CANINE HILLS BLOG

一期一会

公開日:2019/12/31

IMG_36110

リビングのサイドボードの上にケーナインヒルズの額が飾ってあります。
目の届くところにあるので、毎日毎日、眺めています。
昨年、ケーナインヒルズがクローズすることを知って、お客様がプレゼントしてくれたものです。

CANINE  HILLS
この場所でしか 味わえない 温かさがある
大自然の恵とともに 命そのものの 温もり 優しさがある
一期一会に 笑顔咲く
ありがとう

そしてこの額縁の入っていた手提げ袋(左側)には、

沢山の笑顔を ありがとう
CANINE HILLSの愛は
心の中で生きつづける
愛の灯火

と書いてあります。

イメージを伝えると、こうして言葉に書いてくれるところがあるそうですが、そういうところを探して、わざわざ書いてもらおうとすること自体、なかなかできないことです。

ケーナインヒルズが昨年9月30日にクローズすることを告知したのは、その月の初めのことでした。
クローズするまで1か月もなかったわけです。
でもケーナインヒルズのリピーターさんたちは、敢えて泊まりに来る日を作って、来てくれたのでした。

こんなにも愛されたケーナインヒルズ。
自然豊かな美しい猪苗代の地で、ケーナインヒルズを続けることができたのも、今思えば夢のようです。
クローズしてまだ1年3か月しか経っていないのに、私にはずいぶん昔のように思われます。
リビングルームの椅子に腰掛けながら、何気なく目に入ってくるケーナインヒルズの額を見ながら、ケーナインヒルズ時代は私たちにとって良き時代だったと、強く感じるこの頃です。

2019年ももうすぐ終わり。
今年は、始まったばかりの千葉での生活と、13年続いたケーナインヒルズ時代の思い出が混ぜ合わさった1年でした。
千葉に来た時、ケーナインヒルズ時代と同じように、ここでも一期一会を大切にしようと思ったものです。
ゆったり過ぎていくようで、実は速足で通り過ぎて行った1年でした。
色で表すと、ゴールドの筋の混じった緑色、群青色、落ち着いたオレンジが絡み合ったイメージでした。
味でいうと、ほんの少し苦くて、酸っぱくて、甘い感じです。(いったいどんな味なんでしょう?)

今年もお世話になりありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
ではみなさま、良いお年をお迎えください。

PAGE TOPへ