CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

フーマとしばしの別れ

公開日:2014/12/12

IMG_1063

月曜日にもう一度レントゲンを撮ってもらうことになっているので、それが終わってからフーマを連れて電車で仙台に行くつもりでいました。
ところが今日、仙台盲導犬訓練センター長が福島の帰りにわざわざ猪苗代まで来てくださり、フーマを連れて仙台に戻って行かれました。

私たちはとても助かりました。
日本盲導犬協会のスタッフは、困っているユーザーには労を惜しまず何かと面倒を見てくださいます。
本当にありがたいことです。

めいさんは来週の火曜日に心臓の冠動脈にステントを入れる手術をします。
手術後は当分の間手に力を入れることができないので、年明けの5日までフーマを預かってもらう予定でいます。
この時も雪道の歩行を見てみたいと言って、フーマを猪苗代まで連れて来ていただけるそうで、これまた本当に助かります。

フーマは見慣れた車に喜んで飛び乗って、別れを惜しむことなく、さっさと仙台に行ってしまいました。
フーマは猪苗代に来るまでスタッフのみなさんにかわいがられていたので、仙台に行くのが大好きです。
日本盲導犬協会の車に乗るのも大好きです。

フーマがそばにいなくなって、めいさんはしきりに「さびしい、さびしい」と言っていました。
私ときたら(また会えるのがわかっているので)さびしくなんか全くありません。
それどころ預かってもらわないと食餌や排泄の世話が私に降りかかって来ることになるので、いない方がラク。
なんせ孫たちはまだ居座っているので、その世話だけでも大変なのですから。
でも来年早々、フーマが戻ってくるのは楽しみです。

CANINE HILLS の積み木

公開日:2014/12/11

IMG_1489

いつもはこんなふうに置いてあるロゴ。
ところがリピリピの手に掛かると・・・

 

IMG_1443

こんなに芸術的になってしまいます。
積み木感覚で積み上げているだけなんですけどね。
私のような柔軟性のない頭では、とうてい思い浮かばないオブジェです。

PS:この英語のピースは、いつも来ていただいているリピーターさんが「置かせてもらっていいですか?」と言って持っ
       て来てくれたものです。
   こんな素敵なものならいくらでも置いていってくださいねっ ♪

腕の痛みは?

公開日:2014/12/08

腕は相変わらず痛いし、めいさんがやいのやいの言うので、仕方なく病院へ行ってきました。
運転するのも右手は添えるだけ。 左手でハンドルを切ります。
駐車場で車を止めるのにも一苦労。

どうせ行ったって、湿布薬と痛み止めをもらってくるだけ。
何日か経てば治るのに、こんなに待たされて、待ちくたびれて、おなかも空いて、いいことなんかありません。

やっと順番が回って来ましたが、あまりにも待たされたのでちょっとご機嫌斜めぎみ。
「腕を伸ばしてください。 曲げてください。」
優しい先生が言いました。
「まっすぐには伸びません。 痛いです。 曲げるのもこれだけが精いっぱいでご飯を食べるのにも苦労しています。」
「いつもはどれくらい伸ばしたり曲げたりできますか?」
「いつもはこれくらいできますよ。」
私は何ともない左腕を元気に曲げたり伸ばしたりして見せました。

「レントゲンを撮りましょう。」
「はあ?レントゲンを撮る必要があるのでしょうか。」
「これくらい伸ばすことができないとなると、骨折している可能性が大きいです。」

そんなものかなあ。
骨折はとても痛い。
1㎝はもとより、1㎜動かすことだってできないのに。
でも今の私は曲げる方向さえよければ、重いものだって持つことができるし、第一腕を曲げたり伸ばしたりできているではないか。
(方向が悪いと、キャップを開けることも、駐車場の発券ボタンさえ押すことはできないけど)

レントゲンを撮ってもらいましたが、素人の私にはそれを見ても何ともないように思えました。
でも先生は「骨、折れていますよ。」
「私にはわかりません。」
「ここの骨です。」
言われたって、私には骨が折れているなんて思えません。
「だってこんなにも動かすことができるのですよ。」
「骨折にもいろいろあって、足の骨が折れていても歩いている人もいるのです。」

そうか、私の骨折は軽いものだったんだ。
先生は腕の先端の、分かれている骨を指しながら、
「この骨がずれたら手術することになるので、手や腕を突かないように、衝撃を加えないようにしてください。 様子を見てみたいので来週またレントゲンを撮りましょう。」

 で、今日は固定するわけでもなく、痛み止めの飲み薬と、ゲル状の塗り薬をもらって、そのまま帰りました。
固定されなくてよかった。
どっちみち固定すると言われても断るけど。
 湿布薬にかぶれやすいので、ゲル状の塗り薬を出してもらいましたが、私にはこのゲル状の薬の方が合っているみたいです。

あーあ、どうもツイてないなあ。
来週はまためいさんが心臓の冠動脈にステントを入れる手術をします。
このためフーマを連れて仙台の盲導犬訓練センターに行かなければなりません。
フーマはめいさんがいないので、お正月が明けるまで預かってもらうことになっています。

仙台まで新幹線で行くことにしよう。
運転が好きではない私だから、ちょうどいいや。
ちょっとした旅行気分で出掛けることに決めました。

冬の西葉山

公開日:2014/12/07

IMG_1483 - コピー

毎日寒いです。
昨日と今日は猪苗代湖が青っぽく見えてとてもきれいでした。
冬にこんなに青っぽく見えることはあまりありません。
いつもはダイニングから写真を撮るのですが、和室から撮ってみました。
客室からだと、和室から見る猪苗代湖がいちばんきれいです。

 

IMG_1488

辺りは白・白・白の雪の花。
枯れ木に雪が張り付いて、冬にしか見ることができない景色です。

 

IMG_1477

ケーナインヒルズの看板も雪をかぶっています。
見慣れた風景ですが、「きれいだなあ」といつも思います。

 

一昨日、不注意で腕の筋を痛めてしまいました。
腕の曲げ伸ばしができず、包丁を持つ手に力を入れると肘まで痛みが走ります。
ご飯を食べる時、痛くて箸が口に届きません。
年末の何かと忙しい時に、困ったものです。 くしゅん。

師走を実感

公開日:2014/12/03

昨日から雪が降り出して、今朝は20㎝ほど積もっていました。
朝8時の気温は-1℃。
久々の寒さです。

 

IMG_1471

辺りの景色は冬そのもの。
長い冬の始まりです。

薪ストーブは勢いよく燃え、体も心もほこほこと気持ちがいいです。
フーマもストーブの前が大好きで、大きな体を横たえています。

夜にやっとクリスマスの飾り付けをしました。
飾り付けと言っても、クリスマスツリーを出すわけでもなく、電飾を飾るわけでもなく、ただクリスマスの雰囲気を味わうだけなのですが)

クリスマスが終わると、そこに待っているのは(私の嫌いな)お正月。
(お節を作ってくれる人がいれば話は別です。家事をしなくてもよければお正月は好きなのですけどね)

なんだかんだで、12月は1年の中で一番速く時が駆け抜けるような気がします。
(きっと誰もそう感じていることでしょうが)
毎日1段1段階段を駆け下りるのではなく、12月だけは3段飛ばしで駆け下りる感じです。
(駆け上るのではなく、私は駆け下りる感じがします)
12月になると、とたんに師走を実感してしまいます。

PAGE TOPへ