CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

ケーナインヒルズ物語(看板犬もん)

公開日:2018/09/26

私たちがケーナインヒルズを立ち上げた時のペットは、犬の「もん」とネコの「みっく」でした。
看板犬になれなかった「もん」は、めいさんが茨城にいた頃、冬、村の予防注射で村内を回っていた時に見つけた子です。

 

寝ころんでいるもん - コピー

廃車置き場を根城にしていたらしく、いつも同じ場所にいたと言います。
近くに小学校があり、大きくなって子どもたちを襲う心配があるため、うちで飼うことにしました。
いじめられていたのか、ドッグフードを持って行っても私たちがいると食べようともしません。
私たちが姿を隠すと、辺りを見回して誰もいないことを確かめ、ササッと食べて、すぐに廃車の下に隠れてしまいます。

3日目に、買って帰った長岡の味噌まんじゅうを持っていくと、こんなおいしいものを食べたことのないもんは、何個か目に私の手から食べるようになりました。
隙を見て手を伸ばし、捕まえて連れて帰りました。

車の中ではとてもおとなしくしていました。
家に着いて車から降ろすと、もんは当時飼っていた犬のコロとネコのみっくを見て、とても喜んで一緒に遊ぼうとしました。
白色レグホンの白ピヨとも友達になろうとしましたが、白ピヨは逃げ回っていました。
この日からもんはうちの子になりました。
雪の降る寒い日だったのでめいさんが「木枯し紋次郎」から「紋次郎」と名付けました。
私たちは「もん」と呼ぶようになりました。

白ピヨは自分が一番強いと思っていた子で、コロはよく鼻を突かれ血を流していました。
みっくは白ピヨが怖くて怖くていつもびくびくしていました。
(めいさんも白ピヨが怖くて、自宅から目と鼻の先の病院に行くのにも、白ピヨに襲われないように箒をぶんぶん振り回しながら庭を歩いていました)

犬もネコも怖くはないはずの白ピヨが、もんを見てなぜ逃げ回ったかというと、以前野犬に襲われたことがあったからです。
それも茶色の犬に二度も。
二度目は300m離れたところまで口でくわえて連れて行かれ、それを見たポッチーちゃんが追いかけて白ピヨを取り返してくれました。
相当ショックだったらしく、この時はさすがぐったりしていました。
めいさんが傷の手当てをしてしばらくすると、気を取り直して元気になりました。

本当はポッチーちゃん、白ピヨが大嫌いだったのですよ。
庭でよく追いかけられていました。
自転車に乗っていて、敷地内で追いかけられ、倒れて太腿にケガをしたこともあります。
広範囲のかすり傷で、1年経っても傷あとが残っていました。
クリスマスが来るたびに「お父さん、早く白ピヨをローストチキンにしてちょうだい」と言っていましたっけ。

自分が一番強いと思っていたのに、その時以来、白ピヨは茶色の犬を怖がるようになりました。(鶏は色がわかるのかな?)
もんを拾ってきた翌日、白ピヨを小屋から出して庭を歩かせていると、まだ鎖で繋がれていなかったもんがコロと一緒に入っていた犬小屋から出て来て、白ピヨに近づいて行きました。
びっくりした白ピヨは逃げ回りました。
もんは白ピヨを追いかけて、一緒に遊ぼうとしましたが、白ピヨはおよそ鶏の鳴き声とは思えない声で鳴いて逃げ回っていました。

その時めいさんと私は、入院していたペットを診るため病院に行っていました。
そして30分後、私が自宅に帰ろうと犬小屋のそばを通った時、鶏冠を紫色にした白ピヨが倒れているのを見つけました。
病院にいるめいさんを呼んで診てもらいましたが、すでに死んでしまっていました。

もんは白ピヨと遊ぼうとしただけで、もんが悪いわけではありません。
怖い白ピヨがいなくなって、みっくは突かれる心配もなくなり、心から寛げる日々が送られるようになりました。

みっくはコロの首から長い鎖で繋がれていました。
みっくとコロはいつも一緒で、同じ犬小屋にいました。
もんは少し離れた、大きなプラタナスの木の根元に犬小屋がありました。のみっくはもんにとって一目置かれる存在でした。

