CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

1日1個のリンゴ

公開日:2019/12/05

めいさんは健康に気を遣うようになり、10時のお茶の前に毎日1個のリンゴを食べます。

 

IMG_3570

リンゴは皮つきのまま、スターカット、すなわち輪切りにします。
真ん中のタネがちょうど星のように見えますね。
めいさんは縦に切るより横に切った方が食べやすく、芯まで違和感なく食べられると言います。

 

IMG_3576

4つに切るとさらに食べやすくなります。

 

IMG_3577

タネが気になるのなら、角をちょんちょんと切り落とすと、なおさら食べやすくなります。

1日1個のリンゴを食べると医者いらずだと昔から言われていますが、この歳になってやっと実行しているのですよ。
お酒の量も自分なりにかなり減らし、食事は野菜たっぷりを心掛け、肉も適量食べるようになりました。
(ただし焼肉食べ放題に行くと、以前に比べると遥かに少ない量にはなりましたが、それなりに食べます)

めいさんの友達にこのことを話すと、昔底なしに飲んだり食べたりしている過去を知っているその友達は、「今頃になってからでは遅い!もっと早く気がつかなかったのかねえ」と呆れていました。

コンサート

公開日:2019/11/30

日本盲導犬協会から、トリトン・アーツ・ネットワークより招待されたコンサート枠があるので希望者は申し込んでくださいとのメールが数か月前にあり、招待状が届いたので、会場である晴海トリトンスクエアにある第一生命ホールに行ってきました。
先月のコンサートは、二人とも風邪を引いていて行けなかったので、今日はとても楽しみにしていました。

「トリトン晴れた海のオーケストラ第7回演奏会」で、今回はベートーベン交響曲第6番ヘ長調Op.68田園、第8番ヘ長調Op.93が演奏されました。
指揮者なしの珍しいコンサートでしたが、毎回とても人気だそうで、会場は満員でした。
演奏そのものも音響効果も素晴らしく、ただうっとりと聴き惚れていました。
この会場はどの席でも同じ音質、音量で聞くことができるようになっているそうで、私たちは前から6番目の席でしたが、音が大きすぎず適音で、柔らかく、優しい響きがして、耳にとても心地よかったです。
音楽大好きなフーマも微動だにせず、じっと聴いていました。

 

IMG_4634

ロビーで待っているめいさんとフーマです。
私はカーペットの色と模様に反応しました。

 

IMG_4635

トリトンは海の神なので、カーペットも海の波がキラキラ光っているようなイメージにしたのかな?
本当に素敵です。
このカーペットを見ているだけで気が休まり、満たされた気分になりました。
模様ひとつで気分が満たされるなんて・・・不思議でした。

ゆで卵

公開日:2019/11/29

IMG_3555

「おでん」を作ろうと卵を茹でました。
左側にあるのはエッグタイマーで、卵と一緒に鍋に入れて使います。
茹で加減がひと目でわかるスグレモノです。
右側のヒヨコの形をした穴あけ器は、生卵にぷちっと突き刺してから茹でると、殻が失敗なくつるんときれいにむける、これもまたスグレモノです。
どちらもセリアの100均で買ったものです。

今日のゆで卵は完全に失敗してしまいました。
水の中に卵を入れて、沸騰間際になって卵に穴を空けていなかったことに気づき、慌てて取り出して穴をあけたのですが、遅かった。
茹で上がってから殻をむこうとしても、うまくむけない。
つるんと気持ちよくむければスカッとするのですが、薄皮が卵の白身に張り付いてしまって、ちびちびむくしかない卵の表面はデコボコになるし、時間はかかるし、イライラするばかり。

 

IMG_3561

なかなかむけない卵を見ながら、これこそ筋膜リリース注射をして白身と薄皮を剥がしてしまえばいいのに、と思いましたよ。

ただ出来上がった「おでん」はとてもおいしかった。
スジ肉や練り物、昆布や野菜などからおいしいダシが出て、デコボコ卵の中にまで味が染みて、煮るのに結構時間が掛かるけど、それなりにとてもいいお味でした!

筋膜リリース注射

公開日:2019/11/28

私は肩凝りが半端ないです。
猪苗代にいた時にはめいさんに肩を揉んでもらっていました。
ただ普通に揉んでもらっても効かないので、肘で揉んでもらっていましたが、ヤワなめいさんは、しばらくすると肘の皮が破れて血がにじんできていました。
それにすぐに「疲れた」と言うので、千葉に来てからはほとんど揉んでもらっていません。

で、ある日、テレビで「筋膜リリース注射」が肩凝りによく効くというので、千葉県内でしてもらえるところを探してみましたが、ほとんどありませんでした。
千葉市内に1軒あったので電話をしたところ、今は予約を受け付けていないとのこと。

それなら仕方がない、一番行きやすく、してもらえる病院の数も多い東京で、と調べてみると、ある駅から歩いて5分の、とてもアクセスしやすいところが見つかり、今はそこでお世話になっています。

私は注射が怖くて大嫌いで、他人が接種しているところも見ることができないほどです。
怖くて汗をかきながら、びくびくしながら、注射をしてもらっています。
私の場合、すぐに痛みが取れる訳ではなく、ほんの少し痛みが和らぐ感じです。
注射をする前の痛みが取後では10とすれば、注射をした後は8.5くらいで、劇的に痛みが取れるわけではありません。

筋膜が剥がれる時に少し痛みがありますが、どちらかと言えば気持ちのいい痛みです。
先生はエコーを見ながら局所麻酔薬入りの生理食塩を入れていきます。
最初、「痛いだろうなあ」と思うと、そのエコーの画像を見るのも怖かったのですが、先生が「見ないのですか?」というので恐る恐る見ていました。
今は見慣れてしまって全く見ることはありません。

何か所も打ってもらいたいのですが、どういう訳かここの先生は3か所しか打ってくれません。
1~2週間おきに通っています。
保険適用で思ったほど高くはないのですが、何せ時間と交通費がかかるのでしょっちゅう通う訳には行きません。
近くに筋膜リリース注射を打ってくれる病院があれば、もっと頻繁に通うのに。

私だけの時の流れ

公開日:2019/11/24

仕事をしていた時はチクリチクリと突き刺すように感じたこともあった時の流れが、こっちに来てからは優しくマイルドに過ぎて行くように感じます。
ゆったりと流れているはずの時の流れが、仕事で時間を追われていたから、心に突き刺すように感じたのかもしれません。
仕事を離れて自由になると、時間が本来持っている、何とも言いようのない、柔らかな時の流れを感じるようになるみたいです。
とても優雅な、私だけの時間、私だけの時の流れです。

1 / 11212345...102030...最後 »

PAGE TOPへ