CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

父の13回忌、米子から戻ってみると・・・

公開日:2014/06/16

今晩、米子から戻ってきました。
父の13回忌法要のため13日から4日間、実家に帰っていたのです。
もうそんなに経つのだなあ。

久し振りに会った母はまた少し痩せていて、ほとんど骨と皮だけになっていました。
「息するのもいたしくて(つらくて)もう生きているのが嫌になった。」
と言いながらも食欲はあって、何を食べてもおいしいと言います。
今でも自分で食事を作り、食事の時間も決まっていて、うちとは大違い。

「掃除もなかなかできなくてホコリだらけで嫌だ。」
と言いながらも、いつものようにきれいに片づけてあり、私の見る限りホコリなんて目に入りません。
これも私と大違い。
本当に母と私は血が繋がっているのかしら、と思うほどきちんとしています。

母は年とともにあちこちが痛くなって、今では1日中ごろんとしていることが多く、昼間はテレビを見ながらよく寝ています。
寝るのが好きな私と、この点はよく似ています。
米子にいた4日間は私もほとんどテレビを見ながら寝ていました。
お天気もよく、風も涼しく、本当に昼寝日和の日々でした。
何もしなくても大満足の平和な日々でした。

今日猪苗代に帰る時、
「遠いところからわざわざ来てくれてありがとう。 生きているうちに会えてよかったわ。 もうこれが見納めかもしれんなあ。 遠いからなかなかこっちに来ることもできんだろうし(できないだろうし)、死んでから来てもらったってつまらんけん(つまらないから)、今会えて本当によかったわ。」
と淋しそうに言いました。

 

父が亡くなった時はたまたま米子にいました。
この頃はペンションをするための物件を探していた時でした。
めいさんも私も大山が好きだから、大山でペンションをやりたいと思っていました。
そのための手付金も用意していたのですが、入院していた父の容体が急変し、真夜中に大学病院から電話があって駆け付けた時にはもう亡くなってしまっていました。
 私は父が「大山はやめなさい」と言っているような気がして、これを機に大山は諦めることにしたのです。

それから出会った猪苗代の物件。
開業までにはいろいろありましたが、この西葉山の眺めのよい地に落ち着きました。
めいさんも私もここが大好き。
ここは本当に落ち着けるところです。
米子の次に好きなところ。

ああ、でも!
ここケーナインヒルズはとんでもないことになっていました。
私が帰って来た途端、めいさんが言うには、
「ボイラーが壊れてしまって給湯ができない!」
お湯が出ないのでお風呂が使えない、洗面台からお湯が出ない。
「もしかしたらボイラーを分解してみないといけないらしい。」

ええ!!
どうするの?
明日お客様なのに。

その旨を明日のお客様に話すと、「旅行を楽しみにしているし、日にちを変更するにも次いつになるのかわからないので行きます!」とのこと。
お客様の了解をいただいて、お風呂だけ近所のペンションさんに借りることにしました。
よかった、心優しいリピーターさんで。

次のお客様が来られるまでに直ったらいいけど・・・
それよりも何よりも金額が恐ろしく高くなりそうで・・・
支払えそうもない金額が請求されたとしたら・・・
あ~、考えただけでも心臓に悪いわ~。

裏庭でコデマリ見つけた!

公開日:2014/06/11

IMG_8849

シュガーガーデンにアイリスが咲き始めました。
あっちに1輪、こっちに1輪とばらばらに咲いています。
かたまって生えていて蕾がたくさんついているものは、咲けば少しは見応えがあるでしょうけど。
1週間前にアヤメが咲いていましたが、今は盛りを過ぎてしまいました。

