CANINE HILLS BLOG

甲子園

公開日:2019/03/25

IMG_3762

昨日、私は甲子園にいました。
母校の米子東高校の応援に行っていたのです。
残念なことに1対4で札幌大谷高校に負けてしまいましたが、甲子園にいた時間は私にとって異次元の世界でした。
今でもまぶたに浮かぶのは、自分目線で見下ろしている球場の景色。
1日しか経っていないのに、もう何年も前の風景を思い出しているような感覚です。

昨日は朝早く家を出ました。
バスがまだ出ていない時間なのでタクシーで早目に駅に到着しました。
ところが電車が架線故障のため大幅に遅れ、はたまた東京行きのはずが行先まで変更になり、友達と待ち合わせの新幹線には間に合わず、慌てました。

12時からブラスバンドの楽器の運搬を手伝うことになっていたため、みんなは時間通りに甲子園に行き、K君だけが新大阪駅で待ってくれていました。
道に不案内な私は、一人で甲子園に行くことができないのでとても助かりました。
(K君はその後、甲子園のカフェで私がこぼしたコーヒーのしぶきを浴びることになりました。待たされたり、コーヒーをこぼされたり散々な目に遭っても、全く気にしない、天晴れな人です。さすが元大企業の社長!)

甲子園でロゴスとパトスの柏の葉の校章の旗のもとに集まっていた懐かしい顔の中には、米子の友達もいて、抱き合って喜びました。
中には50年振りに会う人も数人いて、感無量でした。

県立の進学校である米子東はあまり注目されていないチームでしたが、米子東高65期のメーリングリストに送られてきたメールの中に、朝日新聞大阪本社版の新聞記事が載っていました。
「よくやった! 部員も頭脳もフル回転 米子東15人で奮闘」

ベンチ入りの人数に満たないチームでした。
負けたとはいえ、私にとっては初めての甲子園であり、そこで懐かしい友達に会えただけでとても満足しました。
こうして集うチャンスを与えてくれた後輩たちに感謝です。
素晴らしい思い出になりました。
甲子園球場は寒かったけど、私の心はポカポカしたまま家路に着きました。

PAGE TOPへ