CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

ユリノキ

公開日:2019/05/18

大きな公園の、いつもめいさんが腰を掛けているベンチのそばに、大きな木があります。
いつも何の木だろうと思っていましたが、花が咲いているのに気が付きました。
淡い黄緑色で、チューリップみたいな形をしていて、花の付け根近くにオレンジ色の太い帯のような模様のある変わった花です。

 

IMG_3458

「あっ、これ、ユリノキだよ。『ゆりのき通り』ってあるでしょう?その通りにはこのユリノキがずらっと植えられているのかしら。ナンキンハゼより名前がずっといいよね。」
ユリノキは図鑑で見たことはあったけど、実物を見るのは初めてです。

なんだかおとぎ話に出てくる花みたい。
夜になると妖精たちがやって来て、この花のカプセルの中で眠るのではないかと思えるような幻想的な花です。

Lemon(その2)

公開日:2019/05/14

めいさんのそばでLemonを聴いていると「やかましい、あっちで聴け」と言います。
でもしっかり聴いているみたいで、
「『雨が降り止むまでは帰れない』なんて『雨が止むまでは帰れない』でいい」とか、
「この歌は変な歌だなあ、民謡みたいに合いの手が入ってる」
「ウェッってやつね」
「ゲボ吐く歌か?」

やっと少しだけ覚えてボソボソ歌っていると、後ろからめいさんがNHKののど自慢のように「カ~ン」と、口で鐘をひとつだけ鳴らして去って行きます。
たったこの前まで、「歌えるようになったのか?自分で歌わないと覚えないよ」と言っていたくせに、実際に私が歌い始めるとこんな調子です。

今めいさんは何をしているとかと言えば、お風呂にも入らずに好きな谷村新司の「昴」を歌っています。(自分で歌う声は大きい)
そのうちに歌声が細くなったかと思ったら、どうやらやっとお風呂に入りに行ったようです。

取り立てて何も起こらない日常の生活が、ときめきも煌めきもこれから先の予定もない一見つまらなさそうな生活が、今の私には嬉しくて楽しくて仕方ありません。
今私はやっと心落ち着けるところにいることを実感しています。

結婚して島根県松江市に住み、それから福岡県北九州市、茨城県旭村(現鉾田市)、福島県猪苗代町と移り住んできました。
松江も北九州も旭村も、そこを早く出たい、違う所に行きたいと、いつも心が絞られるような思いで過ごしていたことを思い出します。
めいさんが私になんの相談もなしに勝手に大事なことを自分ひとりで決めてしまい、私はいつもめいさんに従って生きて来ていたので、いい思い出はあまりなかったのです。

松江を離れる時、ここを出たら、ここよりもっと良い未来に出会えると思っていたのですが、出会えませんでした。
旭村を離れる時、もうここに住まなくていいのだと思うと、嬉しさがこみ上げてきました。
やっと心が落ち着いたところは猪苗代でした。
大自然は私の心を癒してくれました。

私が辛い思いをしていた時、めいさんは自分の仕事が順調だと、私が何を言っても聞いてくれませんでした。
「オレの言うことを聞いていれば間違いないよ」といつも言っていたほど自信過剰だったのです。
この苦しい思いをしていた時、米津さんのLemonを聴きたかった。
聴いて心を紛らわせたかった。(まだ彼は生まれていなかっただろうけど)

めいさんが失明して私を頼らなければならなくなった時、形勢逆転。
めいさんはおとなしくなりました。
ざまあみろ、と思いました。
これからはめいさんが苦しんだらいい。(今は嬉しいことに、そう思わなくなりましたよ)

心が癒され、幸せを感じることのできた猪苗代を離れる時は辛かったです。
でも今は、繰り返して言うように、房総半島に引っ越してきてよかったとつくづく思っています。
老後は生活に便利な施設が近くにあることがとても重要になってきます。
猪苗代にいたら、買い物や病院に行くのも不便だし、冬季は除雪までしなければなりません。
めいさんの病気ももっと進んでしまっていただろうし、毎日びくびくしながら過ごすのは私の心臓にもよくありませんからね。

今も私はLemonを聴きながらこのブログを書いています。
何度聴いてもいい曲だなあ。
めいさんは私がひとつの曲だけを聴き続けていることが不思議に思えるようです。

そうそう、Lemonは「アンナチュラルのエンディングに流れていた曲」というのは間違いで、主題曲だったようです。
ということは、毎回「夢ならばどんなによかったでしょう」と歌う米津さんの声がドラマの最初の頃に流れていたということでしょうか。
米津さんのあの声で、あの曲で、ドラマがどれだけ盛り上がったのか想像がつきます。(視聴率がどれだけあったかは知りませんが)
ドラマの中で流れているのを聞いてみたかった。
きっと雰囲気ぴったりだったと思います。

米津さんが出た紅白歌合戦を見てみたいと思い、U-NEXTで探してみましたが見つかりませんでした。
何としてでも見たかったのに残念!