IMG_8853

少し赤い色の混じったエニシダはいつもこんもりと咲きます。
手入れをしてやらないので、野生児のままです。

IMG_8860

マーガレットはよそのおうちでは雑草と一緒によく咲いていますが、花などあまりないシュガーガーデンでは大切な花です。

IMG_8854

甘い香りのもとを辿れば、アカツメグサでした。
シロツメグサは匂いませんが、アカツメグサは(バラを大人の香りだとすれば)子どもの香りといったところですね。

IMG_8867

ナナカマドの下に毎年決まって生えてくるのはヨメノヌリバシ(クジャクシダ)です。
私、ヨメノヌリバシだ~い好き。

IMG_8874

裏庭でいつものようにワラビを採っていると、コデマリの花が咲いているのに気が付きました。
西葉山に来て8年、毎年ワラビを採っているのに、すぐそばにコデマリがあるなんて知りませんでした。
見つけた時には跳び上がって喜びましたよ。

今では裏庭の草は膝くらいまで伸びて、ワラビが見えにくくなりました。
でも日々の糧、めげずに採っています。

同窓会とお説教

公開日:2014/06/08

昨日は関東地区米子東高65期の同窓会でした。
前日ポッチーちゃんから「携帯を忘れないでね。 みんなに迷惑が掛かるから」と電話があったのに携帯が見当たらず、やむなく携帯ナシで行くことになりました。

ところが東京は雨で、「お江戸散策」は中止になってしまっていました。
でも携帯忘れというか携帯がなくて持って行けなかった私は、この連絡は当然届かなかったわけです。

何も知らない私が約束の時間に集合場所に行くと、7人の懐かしい顔が集まっていました。
(中には全く知らないと言うか、在学中にお互いに存在すら知らなかった人もいましたが)
幹事のS君が私を見るなり、「連絡が取れずに困った」と話してくれました。(ドキッ)

雨で中止にした ⇒ 何も知らない私は集合場所で誰もいないのに待ち続ける ⇒ 幹事のS君の責任となる ⇒ 集まれるものだけ集まって今回は違うルートにする・・・
ということになったのか(推測)、人数は半分になってしまったけど、行動を共にする人たちが来てくれていました。(アリガトウ)

1時半からの「お江戸散策」は、ニコライ堂~湯島聖堂~神田明神~湯島天神~旧岩崎邸公園~不忍池~上野公園~鶯谷~入谷鬼子母神に行く予定でした。
これがなるべく雨に濡れないように、ニコライ堂~北町奉行所跡~ブリヂストン美術館というコースに変更になりました。

北町奉行所跡はよっぽど調べていないと見落とすようなところにあります。
大丸の端っこにあり、下の方に石板が張り付けてあるだけで本当に分かりづらいです。

ニコライ堂、ブリヂストン美術館はすばらしかった~。
ニコライ堂の中はとても広く、天井も高く、宗教色に溢れ、イコンやステンドグラスも美しかったです。
ブリヂストン美術館は言うことなし。
教科書で見たものを実際に見られるなんて感激ものです。
実際はこんな大きさだったのかなんて、実物を見ないとわかりませんものね。
雨に降られたおかげでブリヂストン美術館に行くことができ、本当によかった!

さて同窓会会場に5時ぎりぎりに着いて、ここでもまた懐かしい顔に会うことができました。
みんな元気で1年に1度顔を合わせることができるのは本当に幸せ。
この日は米子から3人も来てくれて、みんな話が弾んだようです。
懐かしい仲間が、利害関係もなく平等に話をすることができるのはいいなあ、とつくづく思いました。

高校時代のあこがれの人が、今ではなんてことない、普通に話ができているのだから不思議。
(あこがれの人は男女を問わず何人もいま~す)
いつも帰る時は満足感でいっぱいになり、生きていてよかった、また来年も来よう、という気にさせられます。
いい仲間を持つと心に余裕ができます。
また少し若返った同窓会でした。

さて、昨夜はポッチーちゃんのところに泊めてもらいました。
携帯のことでどれだけ周りの人たちに迷惑をかけているのか散々お説教をくらって、どっちが母親なのかわかりませんでした。
今日戻ってからメールを開くとその中にポッチーちゃんからのものが・・・

