CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG来なかった夏

来なかった夏

公開日:2017/08/31

「めいさん、膝のところに湿布薬貼らなくていいの?」
「ネット包帯がないと、貼ってもすぐに剥がれてしまうから貼らない。」
「でも寝ている間だけでも貼っておいたらいいのに。」
「なっちんが足を乗せて来るし、すぐに剥がれる。」

私は足がだるくなると、寝ている時に無意識にめいさんの足の上に私の足を乗せている。
それでめいさんは、自分の右足が痛いのは私のせいだと言っていました。
(右膝の辺りが痛むのだそうです)

ところがところが。
7月初旬に枕に躓いて右足の指が腫れたところがまだ直らなくて、盲導犬協会の訓練士さんに促されて昨日整形外科に行ってみると・・・
なんと、なんと、指3本を骨折していたことがわかりました。
もう2カ月経ってしまっているし、このまま湿布を貼って痛みを軽減するしかないとのことでした。
そしてなるべく歩くようにした方がいいとのこと。

枕に躓いたのは、起き上がった時に眩暈がしてふらついたからでした。
その時はいつものメニエール病のせいだと軽く考えていたのですが、不整脈が原因だったことが後から判明しました。
右足の指が4本、パンパンに腫れて真っ黒になっていました。
今は少しオレンジ色になっていますが、やはり腫れています。

そしてついでにあの右足の膝の辺りの痛みは何なのか診てもらうと・・・
なんと、坐骨神経痛とわかり、この痛みは腰から来ているとのこと。
私のせいではなく、めいさん自身のせいだとわかりました。

で、湿布薬をたんまり出してもらって、まるでお金持ちになったような気分で家路に着きましたよ。
「めいさんはあっちもこっちも悪いところがいっぱいあるね。」
「そうなんだわ~。」
「顔も悪いし、頭も悪いし、性格も悪いし、体も悪いし。」
「そうなんだわ~。 でもこの頭の悪いオレに、なんだかんだと聞いてくる人がいるんだもんねー。」
「どういうこと?」
「『3文字、3文字、こっちは5文字。』」
「はははは、なーんだ、そのことか。」

私は毎週、新聞の数独とクロスワードをしていますが、クロスワードの言葉が(歳のせいか)なかなか出てきません。
それでよくめいさんに聞くのです。
どういうわけか、めいさんは正解を言い当てるので不思議でなりません。
だって特別に単語をたくさん知っている訳でもないのですよ。
教えてもらうたびに、「へぇ~、めいさん、すごいね。よくわかるね!」と、私は感嘆の声を上げます。
この時ばかりはめいさんを尊敬の眼差しで見つめます。

私はパズルやゲームが好きで、自分ができないものができる人は単純に尊敬します。
なので私のわからないところをめいさんがちょこっと教えてくれるだけで、尊敬してしまいます。
ただし、私の好きなこと、関心のあることに限ってのことで、嫌いなこと、関心のないことに関して教えてもらったりしても尊敬の念は湧きません。(変な性格でしょ?)

 

さて、今年は夏が来ませんでした。
今年の夏は一体どこに行ってしまったのでしょうね。
お盆でさえ、「長袖が着たいなあ」と思った時があったほどです。
8月は雨降りばかりでした。
梅雨に降らなかった分が8月に回ってきた感じです。
涼しくて凌ぎやすい夏でしたが、物足りなさが残りました。
夏は夏らしく、暑くなければ夏じゃない。

たまたま孫のリピリピとパルパルが来ていましたが、雨の中の花火、とうとうできなかったスイカ割り、南ヶ丘牧場で乗ることのできなかったロバや馬、雨のためお休みでエサをあげられなかったウサギなど、残念に思ったものです。

今日も結構涼しくて、夜になると肌寒くて、もう夏は来ないものだと諦めました。
(でも暑くなるのは絶対にイヤですが)
これからは日に日にもっと涼しく、寒くなって行きます。
めいさんの足や腰が痛まないように気を付けなければ。
(なんて優しい私なんでしょう!)

PAGE TOPへ