米津玄師 Lemon

公開日:2019/05/12

生きててよかった。
私が生きているこの世で、同じように生きている人たちの中で、才能の塊のような人に巡り会うことができました。
会ったこともなければ、話をしたわけではないけど、この人の、このLemonの曲を聞いて、次元の高さを感じ、同時にこの曲が私の中で走り回り、どんどん膨れていくのを感じたのです。
この曲を初めて聴いたのはちょうど1週間前。
なのにこの曲は私の心を惹き付けて、私の頭の中まで変えようとしているのです。

こんな曲を作る、こんな人がいるなんて思ってもいなかった。
まだ30歳にもならない、若く、才能溢れる人。(私は自分に才能がないので、豊かな才能を持っている人が好きで、惹かれ、憧れます)
昨年暮れの紅白歌合戦にも出場したそうですが、紅白歌合戦そのものにあまり関心のない私はほとんど観ませんでした。
だから「米津玄師」という名前も、Lemonの曲も知りませんでした。
もちろん、アンナチュラルというテレビドラマなど観るはずもなく、エンディングで流れていたというこの曲の存在すら知りませんでした。

朝から晩まで聴いていても飽きないこの曲は、確かに何かが違う。
独特の世界観があり惹き付けられてしまうのです。
で、この曲を書いた米津玄師にとても関心を持ちました。
すると、彼は絵の才能もあるのですね。
彼の描くイラストはプロ並みというか、すでにプロです。
何でこんな絵が描けるのだろう?
またダンスも上手いというのですね。
彼の頭の中は音楽や絵やダンスが複雑に絡み合い、アートで埋め尽くされている感じ。
これはタダ者ではない。

槇原敬之のように、声はすばらしいが顔がどうもね~ と言ったタイプで、最初は顔と声がどうしても私の中で合致しなくて、切り離していましたが・・・
こんな才能豊かな人なんだから、顔はどうでもいいや、我慢する・・・と思うようになり・・・、何度も見ていると慣れてしまって、この顔でいいや、思うようになってきました。
イケメンだという人もいるけど、決してイケメンではありません。(と、私は思う)
顔の半分は髪で隠しているほどですから。

初めて見た時は「何、この人、犯罪者みたい」と思ったものです。(ゴメン)
化粧をしていると、少しはマシ、というか、女性がお化粧でガラリと印象が違うように、化粧をしている顔はまあ、見ることができるかな?程度。(きっと見てマシだと思われる顔は化粧した顔だと私は思ってる)
ところが人間不思議なもので、いつも見ていると、ブサイクなところを髪で隠している?(と私はつい思ってしまう)のも、何とも思わなくなってくるのですね。
この顔にこの声、この才能。
うん、これでいい。
っていうか、魅力的で素敵にさえ思えてしまうから不思議。

米津玄師の曲は他にもいくつか聴いてはみたけど、Lemon以上の曲はありませんでした。
歌詞がよくても(私には)旋律が合わないとか、旋律がよくても(私には)歌詞が合わないとか。
「Flouwerwall」「アイネクライネ」は(私にとっては)まあまあ。
でもLemonはどんぴしゃですぅーっと引き込まれていきます。
You Tubeの再生回数も4億回近くというのもうなずけます。

めいさんは私がLemonの曲をかけるとウルサイといいます。
きっとめいさんにとっては合わない曲なのでしょうね。
でも聴く人によって価値観は違うもの。
その人がとても大切にしているものが、他の人にはガラクタであったり、自分がガラクタで価値のないものと思っていたものが、人によってはとても貴重で何をしてでも手に入れたいほどのものであったり。
特にアートの世界では顕著だと思います。

めいさんにとってウルサイだけのこの曲ですが、私にとっては心の安らぎと勇気をもらい、忘れていた思いや感情を思い出させてくれる魔法の欠片が入っているような、素晴らしい曲です。
この曲と米津玄師の才能に出会えて、これからこの人がどのようにもっと成長し続けていくのか、これからの楽しみが増えました。
ああ、生きててよかった。

住めば都(?)

