CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

アンヨと髭

公開日:2021/04/12

眠くなりそうな時や今から寝ようとする時、私はベッドに横たわり、足先だけを布団から出して、めいさんに言います。
「かわいいアンヨが待ってるよ!」
足を揉んでもらうと気持ちがよく、すぐに夢の世界に入って行くことができるからです。

ところが今日のめいさんは、迷惑そうな顔をして、
「今、髭剃ろうと思っているところだから、ダメ!」とぴしゃりと言い放ちます。
「なんで?アンヨ揉んでから髭を剃ればいいのに。」
「それがダメなんですなあ。髭が起きているときに剃らないと。」
「髭って、起きてる時と寝てる時があるの?」
「うん。暖かいと『そろそろ春だなあ、起きないと』と言って起きてくる。」
「へえ~、じゃあ、寒いと冬ごもりのために寝るの?」
「そう。だから顔が温かいうちに剃らないと。ちょうど今、起きているとこなんだよ。」
「でも私、今眠い。アンヨも『揉んで、揉んで』と言って待ってるよ。」

「面倒だなあ。」と言いながらも、足を揉んでくれるのがめいさんのいいところ。
以前は足の指の間を揉んでもらっていましたが、あまりにもきつく揉むので指の皮が剥げてしまいました。
それからというもの、指の付け根とその上の関節を揉んでもらうことにしています。
少々きつく揉んでもそれほど痛くないし、慣れると気持ちよくなって、じきにウトウトしてきます。

揉んでもらって、ウトウトしかけた時に、めいさんが突如として、
「コーヒー!」
今度は私のほうが面倒。
さっさと飲ませておいてから寝る方が得策だと考えて、起き上がり、コーヒーを淹れて持ってきました。

ところがいったん起き上がると、目が覚めてしまい、寝ようという気になれませんでした。
「なんだ、せっかく揉んでやったのに寝ないのか?」
めいさんは不満そうに言います。
「コーヒーで目が覚めた。」
今度は私のほうが不満そうな声で言います。
で、パソコンの前に座り、こうしてブログを書いているのでした。

おしまい

おしどり公園で

公開日:2021/04/09

一番近い、おしどり公園に散歩に行きました。
フーマはめいさんがどこで休むのかよくわかっているので、さっとベンチに案内してくれます。

 

IMG_1539

ここは入り口近くのベンチ。
まずここで一休み。

 

IMG_1540

そして今まではこの道の突き当りの東屋でゆっくりしていましたが、今は東屋を右に曲がったところのベンチでゆっくり休みます。
これはそのベンチから撮った写真です。
右の低い生垣の向こうは池。

めいさんが休んでいる間に、私はフーマと一緒に辺りをぐるっと回ります。
住宅街なので、静かです。
ちょっと休むことができるようにベンチが置いてあったり、奥まったところに東屋があったりします。
日中は本当に暖かく、時には暑く感じることもあり、フーマは舌を垂らし、口を開けて歩くこともあります。

めいさんは一昨年骨折した腰がまだ痛くて、思うように歩けず、50mくらい歩くと、立ち止まって背中を伸ばします。
フーマはめいさんの歩調に合わせて歩いてくれ、何度も休んでもイヤな顔一つせず、ちゃんとガイドしてくれています。(私は歩いている途中で何度も立ち止まり、休むのは苦手です)

めいさんは骨折するまでは姿勢がよかったのに、今では腰が曲がってしまい、本当におじいさんになってしまいました。
背中を伸ばす時も、膝を曲げながら背中を後ろに反らしています。
畑仕事をしていて、合間合間に背中を伸ばしていた農家のおじいさんの姿にそっくりです。

トワティランポン

公開日:2021/03/30

インドネシアにトワティランポンとよばれている龍の島があります。
無数の島が集まって、龍のような形をしているので、そう呼ばれているのだそうです・・・

こう書き出すと、「へ~っ、そんな島がインドネシアにあるんだ」と信じてしまう人たちがいるでしょうね。
でもこれは架空の島、というより、夢の中の話です。

高校の時の友だち十数人とこのトワティランポンに行きました。
とても楽しい夢でしたが、どういう訳か私はそのうちの一人に嫉妬していて、でもその人のようになりたくて、葛藤している夢でした。
ほとんどはケーナインヒルズに来てくれていた友達だったので、気心が知れていて、バーベキューをしたり、夜遅くまで話し合ったり、夢の中でも素敵な時間を持つことができました・・・

