CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

ドジョウインゲン

公開日:2019/08/06

今日は野菜売りのおばさんが来る日です。
毎週火曜日、朝7時半ごろに自家用車でやってきて、呼び鈴を押して、お願いしている家を1軒1軒回ってくれます。
近所の人から、「ちょっと買うには便利だし、新鮮だし、安いからいいですよ」と教えてもらって、私もお願いするようになりました。

 

IMG_3553

種類はそう多くはありませんが、自分が作った野菜を売りに来ているのです。
野菜はもちろん、花も米もあります。
確かに値段も安い!

 

IMG_3550

このインゲンもスーパーの約1.5倍の量が入っていて、しかも値段はほぼスーパーの半額です。
このインゲン、「ドジョウインゲン」と言うのだそうです。
猪苗代にいた時、Tさんのインゲン畑には緑色のドジョウがいっぱいぶら下がっているみたい、と言うようなことを書いたことがありましたが、まさにその通りの名前だったわけですね。
この「ドジョウインゲン」の名付け親も、私と同じように緑色のドジョウの姿を連想してこの名前を付けたのかな?と思ってしまいました。

ながらみ

公開日:2019/08/05

ずっと前にスーパーで「ながらみ」を見ました。
へえ~、千葉には「ながらみ」があるのかぁ、と嬉しくなりました。
北九州に住んでいた時にはよく食べていましたっけ。

そして「おきゅうと」も売っていました。
「おきゅうと」も北九州ではよく食べていました。
それほどにおいしいものではありませんが、醤油とごま油で食べるとそこそこの味です。

「ながらみ」も「おきゅうと」も福島では一度も食べたことはありませんでした。
だからスーパーで見つけた時はとても懐かしかったです。

 

IMG_3542

いつだったか、ご近所から「ながらみ」をいただきました。
半分食べて残りは冷凍にしておきました。
ちょうどポッチーちゃんがリピリピとパルパルを連れて遊びに来ていたので、解凍して出したのですが、「子どもの頃に食べたことがあるけど、あまり好きではない」と言って1~2個食べただけでした。
孫もキライなようで手も出しません。
めいさんがほとんど一人で、満足そうに食べていました。

めいさんは骨折してからというもの、飲酒を断念していました。
ただ外で付き合いで2度ほど飲んだだけでした。
ところがポッチーちゃんが帰って来るというと、毎日飲んでいます。
まあ、自分で飲む量を決めていてそれ以上は飲まないようにしてはいますが。
私はめいさんが飲んでいるそばで一生懸命「ながらみ」を殻から出しては、めいさんの口に甲斐甲斐しく運んでいました。

ナンキンハゼの実

公開日:2019/08/04

IMG_3510

「なんきんはぜ通り」のナンキンハゼが濃い緑色の実をつけています。
サボテンのグリーンネックレスみたいな、まん丸の実です。
(グリーンネックレスみたいに連なってはいませんが)

 

IMG_3521

ずっと前、花がたくさん落ちている木と、あまり落ちていない木があることに気づきました。
「めいさん、ナンキンハゼってオスとメスがあるんじゃないかな。花がたくさん落ちているのがメスじゃないかな。」

 

IMG_3513 - コピー

インターネットで調べてみると;
ナンキンハゼはたくさんの花が穂のようにつく。
ひとつの穂は雄花と雌花にわかれていて(雌雄異花同株)、雄花と雌花のどちらかが先に咲き、もう片方が後から咲く(雌雄異熟)。
咲く順序は木によって違い、雄花から先に咲く雄性先熟型と雌花から先に咲く雌性先熟型がある。
・・・とあるので、どうも花がたくさん落ちているのがメスという訳ではないということがわかりました。

さて、このグリーンネックレスのような実は今は深い緑色ですが、秋になると真っ黒になります。
そしてその真っ黒な実がはじけて、中から真っ白な種が出てきます。
私たちがここに越してきた時がちょうどその時で、黒と白のコントラストが美しく、この木の名前を知りたいと思ったものでした。
まさか「ナンキンハゼ」という名前だったとは・・・

少々がっかりでした。
もう少し美しい響きの名前だったらよかったのに・・・

毎日本当に暑いです

公開日:2019/08/01

梅雨が明けたと思ったら、連日うだるような暑さです。
玄関の温度計は今、午後1時過ぎで31℃。
南側にあるリビングのカーテンは、日中日差しが強いので閉めたままです。
2階は玄関より暑くて、よっぽど用事がない限り上がりません。
2階に上がっただけで汗がポタポタ落ちてきます。
このままいると干物になりそう。

いつも私たちがいるのはリビングの隣の、以前和室だったところを洋室にした8畳の部屋。
ここに朝から晩までフーマと一緒にいます。
2重窓にしたのでカーテンは開けて、冷房はつけっ放しです。
トイレに行こうとドアを開けると、「むむっ、こんなに暑いのか」と改めてびっくり。
トイレから戻る時には汗が噴き出しています。

毎日朝早く散歩に行きます。
5時ごろには「なんきんはぜ通り」でマラソンをしている何人かの中年のおじさんに出会います。
公園でウォーキングをしているのは決まってお年寄り。
その他、犬の散歩に来ている人がちらほら。
6時になるとその数は若干増え、6時半になるとラジオ体操が始まるので人の数は多くなります。
私たちはラジオ体操が始まる前、6時過ぎには家に着くようにしています。

家に着くとホッとします。
一日の重要な課題を終えたような安心感がします。
(なんか、1日が始まってすぐに1日が終わる感じ)
それから私はご飯の用意。
めいさんはその間シャワーを浴びます。

毎日本当に暑いです。
ソフトクリームみたいに溶けてしまいそう。
アイスを買っておいてもあっという間になくなります。
この頃めいさんに隠れて食べるのが上手になりました。
めいさんより何本もよけいに食べていますが、バレなくなりました。
めいさんはまだ「オレ、あと2本残っているもんね」と、かわいいことを言っています。
その度に私は陰でニタッと笑っています。

ちょうど1年前・・・

公開日:2019/07/30

ちょうど1年前のことでした。
めいさんとこの家を初めて訪れたのは。

昨年の7月はとても暑かったのですが、どういう訳か私たちがここに来た日だけ比較的涼しくて、不動産屋さんも「昨日まではとても暑かったんですよ。今日は涼しいです。ここはまた高台にあるので風の通りもいいですし・・・」

2階の和室の窓を開けると、優しい風が頬に当たりました。
めいさんはすぐさま、「ここに決めよう」と言いました。
「えっ?」私はびっくりしました。
私は何軒か不動産を見に行きましたが、めいさんはここが初めてだったからです。
他の所と比べることもなく即決してしまうのだから、私はびっくりしたのです。

でも結果は◎。
生活する上でも便利だし、自然災害も少ないところのようだし、ご近所もいい人たちばかりだし。
今迄住んできた中では一番いいところかもしれません。

景色もまあまあ。
一番気に入ったのはスーパーや郵便局、銀行がすぐ近くにあること。
病院も内科、整形外科、歯科があって、歩いて行こうと思えば行けます。
(今めいさんは整形外科の病院と歯医者さんに通っています)
車で4kmも走ればいろいろな商業施設があるし、確かに便利なところだと思います。

きっとここが私たちの終の住処。
毎日笑顔で素敵な思い出を作って行こう。

PAGE TOPへ