CANINE HILLS BLOG

節分

公開日:2019/02/03

猪苗代の節分は寒くて、いつも雪がたくさん積もっていました。
今年の節分は雪がなく、季節感もすでに春になので、なんだかチグハグな感じがします。

 

IMG_2972

でもここも一昨日、初雪が降りましたよ。
朝目覚めて、雨戸を開けてびっくりしました。
あー、ここも雪が降ることがあるんだと。
これは庭から見た雪景色です。

さてさて、今日は節分、めいさんが待ちに待った豆まきの日です。
「なっちん、豆まきしよう。」
めいさんが言います。
「ええっ、ここでもするのォ?」

だってここは住宅地。
猪苗代は周りに家が全くと言っていいほどなくて、お隣さんも少し離れていたから、大きな声で豆まきができたけど、ここではちょっと・・・
「めいさん、何て言いながら撒くの?会津方式?」
「うん、鬼は~外、福は~内。鬼の目ん玉ぶっつぶせ!だよ。」
「ホントにそう言いながら撒くの?」
「うん、ごもっともでございます、ごもっともでございます、ってね。」
「うっ、恥かし~。誰が撒くの?」
「なっちんに決まっているじゃないか。」

猪苗代では私が「鬼は~外、福は~内。鬼の目ん玉ぶっつぶせ!」と言いながら豆を撒き、めいさんがそのあとをゴマスリの下男のように「ごもっともでございます、ごもっともでございます」とニタニタ薄ら笑いを浮かべながら、金魚のフンのように引っ付いて歩いていました。
でもこんなこと、ここではできない。

「私、イヤだな。」
「ほら、豆まきするぞ。」
私が嫌がっているのもかまわず、めいさんは笑いながら外に出ます。
で、今年はふたりで「鬼は~外、福は~内。鬼の目ん玉ぶっつぶせ!」と、ちょっと控え目な声で合唱しました。
「ごもっともでございます、ごもっともでございます」もふたりで。
なんだか、おかしかったです。

 

IMG_2990

そのあと豆を食べ・・・てしまったので、この写真には豆がありません。
(写真を撮ろうと思って忘れていました)
ちなみにこの鬼と豆を入れる釜のようなもの、左側にある蓮の葉っぱのようなお皿は、バイト君が小学校4年生の時に益子で作ったものです。
鬼の入っている入れ物は笠間焼です。
気に入っているので、毎年お正月飾りを片付けた後はこれを飾っています。
(ケーナインヒルズでは1階のトイレに、ここに来てからは玄関に飾っています)

猪苗代では節分が終わると、気分だけ春でした。
ここではもうすでに春なので、ちょっとトクした気分です。

PAGE TOPへ