CANINE HILLS BLOG

睡眠

公開日:2020/07/03

「めいさん、お茶だよ。」
「うん。」
私の声でめいさんは目を覚ましました。
お楽しみの「桃太郎侍」は今始まったばかり。
フーマの排泄と水をやらなければならない時間は過ぎていたので、どうやら「羽鳥慎一のモーニングショー」を見ながら(聴きながら)めいさんは気持ちよく寝てしまったようだ。

フーマの水を用意しながら、めいさんがぼそっと言います。
「今日は散歩に行くのやめよう。」
「えっ??」
「テープ貼ってないから。」(昨日でちょうど腰の貼り薬がなくなり、今日これから病院に行くことになっています)

「めいさん、もう散歩には行ったよ。」
「あっ、行ったんだっけ。」
「汗をかいたからと、帰ってからシャワー浴びたじゃない?」
「あ、そうか。」
おお、怖っ。
一瞬、めいさん、ボケたのかと思って、ゾッとした・・・
こんなに早くボケてもらっては困る。

朝早くの散歩は気持ちよくていいのですが、ひとつだけ困ったことがあります。
それは朝ご飯を食べてから、眠くなって、お昼近くまで(よくふたりとも)寝てしまうことです。
せっかく早起きをして、素敵な時間を過ごしてはいても、午前中の大切な時間に寝てしまっては、これから始まる1日の半分を有意義に過ごせない思いがします。(起きていたとしても特別有意義に過ごしているわけではないけれど)

朝の1時間は、午後の2時間分に相当する、エネルギーが詰まった時間だと私は勝手に思っているので、速足で過ぎていく午前中に、(苦手な)家事は全て済ませておくようにしようと、こちらに来てから心に決めていたのです。(午後からの家事はどうしてもだらけてしまうので。でもその通りになかなか行かないのが現実だけど)

でもでも、寝るのは気持ちいいもんなあ。
元気でいられるから、寝ていても気持ちがいいのです。
寝ることも大切だと言い訳をしながら、また家事をサボる毎日です。

PAGE TOPへ