みっくはもんの憧れであり、いいお姉さんでした。
もんはいつもみっくの仕草を遠くからじっと見つめていました。

めいさんはよくみっくのおなかを箒で撫でていましたが、もんも同じように撫でてもらいたいと思っていたようです。
ある日、めいさんがもんのおなかを箒で撫でてやると、嬉しくて仕方がなかったようで、自分もやっとネコと同じことをしてもらえたと、感無量の面持ちでした。

それからというもの、めいさんはよく、棒切れやシャッター棒でもんのおなかを撫でていました。
棒は撫でてもらえるものだと思っているので、もんが寝転がっている時に頭の近くで思いっ切り地面を叩いても、もんはびっくりすることもなく、怖がりもしませんでした。

もんはみっくに育てられたので動作がネコ的なところがありました。
ウンチをするときに前足でササッと砂を掻くのです。
だいたい犬は、ウンチをした後に後足で砂を掻くことはしても、ウンチをする前に前足で砂を掻くことはしません。

福島に来たときにはコロは亡くなっていたので、もんとみっくだけでした。
ペットと泊まるペンションなので、もんは一応看板犬になりましたが、ケーナインヒルズに来るワンちゃんの9割以上はもんを嫌っていました。
遊ぼう、遊ぼう、と近づいて行っても、無視されるばかりで遊んでもらえませんでした。
でもお友達になりたくて仕方のなかったもんは、咬まれて鼻から血を出しても、めげることなく近づいて行っていました。

ポタポタと血が落ちるほど咬まれても、相手を咬み返すこともなく、健気にお友達になろうとしていました。
これにはとても感心しました。
本当はもんはりっぱな看板犬だったのかもしれません。

 

遠くを見つめるもん(牧場) - コピー

もんは16歳でこの世を去りました。
そうそう、もんが亡くなった時、たくさんのお客様から花束をいただきました。
本当にありがとうございました。
私が死んでもこんなにいっぱいの花束は届かないと思います。
それだけもんはみなさまから愛された犬でした。

ケーナインヒルズ物語(ご近所のTさん)

公開日:2018/09/24

ご近所のTさんは、ケーナインヒルズのためにたくさんの種類の野菜を作ってくださいました。
春から秋にかけてケーナインヒルズで使っていた野菜の一部は、Tさんの畑から採れる有機肥料を使った無農薬野菜です。
素人とは思えない立派な野菜は、とにかく新鮮でおいしくて、とても好評でした。

春にはニョキニョキ出てくるアスパラガス、春から夏にかけてサラダに使わせてもらった色とりどりのナスタチウム、夏には私の顔より大きいハナオクラの花(これもサラダに使います)、次々実の生るナスやピーマン、ズッキーニやヒョウタンのようなカボチャ、まるで緑色のドジョウがぶら下がっているようなインゲン豆、秋に収穫するヤーコンは春先まで保存できてとても重宝しました。
パセリ、アサツキなど少ししか使わないものは、ちょこっと摘んでくればいいので助かります。
唐辛子は赤い実がきれいなので、飾りも兼ねてぶらさげておき、少しずつ使います。

いつもTさんの畑にこまめに足を運び収穫させてもらいました。
採り放題でどんなに採っても全くお金を取られないので、ほんのときたまケーナインヒルズで収穫祭をしました。
(人のいいTさんは大損をされたと思います)

今年小学1年生になった孫のリピリピは、Tさんの畑で収穫した体験を俳句にしました。
「もぎたての ピーマンにがい でもうまい」

Tさんはまたパソコンのエキスパートでもあります。
とにかくパソコンに詳しくて、パソコン音痴の私などどれだけ頼りにしたことか。
タブレットの使い方を教わったり、携帯の買い替えやプランまでアドバイスしてもらったりで(これで携帯にかかる料金がほぼ3分の1になりました)、おんぶに抱っこです。

また、猪苗代町が20年以上何もせずに放っておいたためデコボコになっていたケーナインヒルズに来るまでの道(私道ですが実際は公衆道路です)を、西葉山住民会を立ち上げ、訴訟を起こして解決しようとしたのもTさんです。
資金のない西葉山住民会は弁護士を立てることもできませんでしたが、Tさんひとりで訴状を書き、裁判用の書類まですべて用意して尽力してくださいました。
(私たちも傍聴させてもらいました)
その結果、猪苗代町は私道だという理由でアスファルト舗装はしてくれませんでしたが、それに近いものをしてくれたので、以前よりずいぶん通りやすくなりました。

