CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

パステルカラー

公開日:2021/02/18

昨日まで風が強かったのに、今日はあまり風もなく、お散歩日和でした。
一番近い「おしどり公園」に行きました。

 

IMG_1353

1週間前はほんの数輪しか咲いていなかった桜が、今日はたくさん咲いていました。

 

IMG_1363

先日までほとんど見かけなかったカモが数十羽泳いでいました。
かたまっているところを撮ろうとしたのですが、あっちに数羽、こっちに数羽とバラバラで、なかなか一か所に集まってくれませんでした。

 

IMG_1344

公園のそばの竹林の一角に、水仙が咲いていました。
そう言えばゴミステーションのところには12月のころから咲いていたなあ。

房総半島は本当に暖かい。
ここは春を感じる期間が長くて、心はパステルカラーです。

公開日:2021/02/15

今日は約50㎞離れた鴨川にある亀田クリニックへ行く日でした。
朝から雨降りで、Sさんが迎えに来てくれた時にも結構雨が降っていました。

Sさんは視覚障害者のために市役所の広報の音訳をしているボランティアさんで、「宇宙の会」のボランティアさんでもあります。
私が車を運転するのはイヤだから、鴨川に行くときにはいつも電車で行っていると言うと、「鴨川には何度も行っていて道はよくわかっているので、もしよかったら乗せていってあげますよ」と言われたのをいいことに、それからずっとお世話になっています。

彼女は車の運転が好きで、また上手。
優しくてお話も上手で、近所のおばあちゃんたちが彼女を慕って頼りにしているのもよくわかります。
やはり病院に連れて行ってあげたり、買い物に連れて行ってあげたりしているんですって。
そのおばあちゃんの一人が入院した時も、入院に必要な荷物を運んだり、寂しいだろうからと毎日顔を出してあげていたそうです。
私には真似のできない、とてもありがたい存在です。

雨は鴨川に近づくにつれ、だんだん激しくなってきました。
診察が終わるころには、病院の玄関先は雨が吹き込んで水浸しになっていました。
薬を待っている間も、雨は激しく降ってきて、2つ目の自動扉の内側にバスタオルを何枚も重ねて置いてありましたが、びちゃびちゃでした。

フーマは病院に着いた時にオシッコをさせますが、帰る時にもまたオシッコをさせます。
トイレの前に連れていき、いつもさせているので、帰り際にも同じところに連れて行こうとしたら、途中でお漏らししてしまいました。
2時間しか経っていないのに、持たなかったのですね。
慌ててタオルとアルコールを出して後始末をしました。
病院中の人たちの視線を感じながら、お漏らししても涼しい顔をしているフーマを横目に、私は一生懸命でしたよ。

外は大雨。
中も大雨。
私もちょっと凹んで、心の中はしくしく雨が降っていました。

ゆったりした時間

公開日:2021/02/09

午後3時は明るく、「これからどこかに出掛けてもいいかな」と思うくらい陽も降り注いでいます。
4時を過ぎると、「お日様もそろそろ沈む準備を始めたな」と思い、
5時を過ぎると、「もう夕方だからカーテン閉めよう」という気になります。
5時20分ごろになると、走っている車は全てヘッドライトを点けています。
6時は真っ暗です。

12月に比べるとずいぶん明るくなりましたが、まだまだ早春。
朝晩は冷えます。(もちろん猪苗代ほどではありませんが)

この頃午後の時間が過ぎて行くのを速く感じるようになりました。
もちろん午前中も時間は速く通り過ぎて行きますが、この頃私が感じるようになった午後から夕方までの時間の速さは、以前感じていたようなゆったりした感じはなくなりました。
まるで誰かがお日様に紐をつけて下から引っ張って無理やり沈め、「ほら、もう夜だよ」と言っているような気がしてなりません。

時間が速く過ぎるのもゆっくり過ぎるのも、心の持ち方と関係があるのかもしれません。
悩みや心配などのストレスがほとんどなく、元気で趣味や楽しみが多く、経済的にも精神的にも余裕があり、社交的で時間の管理ができている人は、きっとその人の周りではゆったり時間が流れていると(私は勝手に)思っています。

旅先でゆったりした気分を味わえるのは、開放感と、精神的に落ち着ける環境があるからでしょうか。
もしかしたら食事作りをしなくてもいいし、掃除をしなくてもいいというのが一番ゆったり感を味わえるのかもしれません。

家の中に閉じ籠っているのも私は好きですが、たまには羽を伸ばしてゆっくり旅行に出掛けたいなあ。

お雛さま出しました。

公開日:2021/02/06

IMG_1333

ウサギのお雛さまを出しました。
笠間焼です。

 

IMG_1323

庭の片隅に、今までなかったノースポールがちんまりと咲いていました。
お雛さまも出したし、急に春が広がって、楽しくなりましたよ。

ずっと会っていなかった友達からの電話

公開日:2021/02/01

私たちがケーナインヒルズを始めるときに、いろいろ尽力してくれた友達から十数年振りに電話がありました。
先日違う友達の夢を見たばかりなので、何かの暗示かなあ、と一瞬思いましたよ。

この友達は15年ほど前、東京ドームで毎年開催されるテーブルウェアフェスティバルで大賞を取った人です。
今ではテーブルコーディネートを教えていて、昨年はお弟子さんが2人入賞したのだそうです。

そうそう、お正月に泊ったお客様はわかると思うけど、客室に花を入れられる折り鶴があったでしょ?

 

img173

そうこれ。これを折ってくれた友達です。(これは彼女からもらったハガキをコピーしたけど、同じものが「優しい食卓」にも載っています)
客室分と玄関に飾るようにと折ってくれたのですよ。

ペンションのオーナーさんたちに集まってもらって、ケーナインヒルズで講習会を開いた時に講師として来てもらったこともあります。
その時にこの折り方も教えてもらいました。

久し振りに話をして、なかなか話は尽きなかったけど、コロナが終息したら会おうということになりました。
彼女は私を高めてくれる大事な友達の一人です。
久々に声を聞いて、少し元気をもらいました。

PAGE TOPへ