CANINE HILLS BLOG

トップページCANINE HILLS BLOG

めいさんの入院と日本盲導犬協会

公開日:2018/11/14

本来なら今日あたりに千葉県に引っ越しする予定だったのですが、遅々として進まない片付けに加え、めいさんが先週金曜日に入院してしまい、延期になってよかったのか悪かったのか・・・
まあ、私としてはゆっくり片付けができるのでよし、めいさんにしてみれば来月の引っ越しの時に手術にならなくてよし、としなければなりません。

先週の木曜日に病院に行った時にはフーマがいたので、即入院ではなくて、翌日フーマを仙台の盲導犬センターに預けてからその足で入院することになりました。
仙台の盲導犬センターにはいつもお世話になりっ放しですが、いつも嫌な顔もせず引き受けてくれるので本当に助かります。

こんな時にいつもフーマは日本盲導犬協会の盲導犬でよかったとつくづく思います。
日本盲導犬協会の盲導犬は貸し出しなので10歳くらいになると協会にお返ししなければなりません。
そして希望すれば、また新しい盲導犬と共同訓練をしてから貸与になります。
それまでお世話になった盲導犬はキャリアチェンジ犬としてボランティアさんに引き取られたり、富士ハーネスに移ったりして最後まできちんと面倒を見てもらえます。

中には盲導犬を買い取らなければならないところもあり、目が見えなくても最後まで面倒を見なければならないところもあります。
私たちには到底無理なことです。

何も知らなくて、たまたま日本盲導犬協会にご縁があったわけですが、これが本当によかった。
協会にとっては面倒なことかもしれませんが、めいさんのような病気がちのユーザーにとってみればとても有難い制度です。
また千葉県に行っても、仙台の訓練士さんと、横浜の訓練士さんがフォローアップに来てくれるというし、私も安心していられます。

めいさんは毎日点滴でニトロを24時間入れてもらっているので、調子はいいです。
今週末にカテーテル手術をするそうです。

立冬

公開日:2018/11/07

今日は立冬。
「冬の気配を感じる日」なんだそうです。
でも冬というより、きれいに色づいた葉がはらはらと舞って、秋がそろそろ終わり始める頃といった感じの方が強いです。

 

IMG_2787 - コピー

11月7日。
立冬の日の駐車場の前の景色です。
ああ、いいなあ、この感じ。
こんなに美しい色合いをちゃんと覚えておかなくっちゃ。
この頃は、ここを離れることが頭の中に常にあるので、ちょっとしたことでも敏感に感じます。
本当はどこにいても、こうして季節に敏感になっていなければならないのですけどね。

 

otiba

落葉のかさこそ道も、いい感じ。
秋色に染まった沢沿いの道は最高です。

 

IMG_2799

暖かいと思ったら、前庭にヤマツツジが咲いていました。
桜が咲いたところもあったようで、小春日和に誘われて目を覚ましたのでしょうね。
この時期に咲くととても目立ちます。
毎日毎日、片付け、片付けです。
こんなに片付けているのに、その端々で散らかすらしくて、片付けた感じがあまりないので困ります。
どうも私は家事には向いていないようです。

開かずの間はカメムシの墓場で、ゾッとするくらい堆積しています。
何かを退かすと現れてくるカメムシの塊。
ゾ、ゾ、ゾッ。
命が縮む。

カメムシ専用掃除機

公開日:2018/11/03

IMG_2772

これはカメムシ専用の掃除機でした。
ところがスイッチを入れると大きな音が出るようになり、ほとんど吸い込まなくなって、昨日、とうとう壊れてしまいました。

とても重宝していた掃除機でした。
もう20年以上使用しています。
これが今までで一番長持ちした掃除機でした。
早いものなら3~5年で調子が悪くなるものもある中で、これは抜群の長寿掃除機でした。

HITACHI製だったので、もう1台掃除機を買う時も同じHITACHIにしたのですが、これは失敗。
そして何年かしてPanasonicに買い替えたのですが、これも失敗。
どうも掃除機には縁がないみたいです。

この掃除機は性能もよく、紙パックの中にはうじゃうじゃびっちり、カメムシが隙間もないほどきれいに吸い込まれていました。
佃煮にしたらいいほど、たくさんのカメムシを吸い込んでいたのですよ。

