CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOGめいさん、食事の量が減った!

めいさん、食事の量が減った!

公開日:2019/06/24

めいさんは圧迫骨折をしていて、腰椎がかなりぺちゃんこになっているので、コルセットを巻いています。
きつく巻くと痛みはラクになりますが、あのでっぷり出たおなかが圧迫され、おへその上から胃がぷっくりはみ出すので(胃を抑えているわけではないけれど)、ご飯が思うように食べられないと言います。
それにきつく巻くと(肺を抑えているわけではないけれど)呼吸がしにくくなるようで、散歩の途中でも50~100m歩くと休憩するようになってきました。
やっと休憩なしで300m歩けるようになったというのに。
緩く巻くと痛がるし、なかなか難しいですね。

夜はベッドでは痛くて寝られないので、肘掛け椅子に座ってベッドに足を乗せて寝ています。
また、ダイニングの椅子に座り、その先にやはりダイニングの椅子を2脚並べて足を乗せ、テーブルの上に座布団とクッションを積み重ねて重い頭(でもめいさん曰く、中身は空っぽ?なので、軽いかもしれませんが)を乗せて寝ることもあります。
椅子に座ったままだと、膝から下がパンパンに腫れて、むくみが酷くなったからです。
いずれにせよ、ぐっすり寝られず、昼間によくウトウトしています。

 

IMG_4020

とにかく食事の量が減りました!
食べられないと言います。(いいことだ。痩せるチャンス!)
ご飯も左が私、めいさんはその3分の1です。
好きなお酒も飲まず、ひたすら苦痛に耐えています。
(これで腰の痛みというのがどれほどの痛みなのか、わかるようになっただけでもよかった)

何度も言うように、私は小さいころから体が弱く、体の丈夫な人と結婚したつもりだったのに、ことごとく覆され、今では私の方が登山ができるほどに丈夫になったようです。(来月は箱根、明神ケ岳に行きます)
太った人の介護は重くて大変。

めいさんは文句は少ないし、待てない性格ではないので、うるさく言う人のように精神的な圧迫は少ないかもしれないけれど、それでもやっぱり大変です。
介護保険を使うにしても、使っている人の話を聞くと、国民年金では思うように使えないと言います。
そうだろうなあ。

将来のことを考えるとお先真っ暗だけど、私は都合のいいことに今を生きることしかできなくて、先々のことを考える余裕もないので、このずぼらな性格も、考えようによってはいいことなのかもしれないと思うのでした。

PAGE TOPへ