CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

寒くなってきました

公開日:2020/10/16

朝、雨戸を開けると漂っていた庭の金木犀も、今ではすっかり散ってしまいました。
たったこの前までよい香りを放っていたというのに、知らないうちに金木犀の季節は通り過ぎて行ってしまいました。

この香りがめいさんは好きで、朝起きて雨戸を開けるのを楽しみにしていました。
房総半島のこの片田舎に来てからというもの、雨戸の開け閉めはめいさんの日課です。

今では雨戸を開けると、ひんやりとした空気が頬を撫でます。
朝の光を浴びながら、部屋の空気を入れ替えて、一息入れると、1日が始まる実感がします。

ここ数日、急に寒くなってきました。
そろそろ暖房が必要かなと思いながらも、もう少し我慢してみようと様子見の毎日です。

もう10月10日!!

公開日:2020/10/10

!!!!!!!あらー、なんと、もう10月も10日。
ブログの更新もずっとしていなかった!

1日が過ぎるのが速くて、いつも私だけ取り残されている感じ。
することはたくさんあるのに、毎日の生活に追われて、あっという間に時間が過ぎて、「あーあ、また今日もできなかった。明日は必ず」と心に誓うのですが、明日になれば「また今日もできなかった」の繰り返しです。
おいおい、「明日死んでも後悔しない」生き方を選んだはずなのに、この分だと後悔ばかりで死ぬに死ねない。

ということは、まだまだ死んではいられない、長生きしろということなのかしら?
そうだ、めいさんを残して死ねないから、当分しぶとく生き抜くしかないな。

それにしても、人間は何でこうもたくさん、することばかり抱えているんだろう?

ナンキンハゼ

公開日:2020/09/13

IMG_0924

なんきんはぜ通りのナンキンハゼの実は、もう1か月くらいこのままです。
まんまるい緑の玉がゴツゴツした感じになってきて(この状態がもう1か月続いている)、あとは熟して黒くなるのを待つだけ。

 

IMG_0943
この元気なナンキンハゼは、夏の間は日陰を作ってくれて、猛暑から私たちの身を守ってくれていました。

子孫を残すのも上手で、あちこち、いろいろなところから芽を出していました。
我が家の駐車場の脇にも、10㎝~15㎝くらいのナンキンハゼの赤ちゃんが、いくつか生えてきていました。
そのままにしておくと大きな木になってしまうので、見つけたら取り除いておかないと大変なことになってしまいます。

元気がいいのは良いことですが、根をしっかり張っていくので、歩道が盛り上がっている所は、ナンキンハゼの根がその下を這っているのだとか。
注意して歩かないと、つまずいてしまいます。
めいさんは非常に歩きにくいと言っていました。

秋になると葉が赤く色付き、とてもきれいになります。
そして葉が落ちると、ハロウィンに出てくるようなうねうねとねじ曲がった枝が、これまたい~い味を出しています。

来月はハロウィン。
ナンキンハゼの枝にカボチャのランプを取り付けたら、とても素敵だろうな、といつも思います。

ジンジャー

公開日:2020/09/09

今朝、ラジオでジンジャーのことを言っていました。
ここで言うジンジャ―とは、料理に使う生姜のジンジャ―ではなく、ジンジャーリリーという花のことです。
和名は花縮紗(ハナシュクシャ)。
この辺りでは8月下旬ごろから咲いている、白くてカンナに似ている花です。

 

IMG_0920

小鳥の森公園に行く途中にも咲いています。
香りがよくて、背丈は私と同じかそれ以上。
この花はこちらに来て、初めて知りました。

毎日見ている花の名前がラジオで流れると、身近に感じて嬉しくなります。
今日は余計に時間を掛けて、ジンジャーを眺めていました。

余裕

公開日:2020/09/08

台風の影響で暑くなったとはいえ、秋だなあ、と感じるこの頃です。
朝の風もちょっとだけひんやりしてきたし、昼の長さが本当に短くなってきました。
夕方の6時半というと、もう夕暮れ時になってしまいました。
今は朝の散歩も5時過ぎてから行きます。

そう言えばあと2週間ほどで秋分の日。
月日の経つのは本当に速くて、足の遅い私など到底追いついていけません。

毎日夕食が終わると、「ああ、今日もちゃんと食べることができた。ふたりとも何事もなく、このまま1日無事に終えることができそう」と、胸をなでおろします。
「食べることができた」というのは、病気で食が細くなったり、食べられないというのではなくて、経済的な話です。
今は年金暮らしなので、余裕なんてなく、食べていくだけで精一杯。
でも食費をケチって病気になるのはバカらしいし、食べることは人生の大きな楽しみなので(と言っても、そんなにいいものを食べているわけでもないし、毎日目新しいメニューなんてこともないけど)、やり繰りしながらやっと食べていけてるって訳です。

めいさんは大金を夢見て、宝くじを買おうと言います。
私が反対すると、こっそりバイト君に電話をして、宝くじをせがみます。
そのお金もバイト君に出させているのですよ。(悪い父親だ)

私たちは貧乏暮らしには慣れているので、別に何とも思っていませんが、「楽しみに使うお金がもう少しあればいいのになあ」といつも思います。
経済的に余裕があれば、精神的にも余裕ができます。
余裕って大切。

今は経済的な余裕、精神的な余裕、時間的な余裕が欲しいなあ。

3 / 12812345...102030...最後 »

PAGE TOPへ