CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOGフーマが戻って来るよ!

フーマが戻って来るよ!

公開日:2017/09/19

めいさんは私と散歩するのはイヤだと言い出しました。
「歩きにくいから」だそうです。
私は後ろからめいさんの歩きをチェックしながら、「右側に寄り過ぎ」とか「道の真ん中を歩いてるよ」とか注意をしているのですが、道の両側は土や草などがあってなかなか思うように歩けず、また木の枝が体に触れたりすることがあるため歩きにくいのだそうです。
(その点フーマはめいさんに寄り添いながら歩いてくれるので安心していられるようです)

それで今では館内の階段を上ったり下りたりして自分ひとりで散歩しています。
毎日朝夕、館内を何周かしていますが、息が切れて休んでいるのをよく見かけます。

私もめいさんと一緒に歩かなくてよくなったので、自分のペースで下のペンション街まで歩くことにしました。
ぐるっと1周して戻って来ると、大汗をかいてしまいます。

最初は脚の付け根やお尻や膝の横側が痛くなったりして何日かお休みしたことがありましたが、今ではほぼ1日置きに歩いています。
これも今月下旬の磐梯山登山に向けての足慣らしです。
(この程度の運動で、果たして実際に磐梯山に登れるのだろうかという不安は拭いきれませんが)

こうしてお互い自分たちの散歩を楽しんでいましたが、今週金曜日にフーマを仙台に迎えに行くことにしました。
めいさんはいつも「今頃フーマはあんなことをしているのではないか、こんなことをしているのではないか」と(別に心配をするわけではないけれど)気にしていましたから、フーマが戻って来ることが決まると急にそわそわし始めました。
「きっと会ったら跳びかかって来るぞ」
目を細めながら嬉しそうにその光景を思い描いています。

「盲導犬、ハーネス外せばタダの犬」
フーマはやんちゃ坊主だし、感情をモロに表わすし、ハーネスを外していれば全く普通の犬と変わりありません。

シャンプーをしてもらう時などトリマーさんに預けて行きますよね。
すると戻ってきたときなど、ものすごい騒ぎなのです。
車の音が聞こえ、私たちの足音が聞こえると、じたじたしながらしっぽを大きく振って、跳びかからんばかりに待っているのですよ。
私たちが姿を現すとそりゃ大変、ものすごい嬉しがりようです。
これが毎回。
普通の犬と全く変わりありません。

めいさんはフーマと対面する時の光景を思い浮かべながら、今でもそわそわしています。
(私よりフーマの方がいいみたいです)

PAGE TOPへ