書いてみるとたったこれだけの話なのですが、夢の中ではあれこれ入り混じって、まるで映画を見ているようでした。

コロナ渦のため、今まで毎年会っていたのに、ずっと誰とも会っていなくて、またいつもは時たまチェックしているメーリングリストも、もう何か月もチェックしていないので、私の脳ミソが忖度してこんな夢を見させてくれたのだと思いました。

はっきりとトワティランポンという地名が出てきたので、夢から覚めると忘れないようにすぐに書き留めておきました。
もしかしたら本当にあるのではないかと思って調べてみたのですが、このような地名は見当たりませんでした。
「龍の島」もゲームの名前にはありましたが、実際には存在しないようです。

この後メーリングリストのメールを実に7か月振りに見ました。
300通以上溜まっていました。
写真あり、動画あり、近況報告あり、賑やかで、見終わるまで数時間かかりました。

トワティランポンでの夢の旅のおかげで、メールを久し振りに見ることができました。
このところ私はすることが多くて、いつでも安心して見られるこのメーリングリストのメールは、時間に追われることもなく、返事も出す必要もなく、ついついそのままにしていました。
これからはこまめにチェックしようと思いました。

麦茶

公開日:2021/03/27

昨年の夏から、普段飲むお茶は麦茶です。
夏に冷やして飲む麦茶はおいしいですが、急須で淹れる熱い麦茶は、初めはなかなか馴染めなかったものです。

でも人間というのは適応性があるのですね。
熱い麦茶ばかり飲んでいると、「うん、これでもいい」と思うようになるのですから。

麦茶を飲み始めたのも「わが家はお茶を結構飲むし、煎茶は高くてね。」と、私が言ったのが始まりでした。
これを聞いためいさんが、「そんなら麦茶がいいよ。水筒に入れても、緑茶は味が変わるけど、麦茶は変わらないんだってよ。それにミネラルもあるし。」
「でも熱い麦茶は味がなくてねえ。あまりおいしくないよ。それでもいい?」
「ああ、オレは構わないよ。」

それからというもの、食事のときは麦茶ばかりです。
1時と3時のお茶の時には、お煎餅なら麦茶でもいいけど、甘い和菓子には、やっぱり緑茶のほうが苦みがあっておいしい。(めいさんはいつもコーヒー)

お茶代がずいぶん安上がりになりました。
慣れると、「我慢しながらいぶしぶ麦茶を飲んでいる」という感じではなくて、「まあ、こんなもんだね」と、これが普通になってくるのですね。
慣れって不思議です。

三丁目のウグイス

公開日:2021/03/24

昨日の夕方、机に向かっていると、目の前のガラスに何かがぶつかった音がしました。
「何かぶつかってきたみたいだよ。」と、めいさんに言うと、
「ウグイスじゃないか?三丁目の。」と返事をしてきました。

「何だろう、見てくるね。」と言って庭に出てみると、

 

IMG_1484

めいさんが言った通り、ウグイスがひっくり返っていました。
「ぶつかった振動で脳震盪を起こしたのかな?」と思いながら近づいて行くと、目玉がヒクヒク動いていました。
死んではいないようなので、ホッとしながらウグイスを起こしてやると、立ち上がり、そのままじっとしていました。

 

IMG_1495

撫でてもじっと動かないまま。
これ幸い、ウグイスを撫でることなど普段できる事ではないので、何度も何度も撫でてやりました。

 

IMG_1493

とてもかわいいウグイスでした。

その後、「砂糖水でも飲むかな?」と、平たい器に入れて持っていくと、近づいたとたんにサッと飛んで逃げて行ってしまいました。
あーあ。

でもよかった。元気になって。
そのウグイスがどうかわかりませんが、三丁目のウグイスは今朝も元気に鳴いています。

3 / 13712345...102030...最後 »

PAGE TOPへ