CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG米子東高65期磐梯山登山隊

米子東高65期磐梯山登山隊

公開日:2017/09/29

IMG_3195

青い空に爽やかな風。
絶好の登山日和でした。
そう、今日は磐梯山に登ったのですよ。

みんなの行いが良かったのと、てるてる坊主のおかげで、雨のはずが天気になり、早起きをしてタクシー2台と私の車で八方台登山口に向かいました。
総勢13人、磐梯山ってどんな山なのかしらとわくわくしながら、まるで小学校の遠足のような気分です。

私はみんなが登山をするときに置いていく荷物を乗せて、一人でタクシーのあとを付いて行くことにしました。
ところが県道に出ようとした時に数台の車が通ったため、出遅れてしまい、タクシーの姿を見失ってしまいました。
霧が出て前もよく見えなかったのですが、しばらく走っていると前にタクシーの姿が薄っすらと見えてきました。
これで安心、この車に付いて行けばいいと思って後に付いて行くと、あれっ???ゴールドラインは右折しないといけないのに、この車は左折した・・・
ってことは、この先は高速の入り口ってこと?

慌ててUターンして元来た道を引き返し、ゴールドラインを八方台目指して行ったのはいいのですが、八方台駐車場がどこにあるのか私は知りませんでした。
前日、インターネットで大体の場所は把握していたつもりでしたが、行けども行けども八方台駐車場は現れず・・・
カーナビで入力しても出てくるのは北見の八方台で、磐梯山八方台はどういう訳か出てきませんでした。

わっ、どうしよう。
私はみんなの荷物を預かっているというのに。
山にも登らず遭難してしまうなんて。
不安で押しつぶされそうになりながら、隊長のY君に連絡を取ろうとして名簿を探すけど見つからず・・・
思い当たるのは、家でリュックを背負う時に誤って外側に入れていた水を落っことしたけど、あの時に名簿も一緒に落ちてしまったのではないかということ。

やっ、これでは連絡の取りようがないではないか。
でも何かあればY君の方から連絡してくれるかもしれない。
でも連絡先は確か携帯ではなく、家の方になっていたような気がする。

仕方なしにめいさんに電話して、Y君から電話があったら私に連絡するように頼んでおきました。
まあ、これでなんとかなるかな。

でもよかった!
ちょっと走ったら、八方台駐車場が見えてきました。
みんなの姿を見つけた時の安心感と言ったら!
ホッとして、なぜか空気が抜けてしまった風船のようにヘナヘナになりました。

今日は絶好の登山日和。
出だしは好調ではなかったけど、足取りも軽く、楽しく登ることができました。
副隊長がペースメーカー役で先頭を歩き、隊長はしんがりでみんなの様子を見守ってくれました。
人数が多いので、2班に分かれて、それぞれ山の経験豊富な班長が付いてくれたので私たちは安心して登ることができました。
私は1班、キリマンジャロ経験者が班長でした。

 

IMG_3185

周りの景色や紅葉の美しさに目を奪われ、感動の連続でした。
流れる風は気持ちよく、話も弾みました。
山頂は風が強く、また雲も出て来て寒かったのですが、360度ぐるっと見渡すことができて、仙人にでもなった気分でした。

私は小学校高学年の時に大山に登ったきりで、今回の磐梯山は人生2回目の登山です。
私のように登山経験のほとんどない人たちでしかも高齢者ばかりなので、歩幅は狭く、ゆっくり歩いて、下山するまで実に7時間もかかりました。

私はみんなの足手まといにならないように、もし無理なら弘法清水で待つ、それも無理なら参加しない、と決めていましたが、準備体操をしたり、疲れない歩き方を教わったおかげで、息が切れることも足が痛くなることもなく(あしたはどうなるかわかりませんが)楽しく歩き切ることができました。
体力に自信のなかった私ですが、もしかしたら他の山にも登れるかもしれないと、ちらっと思いました。
(今回沖縄から参加してくれた人もいましたが、この人は明日、山形のマラソン大会に参加するのだそうです。体力ある人なんだわな~)

こんな体験をさせてくれた米子東高65期磐梯山登山隊に感謝です。
パワー溢れる素晴らしい人たちに恵まれて、この人たちのパワーをいっぱいもらうことができました。
疲れたけど、とてもいい夢が見られそうです。

PAGE TOPへ