いいご近所さんがいると本当に助かります。
私たちは助けてもらうばかりで何もお返しができないまま、今に至っています。
ケーナインヒルズはTさんのおかげで何かにつけてお客様に喜んでもらうことができました。
とても感謝しています。

ケーナインヒルズ物語(ペンンションの使い方)

公開日:2018/09/22

ある時、夜電話がかかってきました。
すすり泣く女性の声で、今から泊めてもらいたいとのこと。
何でも夫婦喧嘩をして家を飛び出したはいいけど、女性ひとりで、しかもペット連れとなると、この時間でもあるし、どこも断わられたとのことでした。

ケーナインヒルズに到着されたのは真夜中の2時を回っていました。
そしてここを発たれたのはわずか5時間後の朝7時でした。

それから無事家に着いたとの電話がありました。
どうしようと思っていたのに、快く泊めてもらえて本当によかったと感謝されました。
いろいろ考えた末、やっぱり家に戻られたのだそうです。
お店をされていたので、仕事のことが頭の中にあったのでしょうね。

このことがあって以来、私もめいさんと大喧嘩したら、さっさと家を出てどこかに泊まって、さっぱりして戻って来るのもいい方法ではないかと思いました。
お互い距離を置いて冷静に考える時間があれば、意外とものごとは早く解決するのではないかと思ったものです。

私たちは今でも口喧嘩はしょっちゅうしますが、昔と違って取っ組み合いの喧嘩はしなくなりました。
この程度のケンカであれば、家を出るほどのことはありません。
(でもそう言えば昔、大喧嘩した結果、私でなくめいさんが家を出て行ったことがあったなあ。朝早く往診の依頼があって仕方なく携帯に電話して、国道をスタスタ歩いていためいさんを診療車で迎えに行ったことがあったっけ)

ペット連れであればペットペンションに泊まりに行くのが手っ取り早い。
ペンションのこんな使い方もいいものだと思いました。

続く

ケーナインヒルズ物語(お泊りの人数は・・・)

公開日:2018/09/21

ケーナインヒルズでは、お泊りの人数は食事ナシなら何名様でもOKですが(と言っても17名様までしか泊まれません)、食事付きだと8名様が限度です。

人数が多いと何日も前からプレッシャーで体全体、頭まるまるひとつ押しつぶされて、ショボッとして、元気がありません。
人数が多いと実際にできないことがわかっているからよけいです。

ある時、グループで何度も来られている人が、どうしても16人でお願いしたいと言われたことがありました。
もちろんすぐに断りしましたが、どうしてもと頼み込まれて、しぶしぶ引き受けることになりました。
でもその時、食事の時間は大幅に遅れることを覚悟するようにお願いしておきました。
デザートを出し終わったのが10時でしたが、一言の文句もなく、それどころかゆったりと時間が流れて行き、みなさんまったりとした時間を過ごされたようです。

よかった~(ホッと胸をなでおろしました~)。
私はぐったりと疲れてしまいましたが。

やっぱり人数は少なめの方がプレッシャーが掛かりにくいのでやりやすいです。
4名様というのが一番好きです。

続く

ケーナインヒルズ物語(ソニータイマー)

公開日:2018/09/20

「ソニータイマー」と言うのは本当にありました。

当初各部屋にあったのは、アイワ時代からのブラウン管テレビでした。
オープンしてから何日か経ったある日、掃除をしていたバイト君がテレビのリモコンを押してみると画面が映らなかったと言います。
他の部屋のリモコンを持って来てもダメでした。
もしやと思ってすべての部屋のテレビをチェックすると、どの部屋のテレビも何も映らなかったのでした。

慌ててヤマダ電機の担当の人に電話して、テレビを5台かき集めてもらいました。
他の店舗からも集めてやっと5台揃いました。

そしてほどなく、今はラウンジの薪置場に置いてあった大きなソニーのブラウン管テレビまでタイマーが切れてしまったのでした。

驚きました。
「ソニータイマー」という言葉は聞いてはいましたが、まさか同じ日にタイマーが残り時間ゼロになるなんて。

続く

PAGE TOPへ