CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

いい1日

公開日:2019/09/05

朝ふと目が覚めてめいさんを見ると、口は半開きになって、目も半開きで上を向いたまま。
もしかして死んでいるのではないかと一瞬ドキッとしました。
でも息をしていたので、
「めいさん、めいさん!」と声を掛けると、
「おっ、もう時間になったのか。」と返事があって、ホッとしました。

今は5時過ぎに散歩に出掛けるので、4時45分に目覚ましを合わせています。
それでもう起きる時間になったのかと返事をしたわけです。

めいさんは鼾をかいていたかと思うと、息を止めたままじっとしていることがあります。
めいさん自身は苦しがったりするわけでなく、何事もないようで、私が心配しているなんて思ってもいない様子。
私なんか隣で寝ていていつもヒヤヒヤしているというのに。

でも苦しみながら死んで行くのではなく、私が気が付かないうちに息を引き取ったとしたら、めいさんにとってはこの上もなくラクな死に方。
子どもたちには「めいさんはいつ、何があってもおかしくない状態だから、覚悟しておいてね」と言ってあるので、何かあっても冷静でいられると思います。
きっと私ひとりが慌てるだけでしょうね。

毎日朝が来るたびに、今日もめいさんは生きていたと思うとホッとします。
そして毎日のように口ゲンカして(取っ組み合いのケンカはもうしません)、フーマと遊んで、ご飯を食べて、テレビを観て、これと言ったことはしないうちに1日が終わっていきます。
何の変化もない日常が、ただ二人が生きているということだけで満たされているのですから、変化のある生活を好む人たちから見れば、つまらない人生のように思えるかもしれません。
でも私は何事も起こらない、平穏な日々が過ぎて行くことをただひたすら願っています。

温暖な房総半島に来てから、ずっと調子がいいので、この調子では細々と長く生きていられるかもしれません。
傍から見ると全く元気そうで、病気など持っていないように見えていますからね。
(骨折してからというもの、前にも増してよく浮腫むようになり、細かい血管が浮き出て、踝から下が紫色になっていることもよくありますが)
健康に気を配っているので、案外、私より長生きできるかもしれません。
でも一人だけになったら自分で何もかもしないといけなくなるから、返って不幸なのかもしれませんね。

人間の寿命は生まれた時から決まっているというから、運命に逆らわずに生きて行くのが一番。
あまり先のことは考えないで、今を大切にして、何かいいことが起こりそうな明日が来るのをほんの少しワクワクしながら待つ毎日です。
今日もいい1日が終わりました。

自分スタイルの散歩

公開日:2019/09/04

IMG_4230

朝、ミカン山を歩いていると、白い花が目に付きます。
何て言う名前の花だろう?
調べてみたけどわかりませんでした。
(単に調べ方がよくないだけかもしれません)

 

IMG_4232

これは萎みかけたカラスウリ。
レースのような花びらがきれいです。
初めてカラスウリの花を見た時、小さな妖精が花弁の先を一生懸命編んでいる姿を想像したことがありました。
その時、あまり上手に編めなくて、ほどいて鋏で切って形を整えて、「これでいいや」と半ば諦めかけた作品のように感じたことを思い出しました。
勝手に想像するのは楽しいですよ。
自分でも笑ってしまうことがあります。

朝は決して若くない人たちばかりが歩いています。
大抵いつも同じ人たちです。
ご夫婦で散歩している人、いつも半ズボンで笹を上下に振りながら歩いている人、山の上で必ず立ち止まって休憩する人・・・
たいてい山と池をぐるっと1周するコースのようです。(結構距離が長い)
中には私と同じように、同じところを何回か往復する人もいます。

私は平坦な道ではなく、アップダウンのある山道だけ歩きます。
中には階段ばかり選んで歩いている人もいます。
みんなそれぞれ自分に合わせて、好きなように歩いているところが面白いです。

