CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

今日から普段通りの生活通りです。

公開日:2020/01/04

昨年のお正月は引っ越しで大変だからと、初めてお重に入ったお節料理を注文しました。
京都祇園の料亭の(というか、この料亭が監修した)お節でしたが、これが結構おいしく、量もあって、今年も同じところから同じものを取ることにしました。

暮れの何かと忙しいときに、お節を作ろうとすれば、買い物から始まり、あれも要る、これも要る・・・で、買い物するだけでもうくたくた。(私は食料品の買い物は好きではないのです)
冷蔵庫はパンパンで、入りきれないものはそのあたりに積んでおくことになるし、またそれを料理するのはとてつもなく労力が必要。

昨年ラクをした手軽さが忘れられず、今年もお節は購入しようと、毎月努力して少しずつお金を貯め続けた甲斐があって、暮れの慌ただしさもそれほど感じることなく、お正月はまったりすることができました。

ケーナインヒルズ時代は年末年始がとにかく大変で、今から思えばよくやったものだと、その頃の自分に感心してしまいます。
ただでさえ忙しいのに、めいさんが緊急入院したりすると、面会にも行かなければならず、寝る時間さえありませんでした。
よく体をこわさなかったものです。
しなければならないと思うと、気力が普段の何倍にもふくれ上がって、できてしまうから不思議なものですよね。(今は全く腑抜けになって、何かしようという気はゼロ)

昨日でお節もなくなり、今日から普段通りの生活に戻りました。(と言っても大して変わり映えはしませんが)
三が日何事もなく過ぎ去り、ホッとしています。

一番のお年玉

公開日:2020/01/01

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年のお正月は本当にのんびり、ゆったりできました。
昨年は荷物の山(今でも2階は段ボールがうず高く積まれたままです)に囲まれ、座る余地もないほどでしたが、今年は目の色を変えて片付けや掃除をしなくてもよかったので、気分的に余裕のあるお正月でした。(こんなの初めて)

お昼ごろ、バイト君の運転する車に乗って、フーマも一緒に近くの神社にお参りしてきました。
そのあと少し遅いお昼を食べ、お茶を飲んでまったりしてから、バイト君は帰って行きました。

片付け物をしていると、ピンポ~ンとチャイムが鳴りました。
出てみて・・・びっくり!
一瞬目がおかしくなったのかと思ってしまいました。
だってそこにいるのは紛れもない、フーマのパピーウォーカーさん。
奥様の実家(静岡県)に行った帰りに寄ってくれたのでした。

フーマは嬉しくて嬉しくてたまりません。
尻尾をぶんぶん振り回しながら跳びついていました。
ケーナインヒルズをクローズするとき以来ですから、フーマは懐かしい人たちに会えて、喜びを体中で表していました。
私たちも嬉しかったけど、フーマは幼い日々を一緒に暮らした特別の人達ですから、嬉しさ一入だったことでしょう。

ほんの数分の間でしたが、この時間はフーマにとっても私たちにとっても、とても濃い時間になりました。
フーマにとって何より嬉しい、一番のお年玉になりました。

一期一会

公開日:2019/12/31

IMG_36110

リビングのサイドボードの上にケーナインヒルズの額が飾ってあります。
目の届くところにあるので、毎日毎日、眺めています。
昨年、ケーナインヒルズがクローズすることを知って、お客様がプレゼントしてくれたものです。

CANINE  HILLS
この場所でしか 味わえない 温かさがある
大自然の恵とともに 命そのものの 温もり 優しさがある
一期一会に 笑顔咲く
ありがとう

そしてこの額縁の入っていた手提げ袋(左側)には、

沢山の笑顔を ありがとう
CANINE HILLSの愛は
心の中で生きつづける
愛の灯火

と書いてあります。

イメージを伝えると、こうして言葉に書いてくれるところがあるそうですが、そういうところを探して、わざわざ書いてもらおうとすること自体、なかなかできないことです。

ケーナインヒルズが昨年9月30日にクローズすることを告知したのは、その月の初めのことでした。
クローズするまで1か月もなかったわけです。
でもケーナインヒルズのリピーターさんたちは、敢えて泊まりに来る日を作って、来てくれたのでした。

こんなにも愛されたケーナインヒルズ。
自然豊かな美しい猪苗代の地で、ケーナインヒルズを続けることができたのも、今思えば夢のようです。
クローズしてまだ1年3か月しか経っていないのに、私にはずいぶん昔のように思われます。
リビングルームの椅子に腰掛けながら、何気なく目に入ってくるケーナインヒルズの額を見ながら、ケーナインヒルズ時代は私たちにとって良き時代だったと、強く感じるこの頃です。

2019年ももうすぐ終わり。
今年は、始まったばかりの千葉での生活と、13年続いたケーナインヒルズ時代の思い出が混ぜ合わさった1年でした。
千葉に来た時、ケーナインヒルズ時代と同じように、ここでも一期一会を大切にしようと思ったものです。
ゆったり過ぎていくようで、実は速足で通り過ぎて行った1年でした。
色で表すと、ゴールドの筋の混じった緑色、群青色、落ち着いたオレンジが絡み合ったイメージでした。
味でいうと、ほんの少し苦くて、酸っぱくて、甘い感じです。(いったいどんな味なんでしょう?)

