CANINE HILLS BLOG

ゴミ

公開日:2018/11/20

めいさんは今日、退院しました。
12日間の入院生活でした。
毎日横になりながらテレビを観るだけの生活だっためいさんは、「長かったなあ」と言っていたけど、あれこれすることが山ほどあった私は、あっという間の12日間。
めいさんのいない間に千葉県まで行って、次に住むお家の(一部の)カーテン、カーペット、床の色決めをしたり、引越し屋さんに見積もりを取ってもらったり、忙しかったですよ。

片付けは毎日で、よくこんなゴミを溜めていたものだと今更ながら感心しました。
今の生活に特に必要のないものがゾロゾロ出てきましたから。
当然、ゴミの日は大きなゴミ袋や古いダンボール箱、売れそうにない古本がまたまた並びました。
今までだって一部ではあったけど何度か断舎利したよなあ。
あれは一体何だったのだろうというほどの量です。

とにかく(無理な話ですが)十分の一まで量を減らしたいと思っているのに、これでもまだまだ四分の一減っただけかなあ、って感じ。
でもこちらに来てから「開かずの間」のままで奥まで辿りつけなかったホールには通路ができ、奥まで見渡すことができなかった荷物の山は解消されて高さが無くなりました。
これでもまだ荷物は多い。
選別して捨てて行くか、誰かにあげたりしないと。

私たちが死んだあとのことまで考えると、この量の荷物は子どもたちの負担になることは確実です。
私たちにとって必要なものであっても、子どもたちにとってみればただのゴミ。
だから私たちにとって特別必要でないもの、思い入れのないものは処分しなければと思うのです。
人生の終わりを考えるのはさびしいものですが、今だからこそ向き合って行かなければ。
私たちが積み上げて行ったゴミやホコリはここで捨てておかないと。
それにしても残していくものを選り分けるのって、本当に大変!

一番大切で残しておきたいものは私とめいさん。
あとは付属品と考えると選別は少しは捗るかなあ。

千葉県の家のリフォームはめいさん仕様です。
窓枠を二重に、脱衣場になる洗面所やお風呂には暖房を取り付けて心筋梗塞になるのを極力避けるようにします。
そう、めいさんは粗大ゴミではありません。
残りの人生を共に生きて行くよき仲間です。

PAGE TOPへ