CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

めいさんと散歩

公開日:2014/04/15

2

北側の日の当たるところにフキノトウがありました。
もうこれだけ大きく花開いているので、ずいぶん前からあっただろうに、雪があればほんのここまでだって来るのが面倒で、足を運ぶなんてことはしませんでした。
これだけ大きくなってしまったら天婦羅にしてもおいしくない。

3

ところが今年初めて歩いた沢沿いの道に、ポツポツとかわいい黄緑色のフキノトウが顔を出していました。
中にはこんなに大きなものまでありましたよ。

4

秋に落葉がたくさん溜まって「かさこそ道」になっていた歩道は、雪が解けてもほぼそのままです。

5沢は雪解けの水で流れが速いです。

8

めいさんはフーマと広い道を歩き、私は沢沿いの道を歩いて途中で合流し、町営牧場まで行きました。

6 牧場に雪はなく、おなじみの白樺並木は相変わらず美しい!

7牧場から撮った磐梯山です。
9

帰りは昭和女子大会津キャンプ村まで行き、そこでUターン。
フーマはきちんとめいさんを案内していましたよ。
春の日差しを浴びて、磐梯山を見上げながらのゆっくり、楽しいお散歩でした。

雪はほとんど解けましたよ~。

公開日:2014/04/13

IMG_7247

春の暖かさで南側の斜面の雪はほとんどなくなりました。
森の中の雪もだいぶ解けて、地面の方が多くなっています。

IMG_7249

リピリピと橇遊びをしたところもご覧のとおり。
もう橇遊びなんてできません。

あたたかい春の鼓動が辺り一面を覆って、長い冬の間に蓄えられた土のエネルギーが今にも吹き出そうとしています。
春は私の一番好きな季節。
冬籠りから目覚めた動物たちのように、私もそろそろ「ふわぁっ」と大きなあくびをして、体を動かそうと思います。

東京で

公開日:2014/04/11

1週間振りに見たパルパルは、えらく太っていました。
二重顎がますます目立って、太ももも前にも増してむっちりしてきました。
オッサン顔のパルパルはたったこの前まで「大きくなったら野球で甲子園に行くよね」だったのが、今では「ドスコイ、ドスコイのお相撲さんだね」

反対にリピリピは、「えらく痩せたね」
私の目から見てもちょっとは痩せたかなあ、と思っていましたけどね。
ロクなものを食べさせていなかったから痩せてしまったのです。(きっと)

さて、 10日は米子東高65期の女子会で、新宿御苑にお花見に行きました。
暖かいどころか暑くて、日陰が気持ちよかったです。
お料理の先生がいろいろと作って持って来てくれて、みんなほこほこ顔でぱくつきました。
おいしいし、久し振りに友達に会うこともできて、満足、満足。

2

桜の花もきれいでしたよ。
ほとんどが八重桜で、ピンクの濃い花、薄い花、真っ白な花が、近くから見ても遠くから見てもとても美しかったです。

写真 4

私はここで初めて黄緑色の桜を見ました。(上)
黄緑色の桜のことは知っていましたが、見るのは初めてだったので感激しました。
(写真の具合で黄色っぽく見えますが本当は黄緑色です)
黄色に見えるものもあって、これにも感激。

桜の花は一輪で見ても、樹全体を見てもきれいで、いくら見ても飽きません。
可憐で散りぎわもよく、弱そうに見えても、強い生命力を持っているからでしょうか。

私は携帯を忘れて(と言うか、どこにやったのかわからなくなって)写真を撮れなかったのですが、友達の一人が送ってくれたのでこうして載せることができました。 よかったぁ♪
(アホな私は携帯を持って来ていないのに、どういうわけか充電器だけは、しっかり持って来ていました)

 今日は昨日と比べると涼しかったのですが、猪苗代に着いてみると(夜だったこともあり)少し寒かったです。
雪はこの数日間でかなりなくなっていました。

元気な孫たちとバイバイできてほっとしたのも束の間、めいさんの顔を見たとたん、疲れがまた襲ってきました。

 

リピリピと猪苗代での最後の遊び

公開日:2014/04/08

今日はリピリピがおうちに帰る日。
これで孫とバイバイできると思うと、朝から胸が弾みます。
(私は別れを惜しむような普通のおばあちゃんとは違います)

荷物を詰めていると、リピリピが橇を持ってきました。
橇遊びをしようというのです。
最後だからと気も軽く遊んだら、何回も何回もリクエストしてきます。
「おばあちゃんは忙しいから、もう橇遊びはしないよ」と言っても、どこまでも私の後を橇を引きずりながら金魚のフンのように付きまといます。

急におとなしくなったと思ったら、コップの中に水を入れ、廊下にこぼしていました。
そのあとはフロントの周りで(ドアを閉めておいてもちゃんと入って来ている)ペンをいじったり、プリンターのインクをいじったり、紙を出したりして遊んでいました。

888

えらくおとなしくなったと思ったら、この狭いフロントの通路で橇に乗ったまま寝てしまっていました。
こんなところはかわいいですね。

 

888

西葉山も春の訪れとともに、急速に雪が解けて行きました。
左の写真は南側の斜面、右の写真は森の中です。

 

34
桜の花はまだまだですが、土の中からはスイセンが顔を出していました。

さあ、これからリピリピを連れて東京に向かいます。
東京はきっと暖かいでしょうね。

リトル・コウちゃん

公開日:2014/04/07

わーい!
リピリピがとうとう明日、東京に帰ることになりました!
9日のつもりだったのですが、リピリピを連れて出かけなければならない用事があるとかで、1日早まったのです。

これで疲れ知らずの孫とやっとバイバイできる!
孫はかわいいけど、孫がいると身体の疲れだけでなく気疲れもあり、かなりダメージがあります。
それに、しなければならない仕事もあまたあるのに全く手に付きません。

それにしてもリピリピはコウちゃんにそっくり。
泣いた顔など見ていると、泣き虫だったコウちゃんの顔を見ているようで、幼い時のコウちゃんがここにいるような錯覚に陥ります。
意地悪な私は、コウちゃんを泣かしている気分になって、「もっと泣け、もっと泣け」とリピリピに言ってしまっています。
私が幼い時に(これまた幼い)コウちゃんがいたら、きっと泣かして遊んでいるような気がします。
(ポッチーちゃんにきつく叱られそう)

笑っている顔も、いたずらをしようとしている顔も、泣いている顔もリピリピはコウちゃんにそっくり。
まあ、親子だから似るのは当たり前かもしれませんが。

リピリピはまるでリトル・コウちゃんです。
かわいくてかわいくて、ほっぺた食べちゃいたいくらい。

PAGE TOPへ