CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG米子(鳥取県)で

米子(鳥取県)で

公開日:2019/10/06

IMG_4316

何年か振りの同窓会が米子であり、行ってきました。
そしてついでに、大山にも登って来ましたよ。
関東地区の登山部の面々と、米子地区の登山経験者数名で総勢21名。
人数が多いと全員を把握するのが難しいのと、列になって登るので、他の登山者の迷惑になるので、敢えて人数を増やさなかったそうです。

 

IMG_4322

大山は子どもの頃から見慣れている、大好きな山です。
でも登ったのは小学校高学年のころ1度登ったきり。
(そのあと登ったのが、年月を隔てて登った、一昨年の磐梯山でした)
今回は夏山登山道から登りました。
とてもわくわくしながら登ったのですが、聞いていた通り、道はほとんど整備されていて、階段状で、面白くなかった・・・

 

IMG_4320

しかも山頂は今工事中だったし。
単調だったから、思ったほど疲れは出なくて、翌日の同窓会にも元気よく出席できました。

同窓会も本当に楽しかったです。
やっぱりここにも卒業以来初めて会った人も何人かいました。
私は社交的ではないので、知らない人に話しかけることもなかったのですが、逆に話しかけて来てくれた人がたくさんいて、昔の姿と重なって(なかなか重ならなかった人もいましたが)、楽しい昔話を聞くこともできました。
この日はいろいろな人と話すことができ、時間が過ぎて行くのが速く、部屋に戻ったのは夜中の1時前でした。

母は認知症で、市内の施設に入っています。
母に会いに行くのも、今回の目的でした。
同じ話を何度も何度もするのですが、これも私の近未来の姿。
歳を取るとこんなふうになっていくのだということを教えてもらっているようです。

中でも私が笑ってしまったのは、何かの話の折に、
「お母ちゃんはもう93歳になるんだよ。」と言うと、
「ええっ?私、もう93になった?まだ80歳だとばかり思っていたのに。」と、びっくりした顔をします。
それを何回繰り返したことか。
「93歳、93歳、覚えておかなくてはね。何か紙にでも書いておかないと忘れてしまうわ。」
「ほら、ここに開くとケーキの形をしたバースデイカードが飾ってあって、93歳と書いてあるよ。」
で、またしばらくして歳を取った話になると、全く同じ会話を繰り返します。
「ええっ?私、もう93になった?まだ80歳だとばかり思っていたのに。」と言いながら、びっくりした顔の表情も全く同じ。
私たちはその度に笑い合いました。
かわいい母だと思いました。

施設のスタッフはとてもいい人たちばかりで、どのスタッフも根気強く、いつもにこやかで優しく、母も満足しているようでした。
食事も量は多めで味付けも良いほうで、一緒に顔を合わせる人たちも、ここの食事はいいと言っていました。
私も2日間、お昼をごちそうになって帰りました。

米子では毎日慌ただしく過ごしていましたが、長年の友達にも会えたし、大山にも登れたし、なかなか行けない母校も訪問できたし、母にも会えたし、お墓にも行ったし・・・で、充実した楽しい思い出になりました。

私が米子に行っている間、めいさんは家でフーマとおとなしく過ごしていました。
骨折したところがまだ痛むので、長時間同じ姿勢は難しいと言います。
それで食事は安否確認もしてもらえるお弁当の宅配にして、合わせて近所の人たちにも頼んでおきました。
また、読み聞かせの会の人たちがカラオケに連れて行ってくれることにもなっていました。
(でも風邪を引いていたので行けませんでしたが)
お陰で私は安心して米子に行くことができました。

これも房総半島に引っ越して、めいさんの調子が良くなってからこそ。
私がどこかに行く予定があっても、めいさんの調子が悪ければ予定を取りやめ、病院に行きます。
こんなことが今まで何回かありました。
今回は風邪だけだったので、心置きなく留守にすることができました。
米子に送り出してくれためいさんに感謝です。

PAGE TOPへ