CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG大山(おおやま)登山

大山(おおやま)登山

公開日:2019/05/07

昨日は 朝5時15分に家を出て、帰り着いたのは夜中の12時少し前でした。
伊勢原の大山(おおやま)に登ってきたのです。
もちろん、米子東高65期の登山部の面々で。

「大山」と書くと「鳥取県の大山(だいせん)」だと私の脳ミソは判断します。
今回「大山(おおやま)」に行くことになって、初めてこのような山があることを知りました。(私は地理に疎い)
これで私の脳ミソも、「だいせん」と「おおやま」を別に記憶できるようになりました。

めいさんもギターを持って登ったというから、楽なコースだとばかり思っていましたが、違いました。
大山阿夫利神社本殿に行くまでの階段の数の多いことに閉口しました。
神社に着いた時、これ以上歩くのは無理だと思いましたよ。
それくらい階段の数が多くて、足も弾むように動いてはくれなくて、膝から下はギブアップ寸前でした。

でも。
山道を歩きはじめたら階段よりラク。
おお、おお、これが本来の登山だよ~。
(とはいえ、ハイキングコースのようでもあり、ずいぶん小さな子どもが軽く歩いていたので驚きましたが)

頂上の寒さには驚きました。
歩きを止めたとたんに指の先がみるみる冷えて冷たくなっていきました。
もしやと思ってユニクロのウルトラライトダウンを持って行っていたので助かりましたよ。

それにしても大山阿夫利神社本殿といい、頂上の上社といい、こんな高いところにこのような建物が建ててあるというのは驚きでした。
資材を運ぶだけでもさぞ大変だったことだろうと思います。
私のようにいつもラクをしたいと思っている人間は、昔、このような仕事をした人たちの足元にも及ばない、爪のアカを大量にもらって煎じて飲んでも追い付かないと思いました。

今回、私は自分の山歩きの程度が少しわかったような気がしました。
みんなに遅れまい、置いてきぼりを食うことのないようにと思う気持ちが強いのか、前の人のペースに合わせることができるみたいなのです。
前の人がゆっくり歩けば私もゆっくり歩きます。
前の人が速く歩けば、私も速足で付いて行くことができます。
まあ、あまり険しい山ではないので付いて行くことができたのでしょうが、富士山のような、登るのに大変そうな山ではギブアップするかもしれません。

9月終わりにはそれこそ鳥取県の大山に登るつもりです。
私が大山に登ったのは小学校高学年の時。
あの時は登山そのものはそんなに大変だとは思いませんでした。

大変だったのはそのあと。
大山寺から麓のJR溝口駅まで歩かされたこと。
4kmはあったと思います。
山を登って降りて、ほっと一息ついたあとにまた歩かなければならないのは(それも長距離を)その時の私にとって想像を絶する苦行でした。
これがとてもつらくてつらくて、登山より遥かにきつくて、今でも記憶に鮮明に残っています。

PAGE TOPへ