CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

フキノトウ

公開日:2021/03/15

IMG_1421

小鳥の森公園で、フキノトウがたった一人で、孤独に耐えて生きている。
辺りを見てもフキノトウなんて見当たらない。
きっとどこかから種が飛んできて、ここに居ついたのだろうな。
このフキノトウも辺りに種を飛ばし、そのうちここもフキノトウの収穫地になるかな?(私が採って、フキ味噌にしたいよ!)
本当に懐かしい!

猪苗代では土手が薄緑色に染まるほどたくさんありました。
もちろんケーナインヒルズの庭にも、それこそ特上の、柔らかくておいしいフキノトウがありましたよ。
フキノトウ、コシアブラ、ワラビはケーナインヒルズの三大春の味。
あ~、食べたい、食べたい!!

お日様のお陰?

公開日:2021/03/14

ウグイスが庭の木の上で鳴いています。
梅にウグイスと言うけれど、梅の木ではなくて百日紅の木の上しきりに囀っています。
ホーホケキョではなくて、語尾上げて、キョッペッチ、キョッペッチ、キョッペッチ、と鳴くのですよ。
写真を撮ろうとすると、さっと逃げて行ってしまいました。
憎たらしい奴だ。

 

IMG_1440

道端には菜の花が咲いています。

 

IMG_1443

田んぼに水が入りました。

ああ、春だなあ。
暖かくて気持ちの良い日差しを受けながら、いつもの散歩道をゆっくり歩きます。

外に出てお日様の光を浴びると、不思議とネガティブなことが頭から離れていき、温かいパワーを受け取って元気になれます。
私の心の中は不安だらけなのに、平気な顔をしていられるのはお日様のお陰かな?

蓮池公園

公開日:2021/03/11

フーマはちょっと遠い蓮池公園が大好きです。(遠いと言っても公園の入り口まで家から300mくらいですが)
この公園に行くときは、ワクワクしながら弾むような足取りで歩きます。
めいさんをベンチに残し、私がフーマを連れて池の周りを散歩します。

IMG_1436

カメが5匹、列になって甲羅干しをしていました。
ところが私たちが近づくと、ぽちゃんぽちゃんとみんな水の中に入ってしまいました。
遠くで1匹だけ細い竿の上で日向ぼっこしているカメだけが、そのままじっとているだけでした。

 

IMG_1428

セメントで作られた、木道に似せた道を歩きます。

 

IMG_1431

この道の下に生えている緑色の草は、私の好きなオオイヌノフグリ。
花が小さいので、同じ色をしたネモフィラのようにあたり一面ブルーという訳にはいきませんが、きれいですよ。

フーマと一緒に池の周りをぐるっと回ります。
池の真ん中あたりに橋もあって、お散歩ルートもいろいろ組み合わせることができます。
フーマは池の周りを歩くのが大好きで、水鳥が水の中に飛び込む音がすると気になるらしく、じっと見ています。

 

IMG_1424

公園にはコブシの花も咲いていて、春満喫。
長閑だなあ。

梅の花

公開日:2021/02/26

昨日までいいお天気が続いたのに、今日は一日中曇りでした。
梅の花はこの辺りによく咲いていますが、もう散ってしまったものもあります。

 

IMG_1388

小鳥の森公園の梅は数本しかなく、それも白梅だけ。
ピンク色のものがないので、ちょっと寂しいです。
ここの梅も散り始めました。

 

IMG_1392

我が家の梅はやっと咲き始めたばかりです。
我が家の梅はいつも咲くのが遅い。
何があっても慌てない(言い換えれば、のろまの)めいさんを見ているようです。

特別な日

公開日:2021/02/25

時間の一通過点でしかない今日ですが、私にとっては特別な日。
朝からめいさんが顔中ニコニコを撒き散らしながら、「なっちん、お誕生日おめでとう!」と言って、Happy Birthday to youを歌ってくれました。
それがとても心地よくて、私も一緒になって歌っていました。

全く普通の、いつもと違わない日なのですよ。
ご馳走があるわけでもなく、バースデーケーキがあるわけでもありません。
テーブルの上にあるのは365日、いつも同じ朝食。
おやつだって、10時には知人が送ってくれた茨城の干し芋、3時には電子レンジチンの簡単カップケーキ。
昨日も一昨日もその前も同じでした。

でも「生きているんだなあ」と感じさせてくれる誕生日。
認知症の母は私の誕生日を覚えていてくれてるかな?
私が生まれた日は2月でも一番寒い日だったと言います。

今日の房総半島はお天気もよく、暖かくて、2月の感じはしません。
外も家の中もほこほこして気持ちよく、「明るい光が溢れるこの瞬間が、少しでも長く続いたらいいな」と思っていました。

日が沈み、夜の帳が下りて、今日も残り少なくなると、私は今日という時間をとても愛おしく感じながら、今日あった出来事を思い出していました。
それはいつもと同じ、いつもと全く変わらない一日でした。
でも今日という日を意識するだけで、この日がいつもと同じであっても、心の中でちょっと違う感覚になります。

ありがとう、私の誕生日。
さようなら、私の誕生日。
また来年、元気で会おうね!

さあ、明日からまた、いつもと変わらない普通の日が訪れます。
このいつもと変わらない普通の日だって、毎日が特別な日だと意識すれば、また違った感覚になって過ぎていくのかもしれません。

PAGE TOPへ