CANINE HILLS BLOG

びゃん

公開日:2020/06/18

めいさんは昔、テレビを観ながらラジオを聴いて、その上新聞まで読んでいました。
私は到底このようなことはできません。
テレビならテレビだけ、ラジオならラジオだけ、新聞なら新聞だけしか頭が回らないのです。
今はめいさんは新聞を読むことはないので、テレビとラジオだけですが、よく両方聴けるものだと感心してしまいます。
脳みそがうまい具合に働いて、きちんと情報処理をしているのでしょう。

速聴は頭の回転が良くなるというので聴いてみましたが、2倍速はよく聴こえても、3倍速となると聴き取れないことがあります。
頭の中身も以前と同じで、ちっともよくなった感じはしません。

視覚障害の人は小説などCDで聞くことが多いのですが、昨年3倍速で聴いている人がいることを知りました。
その人は速さに慣れているので、普通の速度ではゆっくり過ぎて逆に聞きづらいらしいのです。
羨ましいな。私もそうなってみたいです。

このところ認知症の入り口のような症状がよく表れるようになって、将来の自分の様子が何となく想像できるようになり、恐ろしくなることがあります。
私が認知症になったらめいさん、どうやって生きていくのだろう?
その前に私の面倒は誰が見てくれるのだろう?
若いころは将来というのは輝かしく思えたものですが、こう歳を取ってくると、将来は決して輝かしいものではなく、不安と絶望の塊のように感じてしまいます。

でも今日、嬉しいことがありました。
テレビ朝日の「じゅん散歩」で横浜中華街のびゃんびゃん麺を紹介していたのですが、その「びゃん」という字がどういう訳かすぐに覚えられたのですよ。(明日になれば忘れてしまうだろうけど)
物覚えが悪くなったと実感していましたが、まだ大丈夫かな、とほんの少しだけ安心しました。
「びゃん」に救われた思いです。
ちなみにその「びゃん」というのはこれです。(ネットで調べました!)

img159

PAGE TOPへ