CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOGあのジャンヌが来た!

あのジャンヌが来た!

公開日:2014/10/21

今年の2月中旬から3月中旬に仙台の盲導犬訓練センターで一緒に共同訓練をした、あのジャンヌ、別名「和田アキ子」がついにこのケーナインヒルズにやって来ました。
ジャンヌにひと目会いたいと思っていた私は、この日を待ち望んでいました。

ジャンヌはフーマが最も苦手とする盲導犬です。
ジャンヌは肉食系女子の最たるもの、フーマは草食系男子の最たるものです。
ジャンヌがいるとフリーランの時もフーマは中に入って遊ぶこともできず、ひとりでただ見ているだけでした。

共同訓練の時には車で外に出て繁華街を歩く訓練もしますが、ジャンヌが先に車に乗っていると、フーマは嫌がって乗ろうとはしませんでした。
逆にフーマが先に乗っていてもジャンヌはかまわず飛び乗って来ます。
そしてフーマを踏みつけて、(ジャンヌのユーザーではない)めいさんの膝に顎を乗せて来るのでした。

ハーネスを付けていると盲導犬らしくきちんとお仕事をしていますが、ハーネスを外した途端に手に負えなくなるじゃじゃ馬で、ケーナインヒルズに来た時も、玄関のサンダルをくわえて、振り回していましたよ。

以前のユーザーさんは女性で、とても手に負えないと言ってジャンヌを手放し、出戻り犬となったジャンヌは新しいユーザーのMさんのもとで今、津軽でお仕事をしています。
その津軽からの遠い道のりをはるばるやって来たのでした。
散歩から帰ってきて外に繋がれたままのフーマは、館内の様子をじっと窺っていました。
ジャンヌが気になる様子で、目を離そうともしませんでした。
私はフーマがどんな顔をしてジャンヌと顔を合わせるのか、とても興味がありました。
「嫌なヤツが来たな。」
フーマはきっとそう思ったでしょうね。

ところがところが。

IMG_1027 - コピー

ジャンヌは「ここはフーマの家」と心得ているようで、フーマに噛み付いたりはせず、それどころか珍しいことにおなかを見せたのでびっくりしてしまいました。(その写真がないのが残念ですが)

IMG_1026 - コピー

これがあの「和田アキ子」と呼ばれているジャンヌ?

新しいユーザーのMさんは若い男性で、ジャンヌの扱い方がとても上手です。
サーカスの猛獣使いのようにジャンヌを使いこなしています。
そのお陰もあるのでしょうね、ジャンヌがお腹を見せたのは。

フーマはえらくご機嫌で、ジャンヌの前でも堂々としていました。(ように私には見えましたよ)

IMG_0992 - コピー

本当はハーネスを付けているので挨拶はしてはいけないのだけど・・・

IMG_1019 - コピー

これこれ、フーマ。
飛びつくなんてもってのほか。(でも大目に見てあげる!)

よかった~。
思っていたより遥かに仲良くしてくれて。
ジャンヌはじゃじゃ馬で名の知れた盲導犬ですが、写真のような一面を持っていたとは。
仙台の盲導犬協会の人たちがこのジャンヌを見たら、私たち同様、きっとびっくりすることでしょうね。

 

 

 

PAGE TOPへ