうちの中は暗くて誰もいないようです。

諦めて小川沿いの桜を眺め、ベンチに腰かけてナンプレをして、一息ついて大あくびをして、慣れないスマホを触っていると、あっ、出て来た、アドレス帳が。
で、電話をしてみると・・・
「あっ、なち子ちゃん? さくらの会は昨日だったのよ。 何回電話をしても出なくてどうしたのかなあ、ってみんなで心配していたの。 どこにいるの? えっっ? うちの近く? すぐ帰る。 待ってて。 30分したら着くから。」
私が日にちを間違えていたのでした。
Yさんは昨日の残り物があるからと、慌てて料理を作ってくれて、近くのHさんも駆けつけてくれて、3人だったけどこれまた楽しいおしゃべりが延々と続きました。

まさかお昼をご馳走になれるなんて思ってもいなかったし、それも私の好きなベトナム料理だったからもう感激!
お茶もお菓子もご馳走になって、大満足で家路に着きました。

それにしても疲れた、疲れた。
合羽橋の道具街にも行ってきたので荷物も多くなってしまって、左肩がだるくなって(右腕は痛くてまだ重いものが持てないため)昨日は1日中寝ていました。
疲れたのは肉体だけで、精神的にはスカッして、気分はいいです。
とても楽しい2日間が過ごせてしあわせでした。

事故後初めて車を運転

公開日:2015/04/02

毎日暖かい日が続きます。
めいさんが会津若松では18℃だったと言っていましたが、猪苗代は10℃でした。
でも日が照っていて風のない10℃は、かなり暖かいです。

今日事故以来初めて車を運転して、めいさんのいる町立病院に行ってきました。
車の中が暑かったせいもあるでしょうが、心臓はドキドキ、手には汗がべったりでした。
駐車するときにハンドルを回さなければなりませんが、腕と肘が痛くてまだ狭いところに止めるのは無理だと思いました。

車は部品がなかなか手に入らなかったそうで、1週間前に届いたばかりでした。
でもグリルガ―ドとシビエのフォグランプはどうしてもなくて、中古の部品屋さんやインターネットで探してみてもやっぱり見つからなかったとのことでした。
めいさんの思い入れのあるものなので、なるべく元のままにしたいです。

めいさんは病院の食事のおかげでおなかの周りがずいぶんすっきりしてきました。
でもどうしてもお腹が空くので、売店でパンを買ったり、差し入れたマイクのポップコーンを食べています。

コーヒーを1日に2杯飲むと体に良いと信じているめいさんは、ペットボトルの無糖のコーヒーを飲んでいます。
このため引き出しや扉の中にはコーヒーとマイクのポップコーンがひしめき合って入っています。

今日は本当に気持ちのいい日でした。
それで車を運転してみようという気になりました。
まだ無理だとわかりましたが、少し胸のしこりが取れたように思いました。

ポッチーちゃんとリピリピ、パルパルは東京に戻って行きました。

公開日:2015/03/28

ポッチーちゃんとリピリピ、パルパル親子は今日、東京に戻って行きました。
猪苗代駅まで見送りに行くと、駅員さんが「入ってもいいですよ」と言ってくれたので、プラットホームでバイバイすることができました。

お掃除の佐藤さんは、別れに弱くて泣いていました。
私なんぞ、「孫は来てよし、帰ってよし」(子どもも同じ)。
クールでドライなのか、全くめそめそすることはありません。
おお、これで食事の心配はなくなった。
私ひとりなら何を食べてもかまわないもんね~。
お菓子が食事になることだってあるし、気ままにできるのがひとりの良さ。

リピリピが脳圧の検査を受けることができるように祈ってるよ。
手術が必要だったらしたらいい。
悪いところがあれば治してあげないと。
子どもが手術を受ける権利を親が奪ってはいけないよ、コウちゃん。

 

IMG_1642

帰りに高取さんの下の敷地辺りから見た磐梯山がとてもきれいでした。
空も青く、暖かい日でした。
こんな日がずっと続けばいいな。

PAGE TOPへ