CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

公開日:2021/03/23

朝5時過ぎ、薄っすらと夜が明けてきます。
この薄明るさ(と言ってもまだ暗い部類だけど)は、たったこの前までの6時の明るさ。
春分の日を過ぎると急速に昼が長くなってくるのを感じます。
あと3か月もしないうちに、フーマを連れて散歩から帰ってくるのが5時過ぎになります。昼間に散歩は暑すぎるから、朝4時過ぎに家を出て、5時過ぎに帰る生活になるのです。

5時半になるともうすでに外は明るくなっています。
今日の日の出は5時40分。

今日は朝から忙しい。
こなすことが3つもあって、終わるのは夕方。
他人から見れば大した用事ではないけれど、この私から見れば、この用事はあまり好きではないことなので「うわっ」とするくらい面倒なのです。
いつものんびり、コンフォートゾーンから抜け出したことがないので、この忙しさはちょっと厳しい。

さあ、出掛ける準備をしなくては!

蓮池公園

公開日:2021/03/19

IMG_1466

蓮池公園に桜が咲きました。(池の一部に3本だけですが・・・どうしたことかこの写真、寒そうな色になっていますが、実際はもっと暖色です)

 

IMG_1464

この前来た時には桜の木があることすら気が付かなかったのに、毎日暖かいから、気が付くとハッとするほど咲いていました。

 

IMG_1468

池で甲羅干ししているカメは7匹いましたが、私たちが近づくと、この前と同じようにぽちゃんぽちゃんと水の中に飛び込んでしまいました。
やっと残りの3匹だけ写真に撮ることができました。
いつもこの狭い丸太の上に、何匹も重なり合うようにしてして日向ぼっこをしているのですよ。

フーマはカメを見たり、カモを見たり、釣り人が魚を釣っているのを見たりするのが好きです。
池の周りを1周して帰りますが、始終弾むような足取りで歩きます。

毎日の小さなわくわく

公開日:2021/03/18

IMG_1456

今日も小鳥の森公園に散歩に行きました。
フキノトウはひとつしか見当たりませんでしたが、なんとそのフキノトウがポツンとあった辺りは、一面にフキの葉っぱが出ていました。
私はフキノトウの花しか目に入らず、葉っぱは見逃していたのですね。

家に帰ってブログのフキノトウの写真を見てみると、なんだ、小さな葉っぱが写っているじゃないか。
・・・と言うことは、もしかしたら何年か後に、ここはフキノトウの産地になるかもしれない・・・
そう思ったら、自然と顔がほころびました。

 

IMG_1453

公園には万両の赤い実がきれいです。

 

IMG_1455

レンギョウの黄色も目立ってきました。

 

IMG_1459

道端にはやはり黄色い菜の花。

 

IMG_1461

ツクシも顔を出してきました。

毎日どんな小さな変化があるのだろうと、わくわくしながら、めいさんとフーマと一緒に散歩しています。

フキノトウ

公開日:2021/03/15

IMG_1421

小鳥の森公園で、フキノトウがたった一人で、孤独に耐えて生きている。
辺りを見てもフキノトウなんて見当たらない。
きっとどこかから種が飛んできて、ここに居ついたのだろうな。
このフキノトウも辺りに種を飛ばし、そのうちここもフキノトウの収穫地になるかな?(私が採って、フキ味噌にしたいよ!)
本当に懐かしい!

猪苗代では土手が薄緑色に染まるほどたくさんありました。
もちろんケーナインヒルズの庭にも、それこそ特上の、柔らかくておいしいフキノトウがありましたよ。
フキノトウ、コシアブラ、ワラビはケーナインヒルズの三大春の味。
あ~、食べたい、食べたい!!

お日様のお陰?

公開日:2021/03/14

ウグイスが庭の木の上で鳴いています。
梅にウグイスと言うけれど、梅の木ではなくて百日紅の木の上しきりに囀っています。
ホーホケキョではなくて、語尾上げて、キョッペッチ、キョッペッチ、キョッペッチ、と鳴くのですよ。
写真を撮ろうとすると、さっと逃げて行ってしまいました。
憎たらしい奴だ。

 

IMG_1440

道端には菜の花が咲いています。

 

IMG_1443

田んぼに水が入りました。

ああ、春だなあ。
暖かくて気持ちの良い日差しを受けながら、いつもの散歩道をゆっくり歩きます。

外に出てお日様の光を浴びると、不思議とネガティブなことが頭から離れていき、温かいパワーを受け取って元気になれます。
私の心の中は不安だらけなのに、平気な顔をしていられるのはお日様のお陰かな?

PAGE TOPへ