公開日:2019/05/09

IMG_3419

玄関の前に白い小さな花が密集して咲いています。
お隣さんに聞くと「アカメモチ」とのこと。

 

IMG_3434 - コピー

花が咲いていない枝の葉っぱは確かに赤いです。
茨城の家にはただのモチノキが70本以上ありました。
枝の剪定が大変だったことを思い出します。

ここは庭が狭いので雑草の手入れもずいぶんラクになりました。
でも私としてはもう庭の手入れなどしたくないので、何も植わってなくてもいいとさえ思います。
歳を取ってから都心のマンションに移り住んだ人が、「マンションはいいよ。庭の草むしりをしなくてもいいし、ゴミは毎日出せるし」と言っていたことを思い出します。

いいなあ、と思いながらも、私たちはマンションに住むことはできません。
だって毎日のように100m先まで届くほどの大きな声でケンカはするし、スリッパを履いて歩くと足音は響くし、苦情が集まるのがわかっていますからね。

私たちは大草原や山奥の1軒家が一番似合っているのですが、自給自足という訳にはいかないので、生活のしやすさを考えるとやっぱり今住んでいるような住宅地になります。
何かを優先すると何かを犠牲にしなければなりません。

「住めば都」と言うけれど、住んでも都にならないところもあります。
まあ、ここは都に属するようで、(今のところは)安住できるところのようで気に入っています。

大山(おおやま)登山

公開日:2019/05/07

昨日は 朝5時15分に家を出て、帰り着いたのは夜中の12時少し前でした。
伊勢原の大山(おおやま)に登ってきたのです。
もちろん、米子東高65期の登山部の面々で。

「大山」と書くと「鳥取県の大山(だいせん)」だと私の脳ミソは判断します。
今回「大山(おおやま)」に行くことになって、初めてこのような山があることを知りました。(私は地理に疎い)
これで私の脳ミソも、「だいせん」と「おおやま」を別に記憶できるようになりました。

めいさんもギターを持って登ったというから、楽なコースだとばかり思っていましたが、違いました。
大山阿夫利神社本殿に行くまでの階段の数の多いことに閉口しました。
神社に着いた時、これ以上歩くのは無理だと思いましたよ。
それくらい階段の数が多くて、足も弾むように動いてはくれなくて、膝から下はギブアップ寸前でした。

でも。
山道を歩きはじめたら階段よりラク。
おお、おお、これが本来の登山だよ~。
(とはいえ、ハイキングコースのようでもあり、ずいぶん小さな子どもが軽く歩いていたので驚きましたが)

頂上の寒さには驚きました。
歩きを止めたとたんに指の先がみるみる冷えて冷たくなっていきました。
もしやと思ってユニクロのウルトラライトダウンを持って行っていたので助かりましたよ。

それにしても大山阿夫利神社本殿といい、頂上の上社といい、こんな高いところにこのような建物が建ててあるというのは驚きでした。
資材を運ぶだけでもさぞ大変だったことだろうと思います。
私のようにいつもラクをしたいと思っている人間は、昔、このような仕事をした人たちの足元にも及ばない、爪のアカを大量にもらって煎じて飲んでも追い付かないと思いました。

今回、私は自分の山歩きの程度が少しわかったような気がしました。
みんなに遅れまい、置いてきぼりを食うことのないようにと思う気持ちが強いのか、前の人のペースに合わせることができるみたいなのです。
前の人がゆっくり歩けば私もゆっくり歩きます。
前の人が速く歩けば、私も速足で付いて行くことができます。
まあ、あまり険しい山ではないので付いて行くことができたのでしょうが、富士山のような、登るのに大変そうな山ではギブアップするかもしれません。

9月終わりにはそれこそ鳥取県の大山に登るつもりです。
私が大山に登ったのは小学校高学年の時。
あの時は登山そのものはそんなに大変だとは思いませんでした。

大変だったのはそのあと。
大山寺から麓のJR溝口駅まで歩かされたこと。
4kmはあったと思います。
山を登って降りて、ほっと一息ついたあとにまた歩かなければならないのは(それも長距離を)その時の私にとって想像を絶する苦行でした。
これがとてもつらくてつらくて、登山より遥かにきつくて、今でも記憶に鮮明に残っています。

PAGE TOPへ