CANINE HILLS BLOG

一寸先は闇

公開日:2019/04/23

IMG_3338

調整池の向こうの田んぼは、田植えがほとんど終わりました。
田植えが終わると、「初夏だなあ」といつも思います。
今日も暖かいというよりちょっと暑い。
日向は暑いので日陰にいると、風はひんやりとしてとても気持ちがいいです。

 

IMG_3327 - コピー

今日はウグイスがいつも上手に囀っている公園に行きました。
ここでは今、人参に似た白い花がたくさん咲いています。
葉っぱはセントウソウ(仙洞草)にそっくりですが、花がなんとなく違うような気がします。
白いレースのような花が、風が吹くと一斉に揺れてとてもきれいです。

めいさんは東屋で休み、私はその間階段を駆け上ってぐるっと1周して戻ってきます。
大した距離ではありませんが、ちょっとでも足腰を鍛えるためです。
5月の連休最後の日に伊勢原の大山に行くのですよ。

大山は1252m。
めいさんは登ったことがあると言います。
「ギターを抱えて登ったよ。」
学生時代はよくギターを弾いていましたが、あんな大きなものをわざわざ山にまで持って行くのかとあきれました。
その頃のめいさんは元気でした。

私は小さい頃からあまり体が丈夫でなかったので、結婚するなら面倒を見てもらわなければならなくなるだろうから絶対に健康で丈夫な人、と思っていましたが、覆されましたね。
「一寸先は闇」
いつも肝に銘じています。
一寸先が何でも見通せるほど明るくてクリアなら、失敗なんてしませんもん。
でも一寸先が闇だから、注意深く進むようになってくるのですね。
人間生きている間は何があるのかわからないし、何があってもおかしくない。

PAGE TOPへ