でもこれでお役目御免。
何だか私たちみたい。
私たちも仕事を離れて、お役目御免ですからね。

ネコたちとの別れ

公開日:2018/10/26

ケーナインヒルズを閉館にし、千葉県に引っ越すことを決めてから、一番気がかりだったことが今日、やっと解決しました。
3匹のネコのことです。

何年も前、3匹飼っていたネコが次々に亡くなり、リピーターさんに「ネコ、いりませんか?」と言われて、すぐさま「はい」と返事をしためいさん。
最初に来たのはぴっぴでした。

そのあと、「ネコちゃんいなくなってさびしいでしょう?あと2匹どうですか?」と言われて、私があれほど反対したのにもかかわらず、「はい」と返事をしためいさん。
次にやってきたのがクロベエとマリーでした。

私がネコはもう飼わないと言っていたのに、「これも何かのご縁ですから。私が責任を持って飼います。」と、引き受けてしまっためいさん。
責任を持って飼うと言っても、目が見えないめいさんは食事の世話をするだけ。
私が排泄物の処理や掃除をしなければならず、「アンタ、責任を持って飼うといったでしょ?」とケンカにもなっていました。

3匹のネコとの生活は、それはそれで楽しかったです。
でも千葉に連れて行くことはできません。
ネコはめいさんよりきっと長く生きる。
そうすれば私ひとりで面倒を見ることになるけど、もし私がネコより先に死んだら、ネコは生きて行くことができません。
逆に私がめいさんより早く死んだら、めいさんは自分のことすらできないのに、ネコの世話など到底無理な話。

ネコを飼ってくれそうな人に「ネコ、いりませんか?ネコ、飼いませんか?」と言っても、ネコを飼いたいという人は誰ひとりいませんでした。
仕方なく、ネコをくれたリピーターさんに手紙を書いて事情をはなし、OKをもらった訳です。

このリピーターさんは奥様がネコの保護をされていて、ネコの世話をするパートさんもいます。
「ネコちゃんたちが死ぬまで、責任を持って面倒を見ます」と言ってくださいました。
ネコは3匹とも静岡県のリピーターさんのところへ引き取られていきました。

今、ガランとしたケージは静まり返り、賑やかな鳴き声は聞かれなくなりましたが、私はとても安堵しました。
始めから飼わなければよかった。
そうすれば別れは訪れなかったのに。

でもこれでいい、これがネコたちにとっても一番しあわせだと今は思っています。

西葉山日和

公開日:2018/10/21

秋日和の今日は、何もかもが眩しく、周りの景色もはっきりと見えます。
なんだかんだと気ばかり忙しく、することがたくさんあり過ぎて、あっという間に1日が過ぎ去ってしまうこの頃ですが、今日はゆっくりと沢沿いの道を歩くことにしました。

 

IMG_2697

ケーナインヒルズの周りの景色も秋色に染まってきました。
看板のところの桜の葉は実際は写真で見るよりもっと赤いです.

 

IMG_2712

モミジの葉は朱色になり、これからはもっと全体が赤く色づいてきます。
「私を見て、見て。きれいでしょ?真っ赤な口紅を付けたみたいでしょ?」と言っているみたい。

 

IMG_2717 - コピー

沢沿いの秋の小道は、黄金色の落葉が積もりり始めました。
11月になれば落葉も茶色になり、乾燥してカサカサと音を立てるようになります。
落葉の絨毯を踏むとカサコソと音がするので、私は落葉で埋め尽くされたこの道を「かさこそ道」と呼んでいます。
落葉でふわふわの「かさこそ道」を歩くのはとても気持ちがいいですよ。

 

IMG_2718

道端のなんでもない葉っぱでも、もうこれからは見ることができないと思えばとても愛おしくなってきます。
千葉に行っても、こんななんでもない葉っぱはいくらでもあるだろうけど、西葉山のここにある葉っぱはここだけのもの。

 

IMG_2716 - コピー

前方に見える磐梯山はいつも変わらず、で~んと構えています。
猪苗代に来たばかりの頃は、「変な形の山」としか映らなかった磐梯山も、見慣れてからは「変な形の山」とは思わなくなりました。
で~んと構えている磐梯山を見ると、妙に安心感が広がってきます。
そう、磐梯山はいつも元気。
私は磐梯山からいつもたくさんの元気をもらっています。

深呼吸をすると透明な空気が体の中に入っていきます。
西葉山はいいなあ。
この感触、千葉に持って行きたいです。

こんなによく晴れて爽やかな日は、何もかも眩しく光り、周りの景色もはっきりと美しく輝いて見えます。
西葉山日和と呼んでもいいかな?

1 / 9512345...102030...最後 »

PAGE TOPへ