CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

めいさん、また窓を開けてる!

公開日:2019/08/21

お風呂から上がってふと見ると、窓が開けっ放し。
パシャッと窓を閉め、ササッとパジャマに着替えて、めいさんのところに怒鳴りに行く。

「また、めいさん、脱衣場の窓を開けてたじゃないの!裸になったところを見られたじゃないか!」
「誰がなっちんの裸を見るのかね?」
「道を通る人みんな!」
「みんな目を逸らして通り過ぎるよ。」
「いや、見てる!」
「そんな物好きはおらんぞ。」
「おる。私の豊満なおっぱいを覗こうとしている人はいっぱいおる。」
「そんなおっぱいを見て誰が興奮するのかね?」
「見た人みんな、興奮する。」
「はははははは^^^^ところでその時、誰か人が通っていたのか?」
「わからん。」

ここは住宅街なんだぞ。
お風呂場や脱衣場があるところは道路に面しているので、通りがかりの人は夜だとちらっと覗きたくなって来るわなあ。
あかりに吸い寄せられる虫のように、目が自然とあかりが灯っている窓に吸い寄せられるのだよ。
全く、めいさんときたら、暑いから風通しが良くなるようにと、お風呂タイムであろうと窓を開けっぱなしにするのだから、もう~。

窓が締まっているとばかりに思い込んでいる私は、いつものように服を脱ぐ・・・
あああ―、きっと覗かれているよなあ―。
めいさんはいくら大きなおっぱいだとしても、男だからどうってことないのだよ。
私は(もし)小さなおっぱいだとしても、女だから大ごとなんだよ。
わからないのか、このバカ!

小学2年生が解く問題

公開日:2019/08/17

小学校2年のリピリピがわが家に来た時、プリントを持って来ました。
パズルめいたものが好きなリピリピは、ササッと解いてしまいます。
ポッチーちゃんと私は紙に表を書かないと解けません。
私など解くのに30分かかりました。

その問題とは;

さくら、あおい、ゆり、もえこ、すみれ の5人はおやつをもらいました。
もらったおやつも、もらった数(1こ、2こ、3こ、4こ、5こ)もそれぞれちがいます。
だれが、なにを、なんこ、もらったでしょう。

さくら   「わたしは、すみれより1こ多くもらったよ。わたしのおやつはアイスクリームじゃないわ。」
あおい   「わたしはプリンの子より3個多くもらったの。」
ゆり    「わたしは、せんべいの子とキャンディの子を合計した数をもらった。わたしはクッキーはもらってない。」
もえこ 「わたしは、プリンの子より1こ多くもらったわ。」
すみれ   「わたしは、せんべいをもらった子より2こ少なくもらったよ。」

また5×5マスの中に1から5までの数を入れて、縦も横も足して同じ数になるようにするものもありました。
(ナンプレが好きな私はこれだけはすぐにできました)

 

 

 

 

 

 

さて、答は次の通りです。

さくら  プリン   2こ
あおい  クッキー  5こ
ゆり    アイス      4こ
もえこ   せんべい    3こ
すみれ    キャンディ 1こ

 

 

 

これは何通りか答があるようです。

ね、結構難しくて頭を使うでしょ?
今頃の子どもはこんな問題をいとも簡単に、紙にも書かずに、頭の中で考えるだけで解いてしまうのですねえ。

昔はおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に住んでいた家庭がほとんどで、おじいちゃんやおばあちゃんが孫の面倒を見ていました。
孫たちとの良い関係を作っていただけではなく、自分たちのボケ防止にもなっていたのですね。

充電

公開日:2019/08/15

「あら、12%充電済みだわ。」
携帯の充電器のコードを差し込みながらブツブツ言っていると、
「なっちんが充電12%と言うと、携帯ではなくてアンタの頭の充電だと思ってしまうよ。」とめいさんが笑いながら言いました。

「それ、どういうことよ?」
「なっちんが脳ミソをフルに活用しているんじゃなくて、12%しか脳ミソが動いてないみたいように思える。」
笑ってしまった。

いい息子だ。

公開日:2019/08/12

一昨日、バイト君が帰ってきました。
昨日はバイト君に額や鏡を取り付けてもらったり、棚を作ってもらったりして、今まで「ここに鏡があったら・・・」「ここに絵を飾りたいけど・・・」「階段下の収納をもっと使いやすくしたいな・・・棚があれば格段に違うのになあ・・・」と、頭にモヤモヤこびりついていた問題が一気に解決してスッキリしました。
お礼に安い回転寿司をごちそうしようと思ったら、逆にごちそうしてもらい、ダブルでラッキー。
いい息子だ。

仕事が忙しいらしく、あまりゆっくりすることなく夕方帰って行きました。
高校野球も私の中では終わり、バイト君も帰ってしまって、私の今年の夏が終わりました。

疲れたなあ。

公開日:2019/08/11

IMG_4143

8月8日、米子東高校は第1試合で智弁和歌山高校と対戦、1対8で負けはしましたが、私たちは甲子園で至福の時を過ごすことができました。

朝早かったので前泊しなければならず、めいさんにお伺いを立てるといつもの調子で、「2泊でも3泊でもしてきていいよ」とのこと。
めいさんは私がいない方が精神的にも開放されるようで、好きな時にご飯を食べ、お酒を飲むことができて快適なのです。
腰の骨を折ってから(どうしても相手をしなければならない時を除いて)ずっと禁酒していましたが、ポッチーちゃんが来た時に、この時ぞとばかりに飲み始めたのでした。
だから好きな時に、誰にも遠慮することなく飲めることが嬉しくて仕方がないのです。

「さあ、フーマ、お母さんがいないからお父さんと一緒にお留守番しようね」と相好を崩しながらフーマに話しかけている姿を見ると、私がいないことがこんなにも嬉しいことなのかと思わずにはいられませんでした。

で、私は安心して出掛けることができたわけです。
甲子園での応援はとても楽しかった!
そしてそのあとの懇親会も、関西地区と米子からの友達と久し振りに会えて、また卒業以来初めて会う人も含めて、時の流れを止めて話し合うことができ、これまた楽しかった!
こうして同じ空気を吸いながら、昔のことを語り合い、今を語り合い、この人はこんなにも面白い人だったんだ、学生時代にもっと話していればよかったといつも同じ思いを抱きながら、仲間が増えたことを嬉しく思う私でした。

家に着くとどっと疲れが出て、眠くて眠くてどうしようもありませんでした。
シャワーを浴びてベッドに潜り込むと、そのままぐっすり眠ってしまいました。

翌日になっても、そのまた翌日(つまり昨日)になっても、なかなか疲れは取れませんでした。
今までこんなにも疲れが取れなかったことなんてほとんどありませんでしたからね。

よ~く考えてみると、そうだ、ポッチーちゃんたちが来てからだ。
ただでさえ孫たちの相手は体力は要るし、精神的にも疲れる。
だのに鴨川シーワールドに行った時、孫の一人が具合悪くなりそのまま鴨川の病院に直行、39度近い熱がありシーワールドは取りやめて結局家に戻ることになったこともありましたからね。
やっと元気になって東京に帰ることになり、私が前泊で甲子園に行く日に一緒に家を出て、東京で別れて・・・休む間もなく甲子園で炎天下の応援だったから疲れが溜まるのは当たり前。

歳を取ったなあ、と感じた一瞬でした。

3 / 11012345...102030...最後 »

PAGE TOPへ