「今すぐ首からかけられるストラップを鞄の持ち手にくくりつけておくこと!
auの携帯を解約→docomo契約→その場でストラップをつけること!
充電する時も鞄から外さない!充電が終わったら充電器のプラグを方をコンセントから抜いて、携帯と充電器はくっつけたままにしてそのまま鞄に仕舞う!
これなら絶対に失くさない!!」  ですってさ。

 

※「auの携帯を解約」というのは、ケーナインヒルズではdocomoが入りにくいのでアンテナを付けてくれるように頼んだら、携帯をdocomoに替えないとアンテナを付けないと言われたからです。
この点ソフトバンクは、NTTも一緒に来るようなちょっと大きな工事になりましたが、無料できちんとしてくれました。
docomoに替えてアンテナを付けてもらったらすぐに解約してソフトバンクにしようかな、とも思ったほどです。

ちょっとお散歩♪

公開日:2014/06/03

今日は北海道が最高気温の上位10位を独占したそうです。
北海道のほうが沖縄より暑いという変な日でした。
音更町で37.8℃、美幌町と北見市で37.2℃と、北海道にしてはかなり猛烈な暑さだったようです。
会津も暑かったようですが、ケーナインヒルズにはさわやかな風が通り抜け、館内は23℃でしたが涼しく感じました。

 

IMG_8785

森は緑が濃くなりました。
葉が大きくなってきたせいか、急に膨らんだ感じがします。

 

IMG_8782

西葉山には朴の木が多いです。
朴葉の包み焼きなどしたらいいかなあ、といつも思うのですがなかなか実行できません。

 

IMG_8783

今年も会えた、私のお気に入りの木です。
名前は分かりませんが、ジャングルの中に生えていそうな木です。
この長い実が何とも面白いです。
花も同じ色で、見た目は実とあまり変わりません。
私はこの木に「なちらす」と言う名前を付けました。
(「なちらす」は私のゲームネームです)

 

IMG_8793姉の土地には今、ツツジが満開です。
以前はもっとたくさんありましたが、木を切った時にツツジも一緒に切ってしまって、ずいぶん少なくなりました。

 

さてここまで来たらお決まりのワラビ採り。
1日おきに採っています。
草が伸びるのが速くて、ワラビは草に隠れるようにして生えています。
でもかくれんぼしてても、鬼の私はいつも見つけてしまいます。

今は毎日ワラビ料理です。
一昨日はTさんと一緒にワラビを肴に飲み明かしました。
今年もハナオクラ、ナスタチウム、パセリ、ナスにピーマン、その他いろいろ植えつけてくれました。
で、私は実の生る頃にちゃっかりいただくだけです。

Tさんは種を撒いて育てるのが楽しみ。
私はそれをもらうのが楽しみ。
今年もTさんの新鮮な野菜がケーナインヒルズの食卓に並びますよ。

人を殺す夢

公開日:2014/05/31

人を殺した夢を見ました。
ナイフで松嶋奈々子を刺して殺し、帰宅した夫の反町隆をやはりナイフで刺し殺していました。
殺すのはとても簡単で、まるでテレビのミステリーを観ているようでした。

死体の処置に困り、布団に包んでゴミの日にゴミに出しました。
 オドオドしながら1日を過ごし、テレビのニュースで事件が報道されると、逃げようか、それともこのままここにいて逮捕されようかと迷っていました。

そのうちに警察がやって来ました。
気の小さい私は事件のことを隠すなどとてもできませんでした。
布団に包まれた松嶋奈々子の血だらけの遺体を見て泣き崩れ、「私がやりました」と自供しました。

夢はとてもリアルです。
現実よりもリアルです。
ここで目が覚めてよかった。

人を殺す夢はこれで2回目です。
1回目の時は姉のフクロウおばちゃんと私がまだ小さい頃でした。
父をどうしても殺さなければならなくなり(何で殺さなければならないのか理由はさっぱりわかりませんが)私たちは泣きながら手を下していたのでした。

人を殺す夢は決して悪いものではなく、むしろ吉夢だと言いますが、夢を見ている本人は苦しい思いをしているのですよォ。

PAGE TOPへ