CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

意識の変化

公開日:2019/04/12

以前、キライなはずの家事も今ではそれほどイヤだとは思わなくなったということを書きましたが、何かをしようと思った時に道具がさっと手に取るところにあると、すぐに取りかかることができ、さほど面倒だと思わなくなることがわかりました。

「ここ掃除しよう」と思ったときに掃除機がさっと取り出せるところにあるということは大事なことだと思いました。
いちいち扉を開けて掃除機を出し、ホースをつないで、コンセントにコードを差して・・・と言うのは本当に面倒臭い。
昨年、ダイソンのコードレス掃除機を買ってからというもの、掃除の面倒臭さは解決できました。
掃除機はいつも出しっ放し。
コードがないからすぐに掃除に取り掛かれます。
引越の時もこのコードレス掃除機はとてもよく働いてくれました。
今でも活躍しています。

 

IMG_3225

この掃除機に加えて、今話題のお掃除ロボットを思い切ってやっと買いました。
ポッチーちゃんにかねてから「お掃除ロボットは本当に便利がいいよ!」と言われていたので、いつかは欲しいと思っていたものです。
フーマと散歩に出掛けている時、このロボットに掃除をしてもらっています。
帰った時には(少し掃き残しはあっても)お部屋の中はすっきりしているので気持ちがいいです。
ただ床の上にモノを置いているときれいにお掃除できなかったり、吸い込んだりするので、ある程度片付けておかなければなりません。
片付けてからロボットにお掃除をしてもらうので、ロボットに使われている感じがしますけどね。
でも助かっていますよ。
掃除嫌いの私は、初期投資が少々高くついても、お掃除が面倒だと思わなくなって、心が軽くなっていけばそれで元は取れると思うので、買って正解でした。

台所仕事も以前ほどイヤではなくなりました。
二人だけの生活なので、食事の用意も後片付けも短時間で済ませることができます。
食事もいつも同じものでもめいさんは文句を言ったことがないし、同じものでも構わないと思うようになってから(要するにロクなものを食べていないため)プレッシャーを感じることもなく、時間の制約もないのでのんびりと作ることができるようになってきました。

何事も自分のペースで、時間の制約もなくできることが、こんなにも心の鎖を解き放ってくれたのかと思うと感無量です。
台所に立つことがイヤではなくなって、心まで開放されてきました。

トイレもすぐに掃除をする癖がつきつつあるので、まあまあきれいです。
これだけ掃除をすればもっとピカピカになっていなければならないのですが、わが家のトイレは狭くてホコリがすぐに溜まります。
朝、掃除をしても、お昼にはもううっすらとホコリが溜まっているのでびっくりです。
でも「気がついたらお掃除(と言っても軽く拭き取るだけ)をする」という習慣がつきつつあるので、ホコリの溜まり過ぎやこびりつきの汚れはなくなりました。

家事が嫌いで苦手だった私も、今では普通の人並みにできるようなってきました。
汚れたら、なるべくすぐにきれいにするように心掛けるようになったので(なるべく・・・ですよ)急なお客様が来ても(そんなにお客様は来ませんが)「ちょっと待ってね」と言ってサッと片付ければ招き入れることができるようになりました。

千葉に来てから私の意識はずいぶん変わりました。
房総半島の穏やかな気候も作用しているのかもしれません。

春の天気

公開日:2019/04/09

IMG_3854

自宅から150mほど行ったところ、大きな公園に行く途中に、(数本しか植わっていない)桜並木があります。
ここは道幅が少しだけ広くなっていて、ベンチが置いてあります。
公園ではありませんが、休むのにはもってこいのところです。

 

IMG_3847

めいさんは背もたれのあるベンチが好きで、どっかりと腰を下ろすとしばらくは動きません。
鳥の声を聴きながら、じっと物思いに耽っています。

 

IMG_3840

大きな公園の桜は散り始め、花びらが広い範囲にわたって散らばっています。
ここには野球ができるほど広い広場と比較的狭い広場があります。
この桜の木のそばをずっと歩いて行くとテニスコートに出ます。

春らしいいいお天気が続きましたが、明日は急に寒くなり、雨が降るそうです。
春の天気は変わりやすいですね。

さて、私たちは歳を取りましたが、若い頃よりも(ほんの少し)仲が良くなりました。
ふたりとも若かったころは、私はわがまま(まあ、今もですが)、めいさんは自信過剰、憎ったらしくて「死ね死ね死ね死ね死ね!」といつも思っていました。