朝晩は涼しくなりました

公開日:2019/08/31

IMG_4140

8月も下旬になると、朝晩は涼しくなり、とても凌ぎやすくなってきました。
ぎらぎらの太陽にヒマワリの花は本当によく似合っていました。
でも太陽の眩しさが和らぎ、朝晩涼しさを感じる頃になると、ヒマワリは途端にお役御免。

明日から9月。(私にはSeptemberの英語表記の方がしっくりきます)
いつになく忙しい月になりそうです。

大相撲錣山部屋ふれあい相撲

公開日:2019/08/27

IMG_4187 - コピー

大相撲錣山部屋ふれあい相撲を見に行きました。
今日は晴れたり曇ったりでしたが、風は涼しく、テントの中だったので、フーマも思ったほど暑がらず、安心しました。

 

IMG_4192 - コピー

公開稽古をフーマも興味深そうに見ていましたよ。
私たちもお相撲さんは見たことがあっても、稽古をしているのを見るのは初めてです。
迫力がありますよ~。
一番前の席で見ていたので、息づかいも感じ取れて、めいさんも充分に楽しめたようでした。

 

IMG_4200

子ども相撲もあり、そのあとは力士に挑戦もありました。
やっと歩き始めたような小さな子どもの中には泣き出す子もいて、その時は力士たちみんなが泣いている子を囲んで記念撮影です。
「泣くが勝ち」ですね。

 

IMG_4209

太鼓打分では軽快に何種類かの太鼓の披露があり、

 

IMG_4212

髪結い実演では床山さんが大銀杏をあっという間に結い上げていました。

 

IMG_4226

最後に相撲甚句でおしまい。

ちゃんこの振る舞いまであって(これがまた絶品!)、めいさんは満足そうでした。
(この人は食べている時がいちばん幸せなのです)
錣山親方や力士に気軽に話しかけることもできるし、写真撮影やサインもしてもらえるし(私はしてもらわなかったけど)、相撲大好きな人にとってはうれしい時間だったと思います。
でも相撲にあまり興味のないめいさんもフーマも、結構楽しんでいたようでしたよ。
めいさんは「面白かった。来年もまた来よう」と言っていました。

障害を持っていると、家の中に閉じこもりきりになりやすいものですが、めいさんも少しずつ楽しみを見つけるようになってきました。
いいことです。

めいさん、また窓を開けてる!

公開日:2019/08/21

お風呂から上がってふと見ると、窓が開けっ放し。
パシャッと窓を閉め、ササッとパジャマに着替えて、めいさんのところに怒鳴りに行く。

「また、めいさん、脱衣場の窓を開けてたじゃないの!裸になったところを見られたじゃないか!」
「誰がなっちんの裸を見るのかね?」
「道を通る人みんな!」
「みんな目を逸らして通り過ぎるよ。」
「いや、見てる!」
「そんな物好きはおらんぞ。」
「おる。私の豊満なおっぱいを覗こうとしている人はいっぱいおる。」
「そんなおっぱいを見て誰が興奮するのかね?」
「見た人みんな、興奮する。」
「はははははは^^^^ところでその時、誰か人が通っていたのか?」
「わからん。」

ここは住宅街なんだぞ。
お風呂場や脱衣場があるところは道路に面しているので、通りがかりの人は夜だとちらっと覗きたくなって来るわなあ。
あかりに吸い寄せられる虫のように、目が自然とあかりが灯っている窓に吸い寄せられるのだよ。
全く、めいさんときたら、暑いから風通しが良くなるようにと、お風呂タイムであろうと窓を開けっぱなしにするのだから、もう~。

窓が締まっているとばかりに思い込んでいる私は、いつものように服を脱ぐ・・・
あああ―、きっと覗かれているよなあ―。
めいさんはいくら大きなおっぱいだとしても、男だからどうってことないのだよ。
私は(もし)小さなおっぱいだとしても、女だから大ごとなんだよ。
わからないのか、このバカ!

PAGE TOPへ