今年もお世話になりありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
ではみなさま、良いお年をお迎えください。

メニエール病???

公開日:2019/12/26

23日の夜から体の調子が悪くなって、圧迫感があり、そのうちに眩暈がし始めました。
蛍光灯が左に流れ、吐き気がして、どうも具合がよくありません。
翌日になると吐き気がひどくなり、起き上がろうとすると、よけい吐き気がしてふらつきます。

めいさんは盛んに病院に行くように言います。
「車を運転することなんてできないよ。」と私が言うと、
「タクシーで行けばいいじゃないか。」と簡単に言う。
「行くのが大変なんだよ。吐き気がして気持ち悪くて。」
「でも病院に行って診てもらわないと治らないよ。」
「私ひとりで行けそうもないし。寝ている方がマシ。」
それでご飯も食べず、水も飲まず、1日中寝たままでした。
めいさんはご飯を食べさせてもらえないので、知人が送ってくれた干し芋ばかり食べていました。

25日の朝も少し良くなったとはいえ、やはり吐き気が残っていて、ふらつきも残っていました。
でもめいさんにリンゴを切り、私もほんの少しすりおろして果汁だけスプーンに2杯ほど飲みました。
24日は水さえ飲めなかったのに、果汁を飲めるようになっただけでもずいぶん違います。
夜になると急に気分がよくなってきました。
お茶が欲しくなり、インスタントの味噌汁を飲むことができるようになりました。
レトルトのカレーがあったことを思い出し、干し芋ばかりでおなかが張っていためいさんは、やっとご飯らしきものを食べることができました。
真夜中になると軽いふらつきが残るだけで、吐き気はほとんど治まっていました。
それからはだんだん調子がよくなって、今朝になると普段通りの私にほぼ戻っていました。

23日はめいさんの誕生日でした。
でも毎年クリスマスと一緒に祝うことにしているので、24日にごちそうを食べることになっていました。
でも私の不調でそれも叶わず、今年の誕生日とクリスマスはさんざんでした。

今のところ、めいさんの面倒を見るのは私だけ。
私の健康に気を付けないと、共倒れになるとつくづく思いました。
でもめいさんは私の方がめいさんより長生きするので、ずっと面倒を見てもらえると信じ込んでいます。
私の方が先に逝ったらどうするんだろう?

今日は普段よりはちょこっと豪華に、でもクリスマスの料理ほどでもないごちそうを食べることができました。
めいさんは晩酌でいつもは2杯しか飲まない酎ハイを、今日は特別3杯飲んでいました。
めでたし、めでたし。

PS; 冷凍庫の中にはレンジでチンして食べられるものがあったにもかかわらず、めいさんは食べませんでした。
冷蔵庫の中にも作り置きのおかずがあったのに、手探りで探すのが苦手なめいさんは探しませんでした。
まあ、何日か食べなくても死にはしませんけどね。

今日、野菜売りのおばさんが来た時、「それはメニエール病じゃないかしら。私も全く同じ症状でしたよ。」と言われました。
メニエール病の持病のあるめいさんも同じことを言っていました。

 

柚子湯

公開日:2019/12/23

有馬記念を観終わった(聴き終った?)めいさんが、お風呂に入ると言い出しました。
まだ夕方4時にもならないというのに、脱衣場と風呂場を温め、浴槽にお湯を張りました。
お湯の温度は41℃。
お風呂場は狭いので、温まるのが速く、41℃のお湯はこの頃の寒さにちょうどいい温度です。

 

IMG_3607

そうだ、今日は冬至。
柚子湯の日。
ちょうどもらっていた柚子があったので、2個ほど湯船に浮かべておきました。

めいさんは長風呂です。
30分ごとに様子を見に行きます。
機嫌よく歌を歌いながら体を洗っています。
よかった、まだ生きてる。

そしてまた30分後に行ってみると、「今から上がるところ」と言って出てきました。
「柚子湯はどうだった?」
「あまり柚子のにおいがしなかった。鼻の近くに柚子を持って来るとにおうけど。」

めいさんが早くお風呂に入ったので、夕ご飯も5時半という今までにない早さでした。
昨日、一昨日と晩酌を控えていたので(注射をした日はお酒を飲まなくなりました)、今日は焼酎の水割りをちびりちびり、大事そうに飲んでいました。
飲む量は2杯と決めているので、味わって飲んでいるみたいです。(いいことだ)

夕食が終わってから、今度は私がお風呂に入りました。
柚子のいい香りがしていましたよ。
バスタブの中に入れているマグちゃん(バスマグ:マグネシウムで、お湯の中に入れるだけで水素風呂になるスグレモノです)まで柚子の香りがしていました。
どうもめいさんの鼻は老化して、鈍感になってしまっているようです。(でもお酒のにおいはきちんとわかっているみたいですよ)

PAGE TOPへ