CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

みかん山の土砂崩れ

公開日:2019/11/08

大山登山が終わってからというもの、当分登山はしないので、1日6000歩という目標もなくなりました。
めいさんと散歩に行っても、登山前だと足腰の鍛錬のためにめいさんとフーマを置いて、目の前のみかん山に上っていましたが、今ではベンチに腰を下ろして話をするだけになってしまいました。

 

IMG_4472

しばらくぶりに半周だけでもしてみようかと、ぶらぶら歩いていると山頂(と言っても、ものすごく低い!)辺りに「危険 立ち入り禁止」の標識がありました。

 

IMG_4478

何だろうと思って見てみると、なんと、あの先月の大雨で山の斜面が崩れて、土砂が下の方に流れてしまっているではありませんか。

 

IMG_4491

いつも折り返し地点にしていた地点も「危険 立ち入り禁止」になっています。
下に入りる階段は、なだれ落ちた土砂と木で、途中から塞がれてしまっていました。

あの雨は尋常ではありませんでした。
身近なこの公園の、このみかん山まで災害に遭っていたとは。
植わっていた大きな木も、みんな山肌と共に崩れ去ってしまいました。
本当にびっくり。

また通れるようになるまでにはかなりの日数というか、年数が掛かるような気がします。
せっかく近くに鍛錬に最適な小高い山があって重宝していたというのに。
平坦な道はあまり鍛錬にならないので、この小さくて急な坂道のある山はちょうど私の体力にも合っていて助かっていたというのに。
来年からは一体どんな鍛錬をしたらいいのか悩むことになりそうです。
あーあ。

大雨のあと

公開日:2019/10/27

テレビでは冠水状況を頻繁に放映しています。
それを見るたびに心が痛みます。
この度の大雨は多くの傷跡を残したようです。
私たちは雨の被害のほとんどない地域に住んでいるので安心していられましたが、被害に遭った人たちは大変な思いをされています。

知人の家も床上浸水したとのこと。
災害の後始末はとても大変。
乾くまでに時間はかかるし、捨てるものも多く、消毒もしなければならないし、なかなか思うようにスムーズに捗らないと思います。

昨日、自宅の南側にある調整池にはどれだけ水が溜まったのだろうかと見てみると、驚いたことに、ほとんど水はありませんでした。
それもよく見ないとわからないほどでした。
頭上でテレビ局の取材なのでしょうか、ヘリコプターの音がしていました。
ヘリコプターは1日中飛んでいたようです。
遊歩道には雨で流されて散らばっている草の塊があり、それを集めながら、私たちは本当にいいところに住んでいるのだとしみじみ思いました。

昨日も今日も公園に散歩に行きましたが、いつもと変わらない風景でした。
ここから数㎞離れたところが冠水しているなんて思えないほど、普段と同じでした。
被災された人たちが一日も早く平穏な生活に戻れるよう祈るばかりです。

「警戒レベル5」

公開日:2019/10/25

今日午後2時30分ごろ、スマホに緊急速報が入ってきました。
川が氾濫したとのこと。
「警戒レベル5 災害発生 命を守る最善の行動をとってください。大至急、近くの安全な場所か、屋内の高いところへ避難してください。」

「警戒レベル4」は先日の台風15号、19号、それと今日午前中に出されていましたが、「警戒レベル5」は初めてでした。
駅に続く国道は一部冠水したようで、知人から「もし通る時には注意するように」とメールが入っていました。
テレビを観て心配した人たちからメールや電話がありました。
気に掛けてくれる人がいるというのは有難いことです。

わが家は少し高台にあり、目の前は調整池で、水の被害はないので、その点は安心していられます。(台風の時は南側に何も障害物がないので、かなり風当たりはひどかったですが)
今日は何台も消防車らしき車が「なんきんはぜ通り」を走って行く音が聞こえました。

