CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOGさようなら2018年

さようなら2018年

公開日:2018/12/31

こちらは毎日とてもよいお天気が続きます。
「猪苗代は雪かなあ。除雪が大変だね。ここはいいね、毎日お天気で。猪苗代ほど寒くないし、ここに移って来て正解だったね。」

確かに寒さの質が違います。
寒いことは寒いけど、痛くなるほどではなく、また骨まで凍みるほどでもありません。
お風呂、洗面所兼脱衣所、1階のトイレには暖房をつけたのですが、トイレの暖房は使ったことがありません。
お風呂の暖房は性能がいいのか、かなり暑くなるので、途中で止めるほどです。

ついこの前まで住んでいたというのに、もう心は猪苗代にはありません。
ここが私たちの終焉の地。
早く馴染んで、この地をあれほど好きだった猪苗代以上に、もっともっと好きにならなくては。

気候がいいと心も軽くなります。
めいさんと毎日のように近所の公園に散歩に行きます。
徒歩圏内に大きな公園や小さな公園があるので、猪苗代では冬、散歩に行けなかっためいさんにとっていい運動になります。
(でも息切れがして、100m歩くごとに休まなければなりません)
公園にはほとんど誰もいなくて、お茶やお菓子や食べる物を持って行くこともあります。
町営牧場のように素晴らしい景色はありませんが、そこそこ楽しめます。

 

IMG_3645

今日は家の裏から見える小さい公園に散歩に行きました。
フーマはだいたい道を覚えています。

 

IMG_3662

到着すると東屋で一休み。

 

IMG_3654

ここからわが家が見えます。
向う側にある小さめの家がわが家です。(どれでしょう?)

去年の今頃はめいさんが緊急入院したので、私は一人で頑張っていました。
掃除、食事の用意、チェックイン、館内案内、雪のため上って来られないお客様の牽引・・・
今となってはいい思い出・・・と言いたいのですが、辛かったです。
病人がいると一時たりとも安心できませんから。

今はの~んびり、毎日が日曜日。
(でも引越しの荷物の片付けがありますが)
今の私にはこの「の~んびり」が一番。
あー、幸せだなあ。

今年もいろいろなことがありました。
楽しい思い出を残してくれたケーナインヒルズにさようならをするのは辛いことでしたが、今はまた別の楽しみがあります。
大きなものを手放すと、別のもっと大きな、もっとすばらしいものがやって来ると言います。
それは一体どんなものかな?
楽しみに待っていることにしましょう。

そして皆様には本当にお世話になりました。
ケーナインヒルズをこよなく愛してくれたお客様、何かと力になってくれた同業者や近所の人たち、陰で支えてくれていたと友人たち・・・
私たちの周りには、すばらしい人たちばかりがいました。

引っ越すことがわかって、10月終わりに下のペンションさんが開いてくれたお別れ会には、ご近所や別荘の人たちも集まって、とても楽しい思い出になりました。
こんな人たちと一緒にいられた猪苗代は、やっぱり素晴らしかったとしか言いようがありません。

さようなら猪苗代。
さようなら2018年。

いい思い出をありがとう。

PAGE TOPへ