CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOGゆったりした時間

ゆったりした時間

公開日:2021/02/09

午後3時は明るく、「これからどこかに出掛けてもいいかな」と思うくらい陽も降り注いでいます。
4時を過ぎると、「お日様もそろそろ沈む準備を始めたな」と思い、
5時を過ぎると、「もう夕方だからカーテン閉めよう」という気になります。
5時20分ごろになると、走っている車は全てヘッドライトを点けています。
6時は真っ暗です。

12月に比べるとずいぶん明るくなりましたが、まだまだ早春。
朝晩は冷えます。(もちろん猪苗代ほどではありませんが)

この頃午後の時間が過ぎて行くのを速く感じるようになりました。
もちろん午前中も時間は速く通り過ぎて行きますが、この頃私が感じるようになった午後から夕方までの時間の速さは、以前感じていたようなゆったりした感じはなくなりました。
まるで誰かがお日様に紐をつけて下から引っ張って無理やり沈め、「ほら、もう夜だよ」と言っているような気がしてなりません。

時間が速く過ぎるのもゆっくり過ぎるのも、心の持ち方と関係があるのかもしれません。
悩みや心配などのストレスがほとんどなく、元気で趣味や楽しみが多く、経済的にも精神的にも余裕があり、社交的で時間の管理ができている人は、きっとその人の周りではゆったり時間が流れていると(私は勝手に)思っています。

旅先でゆったりした気分を味わえるのは、開放感と、精神的に落ち着ける環境があるからでしょうか。
もしかしたら食事作りをしなくてもいいし、掃除をしなくてもいいというのが一番ゆったり感を味わえるのかもしれません。

家の中に閉じ籠っているのも私は好きですが、たまには羽を伸ばしてゆっくり旅行に出掛けたいなあ。

PAGE TOPへ