こんな日はどこへも行かず、家に閉じこもってじっとしているのが一番。
一日中雨戸を閉めたまま、めいさんに付き合ってテレビを観たり、フーマと遊んだり、ゲームをしたり、お茶を飲んだり・・・
狭い空間の中で、何事もなく過ぎて行く時間に感謝しながら、それなりに幸せな時間を過ごしました。

フーマのお仕事

公開日:2019/10/21

IMG_4360

昨日は松戸駅の西デッキで「盲導犬を普及させる会」のチャリティコンサートがありました。
めいさんも会員なので行ってきました。(今回は私も同行)

 

IMG_4392

この活動は25年も続いているそうで、今日は千葉県の盲導犬9頭と介助犬1頭が来ていました。

 

IMG_4436

千葉県の介助犬はこの1頭だけだそうです。

IMG_4408

サンバ、コーラスグループ、ジャズバンド、「坂本タクヤ&松戸市立第六中学校管弦楽部」の演奏ありで、楽しく過ごしました。

IMG_4385

フーマも募金活動に協力しましたよ。
これはめいさんが椅子に腰かけた時の写真ですが、募金活動の時には3人くらい募金箱を持ったボランティアさんとともに声を掛け合っていました。
フーマはハーネスを外してフリーの状態で頭を撫でてもらっていました。
シッポをぶんぶん振るので「かわいい」の声があちこちから聞こえていました。

 

今日フーマは小学校へ学校訪問をしてきました。
日本盲導犬協会の学校訪問ではなく、市の社会福祉協議会主催の学校訪問でした。
今までは盲導犬がいなかったので、それまでは盲導犬のビデオが流されていたようです。
これからはフーマが生きた教材になります。
盲導犬はどんな仕事をするのか、盲導犬を見かけた時の注意など、子どもたちの心の中に刻み込まれていくことと思います。
この子どもたちが盲導犬を拒否しない世の中を作ってくれることを望んでいます。

風邪

公開日:2019/10/15

「郷土の歴史で、房総地方だけに見られる行事や儀礼、日本仏教が葬式仏教化した江戸期の仏教の一側面を知るセミナーがあって、それを聴きに行きたいけどなあ。風邪が治らないからなあ。」
めいさんはがっかりしたように言います。
もう3週間も風邪を引いていて、まだ咳が出るので諦めているようです。

先週は「盲導犬のためのチャリティコンサート 矢馨子&スイス八重奏団東京公演」があって、チケットまで送ってもらっていたのに行けませんでした。
先月下旬には行きたがっていた国際福祉機器展にも行けなくて、来年こそは必ず行くと言っていました。
めいさんはとても残念がっていました。

風邪を引いたといっても、熱はそれほど出ていなくて、食欲は相変わらずあり、ただ体がだるいのと、咳が止まらない症状が続いているだけですが。
病院に行くたびに薬の内容が変わります。
面倒くさがり屋の私は、薬の管理をするだけでも面倒。
整形外科と内科の薬だけは私が管理していますが、結構面倒。

循環器科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科の薬はめいさんが自分で管理してきちんと飲んでいます。(こっちの方がかなり面倒だけど)
飲む薬の量はとても多くて、こんなに飲んで大丈夫なのかと心配になるほどです。
でも耳鼻咽喉科の薬など、一度お医者さんからやめてみましょう、と言われてやめたたとたんに気分が悪くなり、めまいがしたりするので、また飲むことになりました。

「薬だけでおなか一杯になりそう」
山のような薬の袋を見ながらいつも思います。

こういう私も米子から千葉に帰る日に、朝から何か変だと思っていたら、案の定風邪を引いてしまっていました。
今日は声もよくなり、鼻水も痰もほとんど出なくなりました。
昨日と今日では大違いで、急によくなっています。

でもめいさんはまだ風邪声でまだ当分治りそうにありません。
来週の金曜日には楽しみにしている横浜の中華街に行くと言ってはいますが。

1 / 11112345...102030...最後 »

PAGE TOPへ