CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

ネコ餌

公開日:2015/04/27

猫が取り持つ縁で親戚付き合いをしていただいているお客様は、ケーナインヒルズに来るたびにお土産を持って来てくれます。
めいさんには酒の肴になる干物、私には甘いお菓子、そして主役の猫にはたっぷりのおいしい餌です。

IMG_1725

猫懐石から始まって、ゼリー仕立てのとろりとしたもの(これはとてもおいしい)、そして今回の(私の)お気に入りは外はカリカリ、中はトロリのスナック。

IMG_1728

おなかが空いたときに、下のペンションさんからもらった小さめのリンゴを齧りながら、この外はカリカリ、中はトロリのネコの餌をうちのネコにナイショで食べています。
ネコの餌っておいしいじゃないか。
こんちくしょうめ、ネコってこんなにいいものを食べているんだ。

猪苗代桜満開

公開日:2015/04/26

今、町なかの桜は満開です。
どこに行っても淡い桜色が目に飛び込んできて、とてもきれいです。
西葉山でも、Tさんのところの桜は見事に咲いています。

 

IMG_1711

ケーナインヒルズの周りにも、ほんの少しですが桜が咲き始めました。

 

IMG_1710

看板のところの桜はまだつぼみですが、こんなに色づいています。

 

IMG_1714

沢沿いに道には、ちらほらとカタクリの花も見られます。

IMG_1717

たったこの前まで積み上げられていた雪でいっぱいだった土手に、ツクシがなっていました。

急に暖かくなり、土の中に眠っていた草花も俄然元気になりました。
お掃除のSさんが植えてくれた水仙の花も咲いています。
春になると一気にエネルギーが爆発して、茶色と白のさびしかった冬の景色から、カラフルな色に変わって行きます。
外に出て周りを歩いているとると、何かしらの発見があり、楽しみが増えてきます。

あ~、春っていいですね~。

雪はわずかに残っています。

公開日:2015/04/23

IMG_1685

今日は春の陽気でした。
表の庭の雪はすっかり解けて、気が付いてみるとフキノトウが背比べをしていました。

 

IMG_1703

森も雪はほとんどなくなり、駐車場の周りにわずかに残っているだけです。

 

IMG_1695

裏庭の雪もごらんの通り。
南側なのに、北側の表の庭より雪が解けるのは遅くて、これからフキノトウが出て来ます。

残雪

公開日:2015/04/18

西葉山の雪はほとんど連日の雨で急速に解けて行きました。
今は朝7時半ごろ。 外気温は5℃です。
5℃といっても日が当たっているので温かく感じます。

 

IMG_1670

表の庭には雪はほとんどありません。

 

IMG_1674

玄関前の林にはまっだ少し雪が残っていますが、この分ではもうじき解けてしまいそうです。

 

IMG_1676

駐車場の周りにはまだ雪があって、沢沿いの道に出ることができません。
森の木々の周りの雪は解けて、地面が顔を出しています。

 

IMG_1672

南側の斜面も雪が消えて、少しだけ残っています。
(今朝はちょっと霞んでいて猪苗代湖が見えなくて残念)

春の天気は忙しく変わって行きます。
朝、晴れていてラッキーと思っていても、午後に雨になったり、昨日は雨でも今日は晴れといったように、「春に3日の晴れ間なし」は本当ですね。

ブチつぶし

公開日:2015/04/15

いいお天気だったので、めいさんのところに行ってきました。
めいさんはお腹が空いたとき用に、下の売店でウインナーソーセージの入ったパンを買い溜めしています。
「動物性蛋白質が足りないからね~。」

お風呂のない時には自分で体を拭いていますが、背中のブチが無くなって、ツルツルもちもちしてキメ細やかになっていました。
ブチというのはブツブツのことで、若い頃には背中にたくさんのニキビがブツブツできていて、私はそれをつぶすのが楽しみでした。
結婚する時も「ブチつぶし」させてくれることを条件の一つにしていましたからね。

それがこんなにきれいになってしまって、私の楽しみがなくなってしまいました。
「毎日動物性蛋白質が不足しているからね~。 それに年を取って油も枯れてしまって、ブチができる余裕がなくなったのよ。」
めいさんは笑いながら言いました。

1時間ほどいてから窓の外を見ると、ザーザー雨が降っていました。
「あんなに天気がよかったのに。」
「今日は荒れるらしいぞ。」
「じゃあ早く帰ろう。」

家に着くと今度は雨も止んで、わずかに明るくなっていました。
(でも夕方になるとまた雨が降ってきましたが)

夜お風呂に入って自分の背中を触ってみると、私のほうがブチだらけでした。
で、爪でつぶしてみるとチカッと痛くてすぐにつぶすのをやめました。
めいさんはずっとこのチカッとする痛みに何十年も耐えていたのだと、改めて感心しました。

PAGE TOPへ