CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

リピリピの遊び

公開日:2014/04/06

リピリピは積み上げたケースの上やテレビの後ろなどを通って遊ぶので、今日はとうとうテレビを台から落としてしまい、めいさんに叱られていました。
叱られても泣きもせず、ケロッとしています。
全く憎たらしいヤツ。

   IMG_7206      IMG_7202

障子だってこの通り。
手の届くところはみんな破られています。
夜見るとお化け屋敷の障子に見えますが(左)、昼に見ると何やら芸術的にきれいに見えるので不思議です(右)。

ガムテープや荷造り用の紐は案の定、目を離した隙にやられてしまいました。
オモチャがなければないなりに、(悪さをしながら)ちゃんと遊んでいます。

DE(Dog Education)

公開日:2014/04/05

めいさんは毎日フーマにDE(DOG・EDUCATION)をします。
基本動作訓練ですね。

グッド(よい)、ノー(いけない・間違い)、シット(座れ)、ダウン(伏せ)、アップ(立て)、ウェイト(待て)、カム(来い)、ヒール(左に付け)、アウト(口から出せ)、ゴー(進め)、ストップ(止まれ)、ストレート(まっすぐ)、レフト(左へ)、ライト(右へ)、バック(戻れ)、カーブ(段差・階段)、コーナー(角)、寄って(左に寄れ)、オーケー(命令の解除)、ハウス(ハウス・中へ)、チェアー(椅子)、ドア(扉)・・・
たくさんあります。

めいさんが「ストレート・ゴー」と言えばまっすぐに進み、「ライト・ゴー」と言えば右に曲がります。
「ハウス・ドア」と言えば自分の部屋のドアに鼻先を持って行きます。
「ゴー・チェアー」で椅子の上に顎を乗せます。

リピリピはめいさんとフーマの後ろについて回りながら、「ゴー」「ウェイト」と繰り返して言っています。
後ろをチョロチョロしながら言葉をかけてくるリピリピが、フーマは気になって仕方がないようです。

おうちの中でも橇遊び

公開日:2014/04/04

雨が降ったのでおうちの中で橇遊びをしました。
カーペット張りの廊下は外で遊ぶのと同じように良く滑るので、リピリピは大好きです。

ピアノ前を出発して玄関前、(フーマの)おうち前、ネコ屋敷前、そしてお風呂前で折り返します。
これを往復2回ずつ、朝と昼に繰り返します。
私は腰が痛くなりました。

IMG_7203

 フーマは突然やって来たリピリピに戸惑っているようです。
ネコたちはリピリピがペット室に入って来ると急におとなしくなり、鳴き声ひとつあげません。
ピッピもケージを開けてやっても下に降りて来ようとはしません。
そっと抱いてリピリピに近づけると、とても嫌な顔をして慌てて逃げて行きます。

リピリピは大きなフーマより小さなネコの方が好きなようですが、フーマの方がはるかに扱いやすくおとなしいです。

橇遊び

公開日:2014/04/03

44

猪苗代にはまだ雪があるので、橇遊びをしました。
道路の雪は全くありませんが、周りには遊べるくらいの雪は残っています。
リピリピはこの橇遊びがとても気に入ったらしく、橇から落ちてもまた何度も乗ろうとします。

IMG_7198

 私の方が疲れてしまいました。
孫と遊ぶのにはかなりの体力が必要だと思いました。

さくらの会

公開日:2014/04/02

昨日、田園調布の友達の家でお花見をしました。
疏水のそばに植えられている桜の花は今が一番の見ごろで、ベンチに座って愛でる人、歩きながら愛でる人いろいろでした。
その桜の花から狭い道路を挟んで、友達の家があります。

集まった友達は料理上手な人たちばかりです。
「なち子ちゃんは来てくれるだけでいいよ」という言葉を真に受けて、私などいつも何も持たないで行きます。
ポッチーちゃんは、「お母さんは言われたらそのまま受け取るからね」とあきれていますが。
ここではおいしい料理が食べられるので、私などいつも感激しながら楽しんでいます。

食事の後はテラスでお茶です。
今年はテラスに出てもちっとも寒くなくて、手が届くようなところに桜の花が咲いています。
桜の花も毬のようにまんまるで、「今までで一番きれいね」と言い合いながら、お手製のプリンとチーズケーキをいただきました。

何年も続いている「さくらの会」。
確かに今までで一番美しかったです。

昨夜はポチーちゃんのところに泊めてもらって、今日、孫のリピリピと一緒に猪苗代に帰りました。
電車と新幹線を乗り継いでの旅でしたが、電車の大好きなリピリピはぐずることなく、新幹線から磐越西線に乗るまでの50分の待ち時間も、他の電車を見たりしてお利口さんにして待っていました。

リピリピの家を出てから約4時間半。
2歳の子どもにしてはよく我慢したものです。

PAGE TOPへ