今はめいさんが死んだらどうしようと、びくびく、ヒヤヒヤしながらめいさんの様子を見守っています。
残された日々の方が今まで生きてきた日々よりはるかに少ないし、「死」が身近に感じられる歳になったので、ケンカすることなく楽しく幸せに暮らしたいですね。
(でもケンカしない日はほとんどありませんが)

おたがいに寄り添いながら散歩をしている姿は、知らない人たちが見たら、「仲のいいご夫婦ね」と思われるかもしれません。
結婚した時、「歳を取ったら手を取り合ってお互い労わり合いながら生きて行きたい。公園のベンチで日向ぼっこしながら子どもたちが遊んでいるのを目を細めながら眺めていたい」と思っていたものですが、それがだんだん現実のものになって来ています。

今の私たちはお互いがお互いを必要としているので、春の天気のようにめまぐるしく心が変わることはないようです。

いい陽気の毎日です。

公開日:2019/04/06

ここ数日間、結構暖かい日が続きます。
散歩に出掛けても本当に気持ちがいいです。
日当たりのよいベンチで休むと、日に当たっている膝がチクチクするような暖かさ(と言うか暑さ)です。

 

IMG_3820

それで東屋のある一番近い公園に行くようになります。
池のある公園は2か所あり、どちらもカモがいます。
この小さな公園にもカモがいますが、ここにはオシドリがいるようないないような・・・

 

IMG_3822

フーマもまったり休みます。
この頃ほんの少しずつ歩く距離を伸ばしています。
ほんの家数軒分ほどですが。

お花見

公開日:2019/04/03

IMG_3782米子東高65期の女子会を新宿御苑で行いました。
空は青く晴れ渡り、肌寒くはあっても気持ちよいお天気でしたが、風はとても強く、帽子が飛ばされたり、スーパーの袋が飛んで来たり、大量のホコリが舞い上がったりと大変な日ではありました。
でも桜は満開、女子会は大いに盛り上がりましたよ。

敷物の上に並べられた料理は「お見事」の一言。
みなさんお料理上手で、本当に味付けがすばらしい。
1品持ち寄りという話はなかったのに、あれこれ作って持って来てくれたのですよ。
海外滞在が長くてパーティに慣れている人や、お料理の先生、お料理大好きな人たちばかりなので、見た目もきれいで、ほっぺたが落ちるほどおいしい料理ができるのでしょうね。
気の利かない私は何にも持って行かなくて、ただただ食べさせてもらうだけだったですけど。

ふうふう言いながらもペロリと平らげる食欲は見事なもの。
デザートまであってもう、おなかいっぱい。
採れたてヨモギのヨモギ餅、プチケーキ、果物、コーヒーまで用意してくれていて、もう幸せ感でいっぱいでした。
おいしいものを食べるということは、こんなにも幸せ感が増幅するものなのですね。

桜を見ながらおしゃべりも弾み、甲子園以来の楽しい時を過ごすことができました。
「ああ、楽しかった」と、余韻を残しながら家路を急ぐと、茂原駅に着いた頃めいさんから電話がありました。
「お酒が用意してなかったけど、どこにあるの?」

忙しくて自分のことばかり考えていて、朝、用意するのを忘れてしまっていたのです。
ツマミはちゃんと作っておいたというのに。

家に帰ると、めいさんはワインを飲みながら気分よくほのぼのしていました。
誰にも邪魔されずに自分のペースでゆっくり楽しみながら好きなお酒を飲むことができるので、めいさんは私が外に出るのを手放しで喜んでいるのです。
私は「花より団子」、めいさんは「団子は団子」で楽しんだ1日でした。

新しい元号は「令和」

公開日:2019/04/01

新しい元号が「令和」と発表されたとき、めいさんは「礼和」、私は「麗和」という漢字が真っ先に浮かびました。
「令和」という響きはいいけれど、一体どんな字なのかな?
画数の多い感じは使わないそうなので「麗」は当てはまらない。
じゃあ、どんな漢字だろうと掲げられた字を見て「へえぇ~」

「令」は「命じる」の意味の方が浮かんできて、「よい」の意味はなかなか浮かんでこなかった・・・

めいさん曰く「『永和』の方がよかったなあ」
でもこれはAIも予測していました。
ということは「永和」はもちろんボツだわなあ。

当てた人もいましたね。
2016年7月13日にツイートした人が話題になっています。
「明治大正昭和平成令和 違和感ないね!」って。
この人、ロト6とかロト7をやったら大当たりするのではないかと思います。

「令和」がいい時代になりますように!

PAGE TOPへ