CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

キアゲハの蛹

公開日:2016/08/12

IMG_3314

今までキアゲハの蛹を見たことがなかったのに、今日初めて見たのですよ。
フェンネルの葉っぱを食べ尽くして、どこで蛹になるのかな、と不思議に思っていましたが、彼らはやっぱりフェンネルの茎で蛹になっていたのです。
しっかりと張り付いて、天を見ているような姿はかわいいですね。

 

IMG_3315

これは逆さまになっているので、もしかしたら息絶えているのかもしれません。
お尻の方は 幼虫時代の縞々のままです。

蛹はベージュ色をしているので、周りに同化してしまっていて今まで気が付かなかったのでしょうね。
でも何十匹もいた幼虫なのに、蛹になっているものは数えてみると5個ぐらいなものでした。
あとの幼虫は一体どこで蛹になっているのかな?

 

IMG_3322

 

食欲の塊のような幼虫がいなくなってフェンネルも安心したのか、恐る恐る芽を出していました。

昼顔とジンガサハムシ

公開日:2016/08/11

IMG_3294

買い物から帰って、ふと草の生い茂った土手に目をやると、薄いピンク色の昼顔がきれいに咲いていました。
西葉山に来てから、ケーナインヒルズの周りで昼顔を見たのは初めてです。

茨城にいた時にはひと回り小さな昼顔がいっぱい咲いていましたが、西葉山の昼顔は直径がちょうど6㎝。
朝顔を小さくしたくらいの花です。

朝顔はすぐに萎んでしまうのに、昼顔は結構長い時間咲いているし、色もきれいで私は好きです。
ところがこの昼顔、これまた雑草なのですよね。
いくらきれいだと言っても、繁殖力の強いものは嫌われるから理不尽です。

 

IMG_3302

昼顔と言ってすぐに頭の浮かぶのはジンガサハムシです。
茨城にいた時、玄関のドアにいました。
「宇宙から来た虫みたいだね」と言って、わざわざ茨城県自然博物館まで持って行って観てもらいました。
そんなに珍しいものではないということだったので外に放してもらいましたが、その時以来ジンガサハムシに出会ったことはありません。
写真を撮っておかなかったのが残念。
で、この写真はインターネットから拝借したものです。

昼顔に葉っぱによく付いているということなので、土手の昼顔が咲いているところを探してみましたが、やっぱりいませんでした。
がっかり。

秋風を感じた日

公開日:2016/08/09

今日は真夏日(30℃以上)になった地点が629、猛暑日(35℃以上)になった地点が198、最高気温は山梨県切石で39.2℃もあったそうです。

ところがここ西葉山ではせいぜい25℃で、今朝は秋風を感じました。
(さすが避暑地)
お掃除のS さんのご主人は昨日秋風を感じたそうで、猪苗代は秋に1歩足を踏み入れようとしているようです。

物忘れ

公開日:2016/08/08

昨日の朝食で味噌汁の中に豆腐を入れるのを忘れてしまい、切ったばかりの生の豆腐をトングでつまんでお客様のお椀の中に入れて回るハメになってしまいました。
何人ものお客様のお椀にチャッポンチャッポン、賽の目に切った豆腐をひとつずつつまんで、ひとつのお椀に5~6個入れるのですよ。
最後の方になると豆腐も崩れて、これが賽の目に切ったものかと疑いたくなるほど形が崩れてしまいます。
恥を忍んで入れて回りましたが、お客様もびっくりされたでしょうね。
何でこうも忘れてしまうのかな?

と思っていたら、今日はその豆腐を入れるのを忘れたのでなく、初めから豆腐のことなど頭の中になくて、お客様の食事が終わってから「あらっ、お豆腐を入れてなかった」と気づく有様でした。

このところどうも物忘れがひどいのです。
先日バイト君のところに福島の桃を送ったら、同じ昭島市でも何年も前に住んでいた住所に送ってしまったようで、「マンションの保証人になってもらうために、2年ごとに書類を送っているのに気づかなかった?」とあきれた様子で言われてしまいました。

昨日はスーパーに行って、いざお金を支払う段階になって、カバンの中を見たら財布が入ってなくて慌ててしまいました。
急いで財布を取りに戻った時に、めいさんから冷ややかな声で言われました。
「財布はどうでもいいから、お金を持って行きなさい。ずっと前にもそう言ったでしょ?」

そう、あの時はしっかり財布を持って行ったのに、財布の中身はスッカラカン。
あの時もレジの前で慌てたよなあ。

あの時以来です。
私が出かけていくのに気が付いた時に必ず「(車の)カギは持ったのか?お金は持ったのか?」とめいさんが言うようになったのは。

物忘れがひどいので、物覚えなんて到底できません。
新しいことを覚えるなんて、今の私の脳ミソでは全く無理というもの。
たった今聞いたことでも、あっという間にわすれてしまうんだから。

このまま体も脳ミソも衰えていくなんて、二重の苦だわ。
何年か後の自分の姿が目に見えてきそう。
ヨボヨボの私が車椅子を押してもらいながら、目は遥か彼方、宇宙を見ている姿を。
鳥肌が立つほどゾッとするわ~。

 

Tさんの畑

公開日:2016/08/06

Tさんの畑には今、旬のものがいっぱい生っています。
ボールを大小ふたつ持って野菜採りに行きました。
ナスが見事にあちこち垂れ下がって、「早く採ってくれないとカラスにつつかれてしまう」とぼやいていました。
そこで大きなものから採って行くと、すぐにボールに一杯になりました。

インゲンもよく実っていて、緑色のドジョウがいっぱい垂れ下がっているように見えます。
まるで太ったドジョウを1匹ずつ吊るしているみたい。
鋏でちょんちょん切って行くと、すぐにちいさいボールに一杯になりました。
仕方なく、ピーマンはエプロンのポケットに入れました。

 

IMG_3289

これがその野菜。 ぴちぴちしてるでしょ。

夕方またTさんの畑に行き、夕食に使う野菜を採りました。
緑のズッキーニは半分カラスに食べられてしまっていましたが、残っている部分はきれいなので持って帰りました。ナスタチウムとパセリ、レタスとアサツキもいただいて、意気揚々と帰りました。

でもこれだけの野菜、何に使おう?
採ったはいいけど、料理作りの嫌いな私はあれこれ頭をひねってもアイデアが浮かびません。
余った分は茹でておこう。
あとから煮たり、和えたり、炒めたり、面倒ならそのままだって食べられるし。

主婦って大変。
料理作りって大変。
でもこうして無い知恵を絞っていろいろ考えるから、女性は長生きするんですねぇ。

PAGE TOPへ