CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

今を満喫している花

公開日:2017/05/21

今日の会津若松の最高気温は32.3℃と真夏日でした。
西葉山は24℃でした。
でも爽やかで気持ちのいい日でしたよ。

 

IMG_0692 - コピー

玄関前の桜はまだ咲いています。
淡い色がきれいです。
これがだんだん色が濃くなり、散って行きます。

 

IMG_0681

昨日、どういう訳か左の桜が一気に散りました。
花びらではなくて、花そのものが落ちるのですよ。

 

IMG_0600

前庭の山椒が大きくなりました。
今一番おいしい時。
あの独特の香りが何とも言えません。
今年こそ会津の郷土料理、「鰊の山椒漬け」を作らなければ。

 

IMG_0670

スミレがあちこちに散らばって咲いています。
この辺りのスミレは濃い紫のものではなく、薄い色のものが多いです。

 

IMG_0665

この手のあまり花数の多くないプリムラも雑草並みにあちこちどこにでも顔を出しています。

 

IMG_0679

裏庭でどこにでも咲いているのがツルニチニチソウ。
この色は私に爽やかさを感じさせるので、いつまでも眺めていたくなります。

 

IMG_0677

土手の下にイカリソウが咲き始めました。
沢沿いの道にはまだほとんど咲いていません。
イカリソウも昔は真っ白になるほど咲いていたのに、今ではカタクリの花と同様、根ごと採っていく人がいて数がだいぶ減りました。

5月は緑も美しく、花の色も多く、風の香りも肌を通り抜けて行く感触もよくて、辺りがキラキラ輝いていて、何もかも素敵です。

ワラビ

公開日:2017/05/19

グリストラップの蓋は空いたままだし、受けカゴも設置しておかなければならないし、でもあのオオスズメバチがいるからなあ・・・
あの眼で睨まれると、おおっ、怖っ!
思い出すだけでもゾッとしていたのですが・・・

昨日、ローダーの前を辺りに気を配りながらにじり足で通り過ぎ、グリストラップの方を見てみると・・・何もいない。
虫は1匹も飛んでいなくて、オオスズメバチの姿もなくて、私の顔はぱっと明るくなりました。
キョロキョロ辺りを見回してみても、あのハチはどこにもいません。

今だ!とばかりに大急ぎで受けカゴをグリストラップの中に入れ、上蓋をあたふたしながら閉めて、また辺りを見回して、何もいないのを確かめると、ホッと安堵の溜め息をついたのでした。
これで裏庭にも行ける!

そう、土手を見るとひょろひょろした線香のようなワラビがたくさん出ていました。
ということは、裏庭には太いワラビがいっぱい出ているはず。
裏庭に行けるということは、その太目のワラビが採れるということ。
行きたくてもオオスズメバチに阻まれて行くことさえできなかった裏庭へやっと行くことができる!

 

IMG_0604

裏庭には予想通りワラビがたくさん出ていました。
10分もしないうちに、片手で握れないほどのワラビが採れました。

 

IMG_0629

ワラビのアク抜きは、冬の間活躍した薪ストーブから出る灰でします。
アク抜きしたワラビは、コンニャクと油揚げで煮ます。
めいさんの大好きなワラビの煮物です。

これから毎日のようにワラビの煮物とお浸しが食卓に上ります。
大好きなワラビを食べられる、いい季節になったもんだ。

オオスズメバチ

公開日:2017/05/16

IMG_0587

昨日グリストラップの掃除をしようと、受けカゴを外し洗っていました。
元に戻そうとグリストラップのところまで行くと、そこになんと!
巨大なスズメバチがいるではありませんか。
普通のスズメバチではなく、小さなセミくらいの大きさです。
うわっ! 目が合ったので受けカゴを置いたまま、走って家の中に入りました。

「めいさん、めいさん、スズメバチがいる! エゾハルゼミくらいの大きさで、大きな目をしていて、目が合ってしまった! 怖くて、もうグリストラップのところまで行けない。」
「ああ、それはオオスズメバチだよ。 オオスズメバチがここにもいるのか。」

数時間して、意を決して、受けカゴを持ってまた行こうとしたら、まだハチは同じところに止まっています。
私はまたまた受けカゴを置いたまま、走って家の中に入りました。
「めいさん、めいさん、まだあのハチがいた! また目が合ってしまった。 怖くて仕方ないからもう行くのやめる。」

オオスズメバチはかなり大きい。
普通のスズメバチだって大きくて怖いのに、オオスズメバチは大人の親指くらいの大きさで、頭が大きくて、目も大きくて、怖さはスズメバチの比ではない!

何かあると困るので、ホームセンターにオオスズメバチ用の殺虫剤を買いに行きました。
ところが。
スズメバチ用の殺虫剤はあっても、オオスズメバチ用の殺虫剤は売ってないのです。
ハチの大きな絵の付いているスズメバチ〇〇ジェットや〇〇スズメバチジェットには「オオスズメバチを除く」と書いてあって、普通のスズメバチには効いても、オオスズメバチには効かないようなのです。
店員さんに聞いても、これしかないと言われるし。
で、諦めて帰ってきました。

さて、今日になって、また気を取り直して受けカゴを持ってグリストラップのところに行こうとしました。
昨日いたところにいないので、ホッとしてそのまま行こうとすると・・・
あれっ、あの黒オレンジのシマシマ・・・
たった今通り過ぎたローダーの下にいたのは・・・

デカ頭のあのオオスズメバチでした!
じっと佇んで、あの大きな目で私を見上げているではありませんか!
私は驚いて受けカゴを落としそうになりながら、慌てて走って家の中に入りました。
「めいさん、めいさん、オオスズメバチがまだいた! また私と目が合った! もう怖くて怖くてグリストラップのところまで行けない。 蓋もまだ開けたままで閉めてないというのに!」

もしかしてあの眼で睨まれて、あのハチの脳ミソに私がインプットされてしまったとしたら、アイツは私を襲ってくるかな?
いや、私は何もアイツに嫌なことをしたわけではないから、襲ってくることはないだろうな。
あのハチは、私が慌てて逃げたのを見て、
「シメシメ、オレ様が怖くて逃げているんだな。 オレ、なち子さん(と言っているのかどうか)なんか怖くない。 オレ様が逃げなくてもなち子さんは逃げて行く。 オレ様が逃げることはない。 こうなりゃ、襲っても大丈夫。」
なんて思っているのではないだろうか。
うわっ、怖っ!怖っ!

これじゃ当分、グリストラップまでの道のりは遠いわなあ。
誰がグリストラップの蓋を閉めてくれるんだろう?

春の真ん中に立つ。

公開日:2017/05/11

IMG_0565 - コピー

桜の花は次々に咲き、玄関の正面の桜も見頃になりました。
淡いピンクの八重桜で、葉が先に出るタイプです。
左右2本あるのですが、右側の桜はまだ咲き始めたばかりです。

 

IMG_0577 - コピー

八重は花も大きくて、ぷっくりしています。

 

IMG_0571 - コピー

ひとつひとつの花もこんなにかわいい。

 

IMG_0558 - コピー

裏庭にはハルモミジの赤い色が目立ちます。
赤と言っても今は赤茶色ですが、いつもはもっと鮮やかな緋色です。

辺りは生まれたばかりの柔らかな緑の新芽に囲まれています。
日々少しずつ広がっていく淡い緑色を見ていると、押し上げられ、弾けるような大地のエネルギーを肌で感じることができます。
私は今、春の真ん中に立っています。

一番好きな季節

公開日:2017/05/09

IMG_0547

看板のところの桜はだいぶ散ってしまいましたが、桜のトンネルを抜けてケーナインヒルズに辿り着く時のわくわくした気分は変わりません。
あっちも桜、こっちも桜。
日本人はどうしてこうも桜の花が好きなのでしょう。
私も日本人。 「桜大好き」というDNAをしっかりと受け継いでいるようです。

 

IMG_0466

前庭では若い柔らかな緑と、桜の淡いピンクが溶け合って、心地よいハーモニーを奏でています。
日々少しずつ変わっていくこの景色を眺められるのは、私たちがここ西葉山に住んでいるからこそ。
大きく息を吸って、ふうっと吐いて、大自然のエネルギーを体の中に取り込みます。
気持ちが穏やかになり、落ち着いて、さあ、次は何をしようかと体が自然と動きます。

春っていいなあ。
大自然からの贈り物をたくさんたくさん受け取れる季節。
私も誰かに何かを与えたい気持ちになる季節。
柔らかな光の中で、生きているって実感する季節。
私の一番好きな季節です。

PAGE TOPへ