CANINE HILLS BLOG

ゴミ

公開日:2018/12/04

大型ゴミ、小型ゴミ、燃えないゴミなど普段ゴミの日に出せないものを処分してもらいました。
(ここではゴミはビン、缶含めて有料ですが、燃えないゴミ、大型ゴミはそれとは別にまた料金がかかります)
その量、なんと2tトラック2台分。
しかも普通のトラックよりも深さが倍あるので、かなりの量のものを一気に運べます。
西側の倉庫にはアイワ時代のものもかなり残っていて、変色したり錆びたりして使いものにならないものはみんな処分。
空っぽになった倉庫は目障りなものがないので気分がいいです。

ケーナインヒルズで使っていたけど、自宅ではもう使わないと思われるものは3回に分けていろいろな人にもらってもらいました。
着払いで送った人たちには、送料分損しないようにワインや焼酎など付けてあげたりして、ほとんどのものが処分できました。

そして今日はお世話になった七つ森のペンションのオーナーさんご夫妻が挨拶に見えられ、わずかに残っていたものをみんなもらってもらいました。
わずかと言っても、少し大きめの段ボール1個分です。
7つのテーブルに山積みされていたさまざまなものはきれいさっぱり無くなり、私の気分もスッキリ、サッパリしてきました。
ゴミは知らないうちにどんどん溜まって行きます。
もったいない、いつか使う、もしかしたら売れるかも、と思いながら取っておいたゴミはそれこそ2tトラック何台分あっただろう?
ちょっとだけ思い出のあったものも思い切って処分。
子どもたちのものもずいぶん処分しました。
で、10月の終わりごろからゴミの日にはいつも70ℓのゴミ袋にぎちぎちに詰めて、毎回5個以上出していました。

どっちみち、もうよっぽどのことがない限り見ることなどないものは取っておいてもゴミ同様。
そんなものは潔く処分します。
最初の頃は迷いながら、時間も掛かっていましたが、今は捨てることに迷いはほとんどなくなってきました。
ただ写真だけは手を付けることができず、千葉に行ってから少しずつ整理していくほかありません。
この写真も10分の1から20分の1くらいの量に減らす予定です。

これで荷物は半分以上減ったかな?
でもまだまだゴミ同様のものはあっちにもこっちにも散らばっているので、これからは段ボール箱に詰めていく過程で減らしていくようにしなければなりません。

茨城にいたころは収納の多い家だったので、何でも取っておいたのがよくありませんでした。
こちらに来るときにかなりの量のものを処分したはずだったのですが、「その時は宝物でも、あとから見てみるとゴミ」というものがまだ大量に残っていたのですねえ。
その大量の「その時は宝物でも、あとから見てみるとゴミ」はそのままケーナインヒルズの1階の大部屋(元は卓球台もあった遊戯室)に天井まで届きそうなほど山積みにされたままでした。
奥まで行くのは至難の業。
だから大部屋ほとんど手つかずのまま、「開かずの間」になってしまっていたのでした。

こんなに大量のゴミを大切にしていたなんて。
今度の家は収納の少ない家なので、取っておくもの、処分するものをきちんと分けて、捨てるものは捨てて行くようにしないといけません。
でもこれがいいのだと思います。
収納の多い家は、昔は便利だと思っていましたが、とんでもない、私にとってはゴミを溜めるだけの家でした。
これからはシンプルに暮らすようにしないと、家の中がすぐにパンクしてしまいます。

さて明日から箱詰めが待っています。
余分なものは捨てて、もっともっとスリムにしなければなりません。
引っ越しというのは、これから必要のないものを処分していくのに、またとない絶好のチャンスなのですから。

PAGE